1
2016年7月9日(土)放送、TBS系列「世界ふしぎ発見」
新説 本能寺の変 
21時00分~21時54分


、「天下布武(てんかふぶ)」


武をもって天下を治めるという意志を示した織田信長。
1582年6月2日未明、毛利家討伐を命令されていた家臣の明智光秀が「敵は本能寺にあり」と途中で引き返し、京都の本能寺に宿泊していた織田信長を襲撃した謀反事件を「本能寺の変」と呼ばれている。

02

なぜ明智光秀は、当時の天下統一に一番近い絶大な力を誇った織田信長を裏切ったのか。今夜の「世界ふしぎ発見」では、なぜ家臣の明智光秀が裏切り、本能寺の変を引き起こしてしまったのか、解かれざる謎を明智光秀の子孫が発見した書物から真相に迫る。



・「本能寺の変」事件概要

本能寺の変は、天正10年6月2日(1582年6月21日)、明智光秀が謀反を起こして京都の本能寺に宿泊していた主君織田信長を襲撃した事件。
信長は寝込みを襲われ包囲されたのを悟ると、寺に火を放ち自害。信長の嫡男で織田家当主信忠は、宿泊していた妙覚寺から二条御新造に退いて戦ったが、やはり自害した。
2人の非業の死によって織田政権は崩壊し、天下人となった光秀であったが、中国大返しで畿内に戻った羽柴秀吉に山崎の戦いで敗れて、僅か13日後に光秀もまた同様の運命を辿った。この事件は戦国乱世が終息に向う契機となったので、戦国時代における最後の下剋上とも言われる。


参照wiki

bandicam 2016-07-09 16-11-20-301


本能寺時点の信長は、毛利家、長宗我部、上杉家と敵対中。
上杉家は陥落目前で、毛利も豊臣秀吉の活躍であと数ヶ月あれば制圧できる状態、降服させるまで時間がかからなかった。残る敵が、九州(島津家)、関東(北条家)、奥羽(伊達家)を残すだけだったことから、もし、本能寺の変が起きていなかったら、1年後には完全に天下統一できたと言われている。

003




明智光秀の子孫が明らかにした「本能寺の変」の431年目の新事実が報じられた。



記事内容



「信長は、徳川家康を本能寺に呼び寄せ、光秀に討ち取らせるつもりだった。ところが、この計画を聞いた光秀は、ゆくゆくは明智一族も滅ぼされると思い、家康と織田家打倒を決意。家康との談合の末に、信長と息子の信忠の間隙を縫って決起したのが本能寺の変だったんです。現代でこそ、信長が家康を討つなどありえないと驚く話であり、研究者の中にも『あの時点では討つわけがない』と決めつける方もいますが、(信長が重用した)光秀の兵たちにとって『家康討ち』は常識であったとうかがえる資料が複数あります」

光秀が一族の滅亡を恐れて先手を打ったという“新説”を唱えるのだ。


http://www.asagei.com/excerpt/26555


・本能寺の変の最大の謎

「織田信長を殺したい」と思う人は、当時は大勢いるのに、ごく少数の兵だけで本能寺にいたこと自体が謎で、多くの諸説が語られている原因になっている。



・明智光秀が本能寺の変を起こした動機について


宴会の席で暴言(ハゲとバカにされた)を言われたなど諸説あるが、明智光秀の背景に「黒幕」がいた、あるいは表に出なかった「同盟者」がいたという説の方が信ぴょう性が高いとされている。



明智光秀という人は謎が多い人物で、来歴がはっきしていないのだが、元々は足利義昭の家臣。将軍家の家臣になるので、天皇家や公家ともかなり太いパイプを持っていたらしく、信長に重用されていた。足利義昭が追放されるまでは信長の家臣であり、義昭の家臣でもあった明智光秀。

信長の家臣の中で、最も早く「一国一城の主」となったのが明智光秀で、京都に近い坂本城が与えられたという事が、どれだけ明智光秀を重用にしていたかわかる。(豊臣秀吉や最初からの家臣・柴田勝家より重く用いている)



公家や天皇家、将軍家との関係も深かった知識人の明智光秀が、思いつきのようにあんなクーデーターを起こすとは到底思えない。

なので、「黒幕によって打ち合わせたうえで信長を襲った」
その「同盟者」に見捨てられて滅ぼされたというのが、一般に唱えられる「本能寺の変の真相」と語り継がれている。




そして今回の明智光秀の子孫の説「織田信長は徳川家康を殺そうとしていた」は、昔から唱えられている説の一つで信ぴょう性は低いとされていた。



まず、信長が天下統一寸前とはいえ、まだ敵が多く残っている中、信長が徳川家康を殺そうとする必然性は何一つない。有力で忠実な同盟者を失い、これから敵対しなければならない北条家への抑えを失い、長年の同盟者を何の理由もなく切り捨てるということは、天下の信用を失い、汚名を背負うことになる。


信長が明智光秀を冷遇した、いじめていた、難癖つけて罵倒した、領地を没収しようとした、といったような「物語」が、昔から語られているが、すべて憶測であり、真実はいまだわかっていないのが現状だ。


「信長が家康を殺そうとしていた説」

bandicam 2016-07-09 16-20-57-857

果たして新しい説は本当なのか、「世界ふしぎ発見」では当時の古文書が眠るスペインに飛び、「信長最期の言葉」を公開。驚きの新事実に迫る。


1: