1:
2015年12月30日(水) 放送、日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース今年もあと27時間!2015年仰天事件総まとめ大忘年会SP
21時00分~23時30分


2003年7月に起きたアメリカの家族惨殺事件の父親の完全犯罪を紹介。


2003年7月、アメリカ・カリフォルニア州でヴィンセント一家5人が惨殺される事件が起きた。


この家に住む、ヴィンセントの妻、子供たちは殺害される凄惨な事件。別居中の父親ヴィンセント・ブラザーズに、警察は事件を伝えるために3500kmはなれたカリフォルニア州ベーカーズフィールに向かう。事件を聞いたヴィンセントは悲しみ涙を流したが、警察に事件当時何をしていたのか?という質問には「弁護士に相談しないと話せない」と冷静な態度に、警察は疑惑の目を向ける。捜査すると別居した理由がヴィンセントの浮気が原因と知り警察は、ヴィンセントを任意で取り調べることに。
しかし、ヴィンセント・ブラザーズには完璧なアリバイがあった。
事件発生時刻、ヴィンセント・ブラザーズは弟が住む3500km場所でクレジットカードを使用しているという証拠があった。この証拠により、ヴィンセント・ブラザーズはすぐに釈放。しかし、警察は何らかのアリバイを崩す手がかりはないかと、警察と完全犯罪を目論む犯人との対決が始まる。

警察がヴィンセントに関する捜査を開始すると事件当日にレンタカーを借りていたと判明する。借りたレンタカーは、8000km以上も使用された形跡が見つかる。
avi_001698319

しかし、これだけではヴィンセント・ブラザーズを犯人に決めつけるには証拠が十分ではなかった。車を鑑定に回し数日後に、車のラジエーターに昆虫の死骸が付着しているのを発見する。
これが何かの手がかりになると判断し、生物学者リン・フィールドに協力を依頼、最新技術での科学捜査を始める。すると数種類の中の一部からバッタが採取され、そのバッタがカリフォルニア周辺にしかいないと判明する。 
avi_001700765

これにより、ヴィンセントを緊急逮捕。
証拠を突きつけられ
ヴィンセント・ブラザーズは自供。使用したクレジットカードは自分のカードを弟に使わせたアリバイ偽装工作だったことがわかる。そして犯行動機は「新しい妻と結婚するのに、前妻や子供たちの養育費を払いたくなかった」と自分勝手な言い分だった。

小学校で副教頭をしてた
ヴィンセント・ブラザーズの狂気犯行に大きくニュースで取り上げられ、完全犯罪を目論んだ犯人逮捕と、警察の執念の捜査が実を結んだ結果となった。



その後、ヴィンセントは2007年9月27日に裁判で死刑が宣告される。


 
1:

4:
アホや

31:
こわすぎ!

41:
へー

48:
事件を解くというよりなぞなぞを解く感覚

56:
犯人は……ぼくだ

3:
ひどい

4:
コナンいなくても警察で解決できる

13:
どこらへんがアリバイなんですかねぇ…

15:
そんなの気付かないか?

41:
こんなガバガバ事件解決したくらいで大げさな

49:
アリバイとして成立せんやろそれは

4:
アリバイがあるばい!

6:
証拠まであるのにアリバイがありますか。そうですか

10:
アリバイがあるんじゃ仕方ないね

11:
ざまぁwwwwwwwwwwwwwww

2:
通販しますた

5:
古畑思い出した

8:
ここに引きずったような跡が血痕と一緒にっ!!

9:
>>7
コナン「何かを掘って埋めた後がある!」

24:
計画性のある方が罪重いから仕方ないね

1: