1:
2016年1月25日(月)放送、TBS系列月曜ゴールデン特別企画・映画「振り子」
21時00分~22時54分

お笑い芸人の鉄拳が書いたパラパラ漫画「振り子」を実写映画にした作品。
原作者の鉄拳は、白塗りして額に「鉄拳」と書いた見た目とは違い、かなり評価の高い感動ストーリーの映画になっている。

テーマは夫婦愛。
「あなたにとって大切なものとはなにか」と問いかけられてるように、大事に思っていた人と結婚、その後の人生で喜怒哀楽が訪れる。人生の理不尽な出来事で突然仕事を奪われて、荒れる生活を送ってしまい、支えてくれた大事な人まで失いそうになってしまう。

「どうして大切にできなかったんだろう」
時間の振り子は戻すことは出来ない。戻らない時間だからこそ、今を大切にして生きようとする。
主演に中村獅童、相手役の小西真奈美が演じ、波乱万丈の夫婦の人生の物語になっている。
放送される前に、あらすじと結末を先行して紹介する。


・映画あらすじ

1976年(昭和51年)
高校で不良の大介(中村獅童)はいつものように夜にバイクを走らせていると、高校の同級生・サキ(小西真奈美)が、別の学校の不良に絡まれている場面に遭遇する。
大介はあっという間に、不良たちを蹴散らし、サキがお礼を言うも素っ気ない態度。

次の日からサキは、大介の登校時間にいつも後を追い、話すきっかけを作ろうとする。なかなか、会話すらまともにしてくれない大介だが、サキの想いを徐々に受け入れるようになり、交際するようになる。
高校卒業後、二人は同棲生活をはじめ二人の振り子が動き出す。
大介は工場で働き、サキもパートをしながら、貧しいながらも幸せな日々を送る。結婚式を上げてウエディングドレスを着せたいと考えていた大介だったが、今の貧しい生活ではそんな余裕などないことに、情けない気持ちから一生懸命に働く。
その後、 小さなガレージを借り、大介の夢の一つ自分のバイクの修理工場を持つことが叶う。サキは子供を授かり、幸せいっぱいだった。

時が過ぎ、娘も大きくなり、結婚を約束する男性が現れる。
大介の工場はというと、借金に追われる日々続く。収入がない日々が続き、貯金も乏しくなってきており、家賃も払えなくなっていた。
上手くいかない経営に大介は、サキにまでそのイライラをぶつけ当たってしまう。そして、工場の家賃が払えなくなり、閉店に追い込まれる。高齢になっていた大介は、就職活動もうまくいかず、酒におぼれ荒れる生活を送るようになっていた。

サキは家計のため、必死になって働いていた。
そんな時、サキは育児と心労から突然倒れ、病院に運ばれてしまう。医者から告げられた病気は脳梗塞。医者から意識は戻らないと宣告をされる。サキが倒れたことで大介は「本当にたいせつにしていたものはなにか」に気づかされる。そして、サキのために結婚式をあげmウエディングを着させてあげたいと考える。お金を稼ぐために過酷な夜勤の肉体労働や1日中働き、大介の首には、サキが倒れる前に編んでくれていたマフラーを巻いて必死になっていた。



そして、ウエディングドレスを購入。サキに届けてあげたいと大介はウエディングドレスを手に、病院に向かう。途中で猛スピードで走ってきた車に娘の結婚相手が引かれそうになる。咄嗟にかばい、大介が車にひかれ倒れてしまう。

大介の回想で、時計の振り子がサキの未来を進めようとしているのを、必死になって止めようとする。しかし、止まることがない振り子を大介の隣に現れたサキが優しく首を振る。
涙する大介。二人は走馬灯のように過去にさかのぼり、若かりし頃の二人が結婚式が行われる。ウエディングドレスをきてうれしそうなサキを嬉しそうに見つめる大介。

エンドロールに鉄拳の原作パラパラ漫画「振り子」 が流れ、物語が終わる。

・ネタバレ

大介はヴェールを買って帰る途中で亡くなってしまっている。
重症になりながら急に走るのをやめて倒れ込み、道の上で上を向く。

そして回想シーン

振り子を止めるシーンは振り子がゆれる事にサキが老いていくので、振り子を止める=時を止めようとしている。もう一度やり直したい気持ちで振り子を止めようとするが、サキに止められて、二人はあの世で昔のように一緒に暮らせているという解釈。

「振り子」を夫婦にたとえ、時間の経過と共に夫婦や家族の過ごしてきた様子がテンポよく描かれている感動する作品となっている。
1:

4:
おまいらには目の毒だろうな

5:
パラパラマンガを越えられない

19:
SKE48の松井珠理奈

20:
振り子を止めようとするとこどうすんだろ。

60:
>>20
そこで泣いた・・・

22:
パラパラ漫画だから話題になっただけで、
ストーリー自体はありきたりだったな

34:
セリフがないからいいのに
シドウとかw

49:
キャスティングが素晴らしいな
あのパラパラが見事に再現されるのを心待ちにしよう そう思いますた

56:
パラパラ漫画で一時間半作れよ

57:
>>56
ゆっくりパラパラすればいいだろ

61:
地上波初放送ってことは劇場公開してたってことか
全然知らなかったんだが

68:
アレだから良かったのに

話としてはベタなお涙頂戴だし広げても良くなる要素ないよ

76:
映画化されてた事知らなかったわ
これは楽しみ

1: