2016年6月7日に発売された週刊女性で報じられたファンキー加藤とお笑い芸人「アンタッチャブル」柴田英嗣の元嫁のW不倫報道。



元嫁の不倫相手は、アンタッチャブル柴田の友人で、これまでに爽やかなイメージの歌を世に送り続けてきたファンキー加藤。そして、元嫁には現在、ファンキー加藤の子供を授かっているという衝撃の不倫劇に世間を大きく騒がせている。


ファンキー加藤がアンタッチャブル柴田の元嫁に声をかけた(ナンパ)のがもともとの発端だが、柴田の元嫁に対しての批判の声も多くある。ファンキー加藤は不倫相手の女性がアンタ柴田の奥さんだと知らずに付き合っていた(不倫していた)。


それは、柴田の元嫁が隠していたという事になる。
柴田の元嫁は、自分の夫と自分の不倫相手が友人であると知らなかったはずがない。

CkTIs-_UgAEoaRC


・事件の概要

ファンキー加藤は「本日発売(6月7日)の週刊女性についてですが、不倫についてはすべて事実です」と続けて「現在、相手の女性(柴田の元嫁)との間に子供を授かっています」と子供を認知していることを認めた。

出産後であれば母親の同意が無くても父親だけで認知が出来る。出産前の子供の認知には母親の同意が必要なので、ファンキー加藤と元嫁は話し合って結果、認知しているという事になる。

ファンキー加藤は「今後についても話し合いを続けています。生まれてくる子供の為にも、自分自身に何ができるか、しっかり考えていきたい」と語り「こんな自分を支えてくれている妻や子供、そして柴田さんに辛い思いをさせてしまって本当に申し訳ないと思っています」と謝罪。


ファンキー加藤は相手の女性が柴田の嫁と知らず、不倫関係になっていたとも記者会見で語っており、妊娠したことを聞かされた後に、そこで初めて柴田の嫁だったと知ったという。3人が対面した時には柴田と嫁は離婚が成立していたので、柴田は終始冷静に対応してくれたようだ。そして、3人で話し合った結果、子供のことについてなど、今後も話し合っていくという形になった。





・柴田の元嫁は誰?



実は柴田の元嫁はお笑い音楽バンド「ノーボトム」にメンバーの中にいることが判った。



内容


NO BOTTOM!(ノーボトム!)は、お笑いと音楽を融合させた音楽ユニットである。元底ぬけAIR-LINEの古坂と小島が、2003年9月結成した。

メンバーの移動が何度かあり、嘗てはメンバーだった人間が現在はサポートメンバーである、と言うことがたまにある。脱退したメンバーも居るが、こちらはあまり多くない。脱退したダンサーうちの1人は、アンタッチャブル柴田英嗣と結婚している。

参照wiki

WIKIによれば、誰とは書かれていないが、現在出回っているモザイク入りの元嫁のプリクラと比較した結果、NAONが柴田の元嫁だという事がほぼ確定した。

f760cf47

bandicam 2016-06-09 21-08-54-100
bandicam 2016-06-09 21-08-50-620
bandicam 2016-06-09 21-08-54-100

http://www.joqr.co.jp/reco120402/today040706.html
NAON
生年月日1981年5月13日35歳。

柴田の元嫁の年齢は公表されていないが、柴田と結婚した時期は2005年10月。その頃にはNAONはメンバーではない。交際していた頃の彼女(元嫁)の髪の色と髪型がよく似ているのが判るだろう。そして、プリクラと公開されている写真の面影がよく似ているのでほぼ間違いないだろう。


元音楽関係の仕事をしていたら、ファンキー加藤と知り合うのは、知人の関係から容易だろう。


「子供がいるのになんて女!」
と世間のバッシングの声は多く、柴田の元嫁のバッシング。そして、ファンキー加藤も子供はいるわけだから、軽率な行動に批判の声が多い。



今回のW不倫は

柴田嫁(既婚隠して妊娠までする行為をした)
ファンキー加藤(未婚の女性だと思ってたが、不倫してた)
柴田(今回のは関係ないけど、過去に女性問題疑惑があった)


と全員になんらかの責任があり、ファンキー加藤の嫁が被害者となる。





ファンキー加藤(本名・加藤俊介)は1978年12月18日東京生まれの現在37歳。
2013年4月15日、元マネージャーである一般女性と結婚が発表している。


元マネージャーは工藤さん。


画像はこちら

121212
151515




昔から女性のうわさが絶えないの加藤だったので、周囲から反対された工藤さんだったようだが、マネージャーという仕事がら「この人を支えたい」という気持ちで結婚。現在では1児の母親になっている。



ファンキー加藤は離婚はせずに、柴田の元嫁の生まれてくる子どもを認知。元嫁に数千万円単位の慰謝料を支払うことで合意したという。ファンキー加藤の嫁である工藤さんが出来ることは、柴田の元嫁に慰謝料請求することぐらいだが、離婚もしていない状態だと、請求でもらえる金額はわずかなもの。逆に裁判費用の方が高くついてしまう可能性があるし、子供たちのことを考えて、なにもしないことになるだろう。

元マネージャーという立場から支えてくれた奥さんのショックは計り知れない。




1:

1: