2016年6月21日(火)放送、フジテレビ系「矢部&大輔のフラっとしようや」
in宮古島!~今さらやりたい10のコトSP~
22時00分~23時24分



ナイナイの矢部浩之と宮川大輔がノープランでフラっと旅する「矢部&大輔のフラっとしようや」
bandicam 2016-06-21 14-29-45-379

吉本NSC9期生の同期の2人がアポなしで地元の人々とふれあいの旅番組第2弾が放送される。お笑い芸人は年齢ではなく、芸の世界に入った時期で先輩や後輩という上下関係が決まると言われている。



矢部浩之は1971年10月23日大阪生まれの現在44歳。宮川大輔は1972年9月16日京都生まれの現在43歳と年齢は1学年下になるが、入った時期が同じで仲良しな二人。


ナインティナイン、宮川大輔の他の9期生は星田英利(元ほっしゃん。)矢野・兵動、川畑泰史(吉本新喜劇)などがいるが、すぐに売れてしまったナインティナインを嫉妬した時期もあったが、1991年9月にダンスとお笑いをミックスしたユニット「吉本印天然素材」で同じメンバーとだったこともあり、いまでもプライベートでも仲がいいそうだ。



前回2月に放送された番組では、京都の亀岡市でその街の「ナンバーワン」を探すというテーマで亀岡市を旅ロケ中、路上で女子大生に「逆ナン」され、地元大学のバスケットボール部で「練習に一緒に参加してほしい」とお願いされたり、いきなりフリースロー対決になったりハプニングの連続。


news_20160209_07_01


そんな二人が今回訪れるのは南国の楽園・宮古島。
海がきれいなことで知られている宮古島の海の透明度は「東洋一」ともいわれており、潜ってゴーグルで海を見ると、視界60メートル見えるほど。(オーストラリアのオーシャンブルーは45m)



ここ数年は、内地から移住した人たちがおしゃれなカフェや雑貨屋、マリンスポーツショップを沢山経営しているので、観光地として多くの人が訪れる。一週間フルに遊んでも足りない位魅力的な場所や遊び方に溢れている。



しかし、天気が悪いと楽しめる場所が少ないのは事実で、二人もロケ当日が天候に恵まれなかった。

bandicam 2016-06-21 14-29-34-345

bandicam 2016-06-21 14-29-41-052
bandicam 2016-06-21 14-29-07-322

事前に「今さらやりたい10のコト」を決めて、目的を達成するために宮古島を車でドライブ。

「今さらやりたい10のコト」

・島の中をドライブしたい
・島で一番おいしい宮古そばを食べたい
・いい景色を見ながらBBQがしたい
・島で一番キンキンに冷えたビールを飲みたい
・宮古牛を食べたい
・島の子供・学生と絡みたい
・ビーチで水着美女を見て目の保養をしたい
・マリンスポーツをやりたい
・宮古島の絶景を見てみたい
・スナックで矢部が歌う「Bye Bye My Love」を聴きたい

公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/160621yabeanddaisuke/



移動中は昔の売れなかったころの出来事や同期にしかわからないエピソードを語り、昔の思い出話で盛り上がる。


「ビーチで水着美女を見て目の保養をしたい」という矢部のわがままに振り回されている宮川大輔が訪れた、宮古島ビーチでしりあった女子大生ハルカさん。
bandicam 2016-06-21 14-30-01-787

bandicam 2016-06-21 14-30-05-099



矢部浩之は元TBSの青木裕子と2013年3月に入籍、今年の1月21日には二人目の子供矢部 遣(けん)くんが生まれて幸せいっぱいな家族を持っているが、「目の保養」ぐらいはしたいという事で、訪れたビーチで知り合った謎の美女・ハルカさんに水着姿をお願いする場面も。人々とふれあいながらほかには青の洞窟の探検したり、宮古島の魅力を放送される。



1:

1: