1:
2016年2月6日(土)放送、日本テレビ系「怪盗 山猫」
21時00分~21時54分


2016年今期の連ドラの中で平均視聴率第2位の「怪盗 山猫」
天才怪盗・山猫が、大企業の悪事を暴きつつも大金を鮮やかな手口で盗みだしていくこのドラマ。第1話が14.3%第2話13.6%という結果だったが、第3話が11.1%と若干数字を落としてしまったが、他のドラマが軒並み一桁の中なので好調な数字と言える。その第3話では、まゆげの太さが際立つ今注目の若手俳優・加藤諒がゲスト出演し、個性的な演技を披露した。


原作は神永学の「怪盗探偵 山猫」ミステリー小説シリーズなのだが、登場人物以外全く別物のドラマオリジナル展開になっており、中でも原作にいない登場人物・天才的なハッキング能力を持つ女子高生「魔王」役の広瀬すずの演技が好評。




怪盗山猫のアジトのロケ地は、東京都千代田区の日本橋本岩町の中央線ガード下。
781e8f71



・前回までのあらすじ

殺人犯にされてしまった山猫。
犯人に仕立てられたことを挑戦と受け取り、犯人の名前が「ゆうきてんめい」の手がかりを探す。
「ゆうきてんめい」が関わっていると芸能事務所が真央(広瀬すず)の同級生である結菜(伊藤沙莉)が芸能事務所で危ない仕事さられているのを知り、救出。赤松杏里(中村静香)を探してほしいという依頼をうけ、戸籍がなく、この世に存在しないことになっている有名なアジアンマフィア杏里と手を組み、秘密クラブを壊滅に追い込んだ。
次々に悪事の行っている企業を壊滅に追い込む山猫に、元キャスターの藤堂健一郎(北村有起哉)が警部の関本修吾(佐々木蔵之介)に「ゆうき先生も大変お喜びになっています」と意味深なセリフで3話が終わっている。



・第4話あらすじ


山猫が殺したことになっている細田(塚地武雅)が死ぬ前に調べていた情報の入ったUSBを手に入れた山猫(亀梨和也)。山猫は、細田が調べていたこととは何なのかを探り始める。

そんな中、細田殺害事件の捜査が、山猫を追う北浦署広域上州窃盗犯捜査本部に引き継がれることになり、本庁から犬井(池内博之)をはじめとした3人の刑事が派遣される。犬井は、優秀だが“狂犬”と呼ばれるほど素行の悪い刑事だった。

犬井は「山猫と細田の事件はつながっている」と言い出し、勝手に捜査を開始。さくら(菜々緒)は関本(佐々木蔵之介)から、犬井に同行するよう命じられる。



一方、チーム山猫は「ストレイキャット」に集まり、細田の遺したUSBを真央(広瀬すず)が解析。すると、モルダウ不動産という会社に関する情報が見つかる。この会社は悪評が高く、細田はこの会社が買い取った山について調べていたと分かる。

山猫と里佳子(大塚寧々)は、細田の親が山を持っているという話をしていたことを思い出す。山猫たちは細田の話から、細田の母は認知症になっていて、不動産会社に騙されて実家や経営していた工場がある山を奪われてしまったと推理。


山猫は、勝村(成宮寛貴)と真央を連れて、細田の母・芳子(市毛良枝)に会いに行く。芳子は認知症で、細田の死も理解できていないようだった。芳子は、山には家族の思い出が詰まっていて売るつもりはなかった。しかし、芳子がよく分からないうちに山の売買契約をされて権利書がなくなっていたという。


芳子に同情した真央は、彼女の家に通って面倒を見るように。真央は山猫に、芳子のためにモルダウ不動産から山の権利書を取り返してあげてほしいと頼む。しかし、山猫は応じない。真央は、一人でモルダウ不動産に忍び込んで権利書を取り返そうとするが…。

公式サイト
http://www.ntv.co.jp/yamaneko/

・原作ネタバレ

展開がドラマオリジナルの内容になっているため、犯人と思われる謎の人物・結城天明(ゆうきてんめい)は原作で存在しない。キャストの中で、誰が結城天明(ゆうきてんめい)で犯人のかがこの「怪盗山猫」の大筋のストーリー。
怪盗山猫は、結城天明を追いながら「悪事を働く企業や個人を懲らしめるため」大金を得る展開。ドラマオリジナルキャストの「魔王」こと真央役の広瀬すずがドラマのキーになっている。


見逃し配信はこちら
http://cu.ntv.co.jp/matsukokaigi_20160130/

・相関図
151227_007



・第4話キャスト

山猫(亀梨和也)
dedehurhu (5)

勝村英男(成宮寛貴)
dedehurhu (6)

高杉真央(広瀬すず)
dedehurhu (7)

霧島さくら(菜々緒)
dedehurhu (1)


藤堂健一郎(北村有起哉)
dedehurhu (2)

宝生里佳子(大塚寧々)
dedehurhu (3)


関本修吾(佐々木蔵之介)
dedehurhu (4)


細田政生(塚地武雅(ドランクドラゴン)

福原秀徳(渡部豪太)

森田公康(利重剛)

細田芳子(市毛良枝)


犬井克明(池内博之)




1:

748:
途中で菜々緒も仲間に加わるかな?

751:
原作読んでないけど、ゆうきって人は山猫の父親かね?
父親が山猫を捨てたとか
今週はドタバタ感があって脚本が上手くなかったな残念
役者はいい俳優が揃ってるのに
来週は何気に塚地が殺された謎が少し解けるのかな

759:
>>751
結城にハメられての・・・・・1話の冒頭リンチ
      ↓
結城に復讐する為の・・・・3話OPED関本との殴りあい

かな

768:
菜々緒の知るかー!
って所でお茶吹いたw

780:
正体いろんな奴にバラしすぎだろw

782:
11%か、この枠は2桁完走が難しい枠だからね
2桁完走出来ればOKだと思うよ
好き嫌い別れるドラマだからな
まあ自分は最後まで見るけど
もっと脚本や演出で強弱つけたり
俳優を生かす感じにすればいいのにと思うな
個性的な俳優がたくさん出てるのにプロデューサーが生かすのが下手過ぎる
デスノートも確か16から一気に下がったよね
土9は本当に裏でも左右されるから2桁が難しい枠だよ

783:
>>782
デスノートは土21枠じゃないぞ
日22枠

786:
一番の敗因はすずの出番が少なかった

803:
確かに登場人物多すぎ
来週もセシリアでるんだよね
そんなに大事な役なら演技力ある女優キャスティングして欲しかったな~
中村さん、スカッとジャパンと演技同じなんだもんな

824:
佐々木蔵之介のシーン大杉だった気がする。
滑舌が悪いし。まあ面白かったけどね

845:
菜々緒が二役すればいいやん結構菜々緒人気あるよ

848:
なんかこのドラマ見てて疲れる
亀梨のまるで不良のガキががなり立ててるみたいな演技がやかましくてもういいわ

896:
少年漫画みたいなところが山猫の良さだと思うわ

954:
山猫ずっと右肩下がりなんだよな…
シリーズ化期待するなら4話は上げていきたいところ

956:
広瀬すずをもっと見せて

1: