2016年6月21日(火)放送、日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」
19時56分~20時54分


「料理下手女子」と「グルメ男子」が料理について語る第3弾。


元宝塚で娘役として活躍した彩風蘭の料理下手女のこだわりエピソードを公開する。

2ceda803a30612ba4dbdc6442bdcef01



彩風蘭(あやかぜらん)「本名・公文裕子」は1975年5月13日兵庫県生まれの現在40歳。
1994年に宝塚音楽学校に入学し、その2年後の1996年、宝塚歌劇団に82期生として娘役で活躍している。同期には蘭寿とむ(元花組トップスター)紺野まひる(元雪組トップ娘役)遼河はるひ(元月組男役スター)という多くのスターがそろっている。

hqdefault-3-298x300

宝塚音楽学校を卒業した者だけが舞台に立てる宝塚歌劇団。
受験者の大半がバレエ、声楽、演技やダンス・舞踊を2年間をみっちり学び、しかもその中から二十数倍の競争率を突破した人だけが入学できる。


宝塚は顔がきれいなだけでは入試に受からず、そこがアイドルのオーディションとは決定的に違う。校則は極めて厳しく、女士官学校と揶揄されているが、元宝塚のAchou(アチョー)は自衛隊の体験入学した際、「こっちのが楽」と言わしめたほど、厳しい場所だ。

21takaraduka1



彩風蘭もそんな厳しい宝塚音楽を卒業し、花組の娘役として活躍する。2004年11月21日を最後に宝塚を退団後、芸能活動をしてこなかったことで、芸能界を引退したかと思われたが、今回のさんま御殿が初のバラエティー番組となる。



元宝塚でも女優として活躍出来る方は、元トップがほとんど。

TVに出演するほどの活躍するには、華のあるビジュアル重視の方が多く、舞台で活躍される方は歌が上手い人が多い。


どうしても男役にはファンが付きやすく、退団後もすぐにファンは離れない。

大地真央、天海祐希のように男役で活躍した女優は、ファンも離れにくく、芸能界でも女優として活躍している。やはり結婚して、子供がいると夢の世界が薄れてしまうので、ファンが離れてしまうようだ。その点は、現在のジャニーズを追っかけているファンと同じ感覚なのだろう。

宝塚時代の天海祐希
hqdefault



男役と娘役、それぞれのトップになっても、その後の活動が大きく違う。男役トップスターの方が断然上扱いで、仕事のオファーが多く、知名度も高い。元男役の方が身長も高いので「元宝塚」を感じさせる印象があるため、他の女優と比べると目立ちやすい。




娘役は男役に比べ知名度も低く、普通に女性を演じていたため、他の女優と代わり映えがしない。舞台等で活躍されている元宝塚は多いが、宝塚をよく知らない方にとっては言われなければ宝塚出身と分からないような「元宝塚」ばかりなのが残念だ。




彩風蘭のように娘役として活躍したその後は、結婚して引退か、舞台でしか活躍できない。(はいだしょうこのようにバラエティー能力があれば別)
b45761ce

彩風蘭が今後のバラエティー番組で活躍できるか注目の「さんま御殿」では得意料理の肉じゃがにはあるこだわりがあるというエピソードを語り、料理下手な一面を公開。

とても40歳に見えない美貌を持ちながら、まったく料理できない理解不能なコメントにさんまも呆れ顔。彩風蘭にしか理解できないナゾの持論をぶちまける。
ClbkUGlUYAAXOZu


1:

1: