2016年5月29日(日)放送、日本テレビ系「笑点」
17時30分~18時00分


51周年目に突入した「笑点」の放送で今年24時間テレビ2016のマラソンランナーが発表された。


24時間テレビ2016のメインパーソナリティはジャニーズグループ「NEWS」が担当することになり、マラソンランナー2014年は 城島 茂(TOKIO)、2015年は北川景子と結婚したDAIGOが務め感動をよんだ。


100キロマラソンの始まりは1995年、お笑い芸人の間寛平が神戸-東京間1週間マラソンを敢行した際、「阪神淡路大震災で被災した神戸・淡路地区に勇気を!」という意義があった。これ以降、毎年恒例の企画になってしまっており、最近では毎年「100キロを誰が走るか」が話題になるようになっている。

毎年、マラソンランナーが発表されてから、選ばれた人は約3カ月間ほどトレーニングして本番に挑んでいる。近年のランナーは発表が遅い為かトレーニング期間が短くなっているので序盤から足や膝に痛みが走り、放送時間内のゴールがギリギリになってきてしまっている。十分な練習時間を与えないのは、日テレの視聴率稼ぎ、感動の押し売りと捉えられても仕方がないだろう。



そして、番組内で発表された24時間テレビ2016年のマラソンランナーは・・・・。


林家たい平が挑戦することが決定した。

bandicam 2016-05-29 17-55-42-812


林家たい平(本名・田鹿明)は1964年12月6日埼玉県生まれの51歳。
現在、脳梗塞で倒れ、リハビリ中の林家こん平の弟子でこん平の代わりに笑点の大喜利メンバーになった。
2015年の「24時間テレビ」では車いすで林家たい平の力を借りて登場。復帰を目指してリハビリを継続していることを語っていた。そんな師匠の為に、勇気を与えたいと林家たい平は意気込みを語っている。



歴代マラソンランナー


第18回(1995年) 間寛平
第19回(1996年) 赤井英和
第20回(1997年) 山口達也(TOKIO)
第21回(1998年) 森田剛(V6)
第22回(1999年) にしきのあきら
第23回(2000年) トミーズ雅
第24回(2001年) 研ナオコ
第25回(2002年) 西村知美
第26回(2003年) 山田花子
第27回(2004年) 杉田かおる
第28回(2005年) 丸山和也
第29回(2006年) アンガールズ 田中
第30回(2007年) 萩本欽一
第31回(2008年) エド・はるみ
第32回(2009年) イモトアヤコ
第33回(2010年) はるな愛
第34回(2011年) 徳光和夫
第35回(2012年)佐々木健 北斗晶 
第36回(2013年) 大島美幸(森三中)
第37回(2014年) 城島茂(TOKIO)
第38回(2015年) DAIGO

参照wiki

1:

527:
これ24時間テレビまでに二人が死んだらどうするんだ

573:
こん平は意識朦朧の中で24時間テレビの大喜利に出たせいで倒れたんだろ?
早めに病院に行っていれば・・・

575:
断れなかったんだろ
気の毒に

604:
たい平と三平って同じ林家だし兄弟なの?

625:
>>604
こん平(正蔵)と一平(三平)が兄弟

606:
たい平と聞いて

613:
たい平からみれば、24時間テレビが師匠をえらい目にあわせたのに、なんで走るんか

629:
たい平大忙し

1: