2016年6月7日に発売された週刊女性で、お笑い芸人の「アンタッチャブル」柴田英嗣の元嫁とファンキー加藤とのW不倫騒動。

不倫相手は、アンタッチャブル柴田の友人で、これまでに爽やかなイメージの歌を世に送り続けてきたファンキー加藤。そして、元嫁には現在、ファンキー加藤の子供を授かっているという衝撃の不倫劇。

ネットではベッキーの不倫以上の元嫁の行動に一体どんな人物なんだ?と大きく話題になっている。

実は柴田の元嫁はお笑い音楽バンド「ノーボトム」にメンバーの中にいることが判った



内容


NO BOTTOM!(ノーボトム!)は、お笑いと音楽を融合させた音楽ユニットである。元底ぬけAIR-LINEの古坂と小島が、2003年9月結成した。

メンバーの移動が何度かあり、嘗てはメンバーだった人間が現在はサポートメンバーである、と言うことがたまにある。脱退したメンバーも居るが、こちらはあまり多くない。脱退したダンサーうちの1人は、アンタッチャブル柴田英嗣と結婚している。

参照wiki

WIKIによれば、誰とは書かれていないが、現在出回っているモザイク入りの元嫁のプリクラと比較した結果、NAONが柴田の元嫁だという事がほぼ確定した。

f760cf47


bandicam 2016-06-09 21-08-54-100
bandicam 2016-06-09 21-08-50-620
bandicam 2016-06-09 21-08-54-100
http://www.joqr.co.jp/reco120402/today040706.html
NAON
生年月日1981年5月13日35歳。

柴田の元嫁の年齢は公表されていないが、柴田と結婚した時期は2005年10月。その頃にはNAONはメンバーではない。交際していた頃の彼女(元嫁)の髪の色と髪型がよく似ているのが判るだろう。そして、プリクラと公開されている写真の面影がよく似ているのでほぼ間違いないだろう。


・事件の概要

ファンキー加藤は「本日発売(6月7日)の週刊女性についてですが、不倫についてはすべて事実です」と続けて「現在、相手の女性(柴田の元嫁)との間に子供を授かっています」と子供を認知していることを認めた。

出産後であれば母親の同意が無くても父親だけで認知が出来る。出産前の子供の認知には母親の同意が必要なので、ファンキー加藤と元嫁は話し合って結果、認知しているという事になる。

ファンキー加藤は「今後についても話し合いを続けています。生まれてくる子供の為にも、自分自身に何ができるか、しっかり考えていきたい」と語り「こんな自分を支えてくれている妻や子供、そして柴田さんに辛い思いをさせてしまって本当に申し訳ないと思っています」と謝罪した。

ファンキー加藤は相手の女性が柴田の嫁と知らず、不倫関係になっていたとも記者会見で語っており、妊娠したことを聞かされた後に、そこで初めて柴田の嫁だったと知ったという。3人が対面した時には柴田と嫁は離婚が成立していたので、柴田は終始冷静に対応してくれたようだ。そして、3人で話し合った結果、子供のことについてなど、今後も話し合っていくという形になったという。




柴田との結婚も出来婚。そして、元嫁は加藤との子供を、加藤と繋がっておくための道具のように思ってる可能性がある。子供が大きくなった時、自身の生い立ちに悩み苦しむはずなので、普通の考えならまず、産もうと思わない。。柴田の元嫁は、子供を預けて地方に行ってファンキー加藤と関係を持ったという事実は、母親ではなく、女。

週刊誌では、養育費を月々ではなく一括で数千万もらうとも書かれていた。そして、柴田からは月々のそれなりの養育費。国からシングルマザーの手当て。

加藤が一番悪いが柴田の元嫁も相当な悪女と言われても仕方ないだろう。


1:

1: