2016年6月21日(火)放送、日本テレビ系「幸せ!ボンビーガール」2時間SP
21時00分~22時54分



DAIGOが元レディースのボンビーガールを訪ねる人気企画。
今回は大阪で一世を風靡したレディース初代総長なおみさんを訪れた。なおみさんは男相手にも50戦無敗という成績を誇ったという。


bandicam 2016-06-21 22-19-11-351



現在の姿がこちら

bandicam 2016-06-21 22-22-41-039




DAIGOはこれまでに、栃木県「二宮麗神愚(にのみやレーシング)」元レディース総長・真弓(まゆみ)さん。八王子の暴走族綺麗四代目元総長・真理子(まりこ)さん。新潟レディース暗黒女連盟・副総長・正子さん、「貴族院女族2代目」の総長を務めたかおりさんらを訪れている。



栃木県「二宮麗神愚(にのみやレーシング)」元レディース総長・真弓(まゆみ)さんは、栃木県と茨木県の一部を制覇した地元のヤンキーに伝説として語り継がれている総長。

d69693a9



八王子の暴走族綺麗四代目元総長・真理子(まりこ)さんは、モデルで活躍している愛菜の母親。「メリケンサックの真理子」という異名を持って50人以上のレディース。



新潟レディース暗黒女連盟・副総長・正子さんは当時、レディース最大勢力を誇った「暗黒女連盟」で副総長を務めた。喧嘩の戦績は男にも負けた事がないほど。

736bc943




栃木貴族院女族2代目かおりさんは、必殺技の回し蹴りで喧嘩は30戦全勝を誇った伝説のレディース。当時のレディース雑誌で表紙を飾った(左下)
c305c3f2


4c0cf6e4





芸能界にも多く存在する元暴走族や元ヤンキー。
武勇伝を聞く限り、宇梶剛士は当時日本最大の暴走族だったブラックエンペラーの元総長で複数人相手の喧嘩をやっていた。暴走族とかヤンキーになるのは家庭環境が問題で虐待、いじめ、片親、育児放棄、親が極端に厳しい等々を経験している人が多い。そういった孤独感、苦しみ、悲しみ、痛みから逃れるために「仲間」を求めてしまう。



中学生や高校生は、何かと「悪い感じのモノ」に憧れがちで、そういった形でしか親に訴えることが出来ず、誰かに認めてほしいのだろう。元ヤンキーやレディースは仲間だと思った人間の面倒はよく見ることもあり、人付き合いがいい人が多いので、社会復帰もしやすいのだろう。


なおみさんもレディース時代の特攻服や喧嘩で使用した木刀を現在も家に残しているが、過去の悪さを反省し、今では普通の主婦として生活しているそうだ。

bandicam 2016-06-21 22-25-03-406






1:

1: