4月12日に東京と新宿区歌舞伎町の「新宿ゴールデン街」発生した火事について、出火の直前、の建物からでてきた住所不定・無職の春名弘(はるなひろし)66歳の不審な男性を逮捕したとミヤネ屋で報道。
Cf5xCEBUUAE83z3


春名弘は改装中の建物2階に侵入し、放火して建物から逃げていく姿が防犯カメラに映ったのが逮捕の決め手になったようだ。


bandicam 2016-04-13 17-04-09-480

Cf7MJfHUYAA7iCi

「新宿ゴールデン街」
とはもともと、戦後の焼け野原に勝手に掘っ立て小屋を建て飲食店を営業した不法営業地帯。なので、地主がいるのに、木造の建物を建てて権利を主張しているものが多く、所有者がわからないなど色々な条件から、権利関係が複雑になっている。
077acbf3e199a4489ccd83ed0af22829


「新宿ゴールデン街」の地域は防災上問題があることを以前から指摘されており、再開発をすることを望まれていた。

今回の火災がそういった撤去に対しての反発を懲らしめるために行ったか、警察が慎重に取り調べているが、これだけの大規模な火事になると実刑は免れないだろう。




放火は大きく3つに分類されている。

・現住建造物等放火
死刑・無期懲役・有期懲役(5年)のいずれか

・非現住建造物等放火
他人所有物の場合、有期懲役(2年)
自己所有物の場合、有期懲役(6ヶ月~7年)

・建造物等以外放火
他人所有物の場合、有期懲役(1年以上10年以下)
自己所有物の場合、有期懲役(1年以下)・罰金(10万円以下)のいずれか

参照wiki

今回の場合は現住建造物等放火にあたるので、最高刑で死刑。

現在の法律では、放火未遂でも最低実刑の判例が多い。あくまでも「任意的減軽」なので、理論上は死刑も可能ということになっている。「焼損」の被害によって変わるので、裁判官の判断で決まる。

初犯で心神耗弱が認められたとしても、残実刑で懲役5年~10年程度の覚悟は必要、それだけ現住建造物放火の罪は重い。

1:

88:
不審な男なんて、あのへんなら山ほどいるだろ…もしかして、場違い的な意味で?

89:
ゴールデン街は飲んだ帰りに何度か立ち寄った事がある
ああいう所は残ってほしいが、火事のニュースで上から撮った映像見たら無くなっても仕方ないと思った
今回火事が起きたのが真ん中じゃなくてよかった

96:
ここ再開発しないとダメな場所でしょ

139:
地上げか火事での焼け太り狙いか

145:
改装費払いたくなかったんだろ?w

170:
確定か

172:
そもそもあの界隈に不審じゃない人間はいない

173:
あのあたり
焼き払いたいんじゃない?

180:
またおまえらの予想が当たるのか

198:
東京や大阪ってほんと治安が悪いよな
火災はまだ放火と決まったわけじゃないけど
多国籍民族が入り乱れてる都市部って不安要素多すぎるよな

203:
地上げ屋だろ

205:
>>203
あの辺りは権利関係ややこしそうだからなぁ

212:
そらあの辺に不審な男は数多いだろ

1: