2016年5月23日(月)放送、日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」
元タカラジェンヌに密着SP
21時00分~21時54分



受験者の大半がバレエ、声楽、演技やダンス・舞踊を2年間をみっちり学び、しかもその中から二十数倍の競争率を突破した人だけが入学する宝塚音楽学校。

そして、その学校を卒業後、宝塚歌劇団に入団し、華やかに活躍した元タカラジャンヌたちに密着。


宝塚は顔がきれいなだけでは入試に受からず、そこがアイドルのオーディションとは決定的に違う。校則は極めて厳しく、女士官学校と揶揄されているが、元宝塚のAchou(アチョー)は自衛隊の体験入学した際、「こっちのが楽」と言わしめたほど、厳しい場所だ。


日向燦(ひなた)さんも厳しい宝塚音楽学校を卒業後、宝塚歌劇団花組で活躍していた。

images

日向燦(ひなた)さんは1983年大阪生まれの現在33歳。
身長170 cmという高身長を生かし、元宝塚歌劇団花組の男役として活躍した。同期は龍真咲(月組トップスター)、早霧せいな(雪組トップスター)と黄金期世代。2009年11月22日、約8年間の活動で宝塚歌劇団を退団。その2年後には、ミュージシャンで桑名正博とアン・ルイスの息子、美勇士(みゅうじ)と結婚、出産で4児の母になり、幸せな人生を歩んでいるように見えた。


美勇士(みゅうじ)
1364362760_photo


しかし、夫の仕事は売れないミュージシャン。
収入もほとんどなく、日向燦さんが働いて、長女・音衣(ねい)長男・藍紅(あいく)、二男・真陽(まはる)、二女・リルと一家6人を支えないといけない状況に追い込まれていた。
o0400030113426323942

日向燦さんの一日は大忙し。
現在、メロンパン専門店の店長として働いているが、小さな子供たちの育児もしなければならない。朝早く起きて子供たちを保育園に送った後、朝10時から夜7時まで、お店で立ち仕事。
アルバイトを雇う余裕がないので、ほぼ1人で全ての作業を行う。家に帰ると、帰ってくる子供たちの夕食の準備。食後は落ち着く間もなく、授乳、お風呂にいれたり家事育児に大奮闘している中、旦那の美勇士は売れないミュージシャン活動で何一つ手伝おうとしない。

美勇士の収入がないので、日向燦が働いたお店の売り上げは、ほとんどが諸経費と保育費、食費、そして1000万の借金の返済で消えてしまっている。
CjDZon4VAAEI-Oi
CjDZolZUYAAuyhX
CjDZolXUgAApFTy
CjDZoldUgAIyl6d

いつまでたっても苦しい生活から抜け出せないので、家計が厳しい状況を打破するために更に仕事を増やすため、ハローワークへ相談しに行っているそうだ。どんなにつらい状況でも笑顔を絶やさなかった日向さんの笑顔の秘密「深いい話」が放送される。


1:

2:
すまんな

5:
>>2
はたらけ!

3:
別れたら?

4:
っ男女平等

7:
>>4
じゃあ育児やってやれよ

15:
なぜ別れないのか

18:
別れるか働かせるか

23:
さっさと離婚

31:
元宝塚だけどまぁキツかったわ
やりがいもあったけどね

36:
宝塚音楽学校は、小林一三 (逸翁)(阪急東宝グループ創始者)がつくりました

37:
親が自営業だから分かるけど人の下で働けないタイプなら期待するだけ時間の無駄だよ
働いてもすぐ辞めるの繰り返し

60:
こんなのってないよ(´・ω・`)

84:
これだから2世は・・・

435:
誰か忘れたけど有名な大富豪が言ってたが
人気にはとんでもないお金を集める力があるが
そのほとんどの人気商売は一代限りで終わるって
場合によっちゃ一代ももたない時もあるとか
だから2世で売れるのはかなり難しい
志村けんも似たような事言ってたな

444:
美勇士って名前・・・

バカじゃねーの

451:
>>444
ミュージック
ミュージくん
ミュージ
美勇士

485:
日本一ヘタな歌手ももちろんのこと

486:
イケメンだったら、美なんとかでもいいけど・・・

まんまる太ったアンパンマンじゃん

504:
親なんかいなくても子供は育つんだけどね

519:
見てて不快

1: