2016年3月17日(木)放送、フジテレビ系「ナオミとカナコ」
22時00分~22時54分


広末涼子主演の「ナオミとカナコ」第10話がとうとう最終回。

親友のDV旦那を殺害して、二人で逃亡を図るというサスペンスドラマ。DVという身近な問題をテーマにした原作は奥田英朗「ナオミとカナコ」何気ない日常から殺人を考えてしまう、二人の生々しい会話など評価の高いミステリー小説だ。原作とドラマで違う展開、部分は多少あったが、最後は原作通りの結末を迎えると思われるので先行して紹介したい。


・相関図

0000885304_rel_k




・ドラマあらすじ

バリバリのキャリアウーマン、小田直美(広末涼子)
葵百貨店で外商部をしていたが、親友・服部加奈子(内田有紀)と偶然再会。再び、交友を深めるが、加奈子のけがを見つけ、結婚している旦那・服部達郎(佐藤隆太)がDV男だと気づく。

486029_pcl

DVの件を問い詰めても白を切る達郎。
DVはさらに悪化してしまい、直美は殺害計画を立てる。中国人密航者・林竜輝(佐藤 隆太)が達郎そっくりなことから、達郎のパスポートを持たせ中国に帰国させる。そして、そのまま消えてもらい、現地で行方不明になってもらう。そして、酔って帰ってきた達郎を後ろからネクタイで絞殺した後、死体を山に埋めるという計画。謎の中国人社長に助けてもらいながら作戦を実行した。

作戦はうまくいった。
しかし、義理の姉・服部陽子(吉田 羊)だけは二人に対し、不信感を抱いていた。数か月がたったとき、中国人密航者・林竜輝が日本に戻ってきてしまう。陽子は林竜輝を見かけ、警察に相談。達郎の捜査が始まる。

陽子の執拗な詮索に二人は徐々に追い詰められていく。
そして、マンションの防犯カメラから、達郎が自宅に帰宅した後から部屋から出ていないことが発覚。直子たちが大きなトランクで出ていく姿を確認され、殺人の容疑がかけられることになってしまった。


はたして直美たちの運命は?
story_main_05


・第10話あらすじ

小田直美(広末涼子)と服部加奈子(内田有紀)の前に現れた刑事の鍋島(モロ師岡)は、加奈子を促すと、警察車両に乗せた。

そこへ服部陽子(吉田羊)が来て、警察に決定的な証拠となりうるマンションとATMの防犯カメラの映像を提出したこと、替え玉にした林竜輝(佐藤隆太)の存在を明かしたと告げる。加奈子は必ず自白するだろうと自信を見せる陽子に、直美は言葉を失った。

 その後、直美は李朱美(高畑淳子)の元へ駆け込むと、自分たちを助けてくれ、と訴える。朱美は試すように、警察は服部達郎(佐藤隆太/二役)の死体をすぐに見つけるだろうと言った。直美は、ついにすべてを打ち明け、その上でもう一度助けてくれ、と頭を下げた。



 同じ頃、加奈子は鍋島から厳しい取り調べを受けていた。陽子が直美に言った通り、警察は林を達郎の替え玉にしたことまでもつかんでいた。加奈子は黙り込むが、鍋島は二人の友情に付け込み、正直に話せば共犯者の直美にも情状酌量の余地があると仕掛けてくる。加奈子は心身ともに追い詰められ……。  


一方の陽子は、林が身を潜めていたホテルを突き止め、林に直美と加奈子が殺人者であることを明かす。さらに、自分は味方だと主張し、今警察に知っていることをすべて話せば、林にとって有利な証言をして助けることができると持ち掛け、林を動揺させる。  



直美と加奈子の最後の決断、それは本当の意味で二人を解き放つのか。


公式サイト

http://www.fujitv.co.jp/naomi-kanako/index.html




※原作ネタバレ


直美は帰国した中国人が日本に戻ってきているという情報をつかむ。このままでは捕まってしまうと二人は上海に高跳びしようと決意。高跳びしようとした日、事前に情報をつかんでいた警察に二人は容疑者として任意同行を求められる。そこで中国人社長に紹介されていた弁護士を立て「明日伺う」とその日は帰宅を許されることに。


二人は逃亡する気だった。

達郎の姉は、逃亡するだろうと予想し見張っていたが、それを逃れるため、二手に分かれ逃亡。なんとか追跡をまくことに成功する。そして二人は飛行機に乗り込み、加奈子が妊娠していることに喜びを分かち合う二人だった。



・原作はここで終わっている。


実際、海外逃亡してもドラマでは犯罪に対して取締りができない地域は存在しない。
直美たちが出国審査後、離陸して200海里内は日本の警察権力で逮捕できる。さらに到着した国では、その国の法律が存在する。 日本が犯人の身柄要求をすれば、法治国家は対応するので、逃亡生活は難しいだろう。ドラマでは空港で逮捕されるのではないかという意見が多いようだ。







キャスト
広末 涼子・小田直美
キャリアウーマン。DVから親友を救うため殺人を犯す。

内田 有紀・服部加奈子
DV被害の専業主婦

吉田 羊・服部陽子
加奈子の義姉

高畑 淳子・李朱美
腕時計を盗んだ犯人。中国食品輸入会社社長

佐藤隆太・服部達郎
DV夫。銀行マンでエリート社員。

佐藤 隆太・林竜輝
中国人密航者


見逃し配信はこちら

http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4743/4743810009/
1:

4:
もし捕まったら、ナオミは極刑だとしてカナコはどーなるのかな?
計画したのはナオミです。ってちくったら実刑免れるかな?

6:
>>4
極刑って死刑の事?
現実でもそれはないでしょ

5:
捕まったらつまらない。
偶然に助けられながら
いかに逃げ切るかを楽しむドラマであって欲しい。

40:
これ仮に逃げ切って中国に飛んだとして罪としてはどういう扱いになるの?

43:
>>40
殺人が立件されれば殺人罪と死体遺棄
時効はない

49:
最終回がとても楽しみ
広末の役と同じ名前だからつい応援しちゃうw
でも、3人の女優を自分に当てはめたら、吉田羊の気持ちが一番わかる、これは少数派なのかな?

52:
逃げ切ったとして日本に戻ったらアウトだよね?
指名手配されていたら飛行機の搭乗者名簿に乗ったら通報されるだろうし

64:
中国で整形手術して別人になり
戸籍は中国人の戸籍をゲットだろうな

65:
>>64
そうなの!海外に逃亡したら、戸籍はどうなるんだろう。
特にカナコ。服部姓のままになってしまうよね。
しかも、パスポートの期限も切れるから不法滞在者よね!

72:
本当タイトル悪い
旬の過ぎた女優二人っていうのも引きが無いし
面白いだけにもったいない
もっと良いタイトル無かったのか

82:
もう終わりか
寂しいな…

508:
うまく逃げ切ったとして、これが現実だったらこれから先どうやって生活していくんだろ?
お金のこと、ビザのこと、国籍のこと、子供だって産むのに病院行くだろし
現実、海外逃亡した人ってどうやって暮らしてんだろな。

509:
>>508
現実にお金がまあまああれば高飛びして外国国籍買って雲隠れしてる奴らいるのにね
この2人はそんなお金ないでしょ?1億位あれば優雅に暮らせそうなんだけどね
中国なら闇の世界で国籍くらいやすううく買えるのかな?李社長は知ってそうだけど

511:
逃げ切っても地獄だと思うけど、現実社会で、
不倫して、旦那さんがショックで自殺しちゃって、
不倫相手と会社起こして成功している人知ってるからなー

523:
どうせクレームの多い局なんだから倫理観にとらわれない衝撃のラストをお願いします

555:
殺人はあってはならない事は重々承知しているが
ナオカナにはこのまま逃げ延びて欲しいと思ってしまう・・・

1: