1:
2016年2月5日(金)放送、日本テレビ系・金曜ロードSHOW!「Mr.&Mrs.スミス」
21時00分~22時54分



2005年の作品でハリウッド俳優ブラットピットとアンジェリーナ・ジョリーが交際しのちに結婚することになった夫婦となった作品が今夜金曜ロードショーで放送される。映画の中で、殺し屋同士と知らずの結婚してしまった二人が巻き起こされる壮大な夫婦喧嘩。「人殺し」が仕事なのにコミカルな展開とスタイリッシュな夫婦生活に、ストーリーも深くないので見て単純に楽しめる作品になっている。

今夜放送される前にあらすじと結末を先行公開する。
_SY355_


・映画あらすじ

建築業者のジョン(ブラッド・ピット)とコンピューター・プログラマーのジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)が結婚生活が5年たったとき、夫婦でカウンセリングを受けている。二人は生活のすれ違いや結婚生活の不満をカウンセラーに語り、過去の物語が回想される。


南米のあるバーで運命的な出会いで知り合った二人は、一瞬にして魅かれ合って、ジョンは数日のうちにプロポーズ。二人の周りの友人は「早すぎる」 と止めるが燃え上がってしまった二人を止めることはできなかった。

二人は周りに反対されつつも結婚。
しかし、お互い生活を始めると不審な行動が目に付くようになる。
お互いが持っていた「秘密」を隠して生活していたのが、夫婦の絆に徐々にひびが入っていった。


ある日、ジェーンが仕事で出かけなければならなくなり出かけると、ジョンはあるバーの従業員室に入っていく。そこでは賭け事が行われており、全員を銃で射殺。一方ジェーンもSM嬢に扮し、客を殺害してた。
そう、ジョンは一匹狼の殺し屋で、ジェーンの裏の顔は暗殺エージェントのエースだった
お互い依頼を受けて人を殺す、プロの殺し屋だったのだ。同じ殺し屋なのに、夫婦ではお互い、内緒にして生活を続けていた。

つぎの日、会社にいくとジョンのパソコンに新たな殺人依頼が届く。「タンク」と呼ばれている男(アダム・ブロディ)を砂漠のなか護送中に抹殺するという依頼だった。一方のジェーンにも同じ「タンク」殺害依頼が届く。二人は同じターゲットを狙うことになる。


砂漠でターゲットを待ち構えているジェーンの前にジョンが遠くに現れ、お互いがターゲットを殺害するトラップを破壊。作戦は失敗に終わってしまう。

後日、誰が邪魔をしたのかお互いが調べると、自分の結婚相手の正体を知らされることになってしまう。殺し屋の世界のルールでは「正体がばれたら48時間以内に相手を始末しなければいけない」という暗黙のルールあった。

そして、二人は正体を知られた相手を殺害するため壮大な夫婦ケンカが巻き起こされる。お互い結婚生活をしながら、殺害をする方法をとるが、お互い一流のプロの殺し屋な為、危険回避能力もプロ。勝負がつかない。
勝負が難航しているのを知り、お互いの裏にいる組織が二人まとめて処分することを考え、始末屋の追っ手を送り込む。二人で争っているところを狙撃された二人は、互いに手を組み、組織に立ち向かうことを誓う。

果たして二人の運命は?


・結末ネタバレ

48時間以内だったのに、二人が夫婦と知った組織は、二人を始末するため組織が総力を挙げて始末しようとする。しかし、お互いの組織のエース二人相手に大量の銃を使用しても倒せない。
追われながらも二人は結婚式であった父親がエキストラ俳優だったことを明かしたり、緊張感よりコミカルな展開。

追われているだけではいつか殺されると、組織のアジトに潜入する計画をするが、お互い結婚生活の不満をぶちまけながら任務を遂行していく。喧嘩しながらも組織の連中を倒していく鮮やかな銃さばき。

そして、カウンセリングのシーンに戻り、「今の夫婦生活は十点満点でどうですか?」と聞かれると、ジョンは「10点」と小声で答え、物語が中途半端な形で終わる。


もしかしたら、続編があるのかもしれない終わり方という作品。


・キャスト
ジョン・スミス(ブラッド・ピット(堀内賢雄)))

ジェーン・スミス(アンジェリーナ・ジョリー(山田美穂))

ベンジャミン・ダンズ(アダム・ブロディ(岡野浩介))

ジャスミン(ケリー・ワシントン(佐古真弓))

エディ(ヴィンス・ヴォーン(内田直哉))

1:

797:
いや面白かったわ

809:
前半は文句なく面白かった
後半は普通だな

828:
これって組織壊滅させたってこと?
それとも両組織からもう狙われなくなったってだけ?

837:
>>828
俺もそこがよくわからない、カットされてないシーンではもうちょっとなんかあった気がするんだけど

832:
これ結局何も解決してなくね?
夫婦は元鞘に納まったけど、両組織からの抹殺司令は解除されてないんだろ?

838:
>>832
そこで続編ですよ

843:
最高のクソ映画

862:
最近めっきりホラー映画やらなくなったよな
邦画洋画関係なく

865:
>>862
クレームかねえ?
昔はリングもやってたのに

898:
グロやホラーの放送頻度が減った理由は苦情がくるからなの?

907:
>>898
あるいは本当の苦情の数より
苦情が来るかもってテレビ局の予測が強く働いてて先に自粛してるのかも
ネットの文句なんか見てるとそんなふうに思っちゃう

922:
>>907
テレビ局はいつになったら現実と想像物は別だと理解できるのかねえ
現実のほうがよっぽど怖いのに

902:
ググってみたら酒鬼薔薇事件が決定打になったようだな
確かにあの頃からか、めっきりやらなくなったのは

914:
>>902
宮崎勤とかも一役かったような気がする。
馬鹿だね、安直にキチガイとホラーを結びつけるとか。

933:
せっかくのいい映画なのに、カット酷すぎる。
TSUTAYAで百円で借りてノーカットで観た方がいい

1: