2016年7月15日(金)放送、TBS系列「中居正広のキンスマスペシャル」
19時56分~21時57分




金スマの人気企画「社交ダンス」に新展開。
番組タイトル「金曜日のスマたちへ」時代から放送されている元乃木坂46市來玲奈とTBSアナウンサー山本匠晃の新たな挑戦が始まる。山本の元ペアの芸人キンタロー。も新しい社交ダンスペアを探し、社交ダンスで勝負に挑む。
1-0791


2月12日前回放送された社交ダンスでは市來玲奈・山本匠晃ペアは社交ダンスの「スタンダード」に挑戦。スタンダードとは「ワルツ」「タンゴ」「ベニーズワルツ」「スローフォックストロット」「クイックステップ」を含めた社交ダンスの「階級のようなもの」。山本アナは前々回放送からキンタローから市來玲奈にペアを乗り換え大会に挑戦した。


一次、二次予選は無難に高得点で通過。準決勝の13組の中に残こった。(キンタローペアはここで敗退)そして、決勝まで進んだ市來玲奈・山本匠晃ペアは持てる力すべてを出し切り、大会優勝という輝かしい結果で幕を閉じた。

1-1390k



市來玲奈は1996年1月22日千葉県生まれの現在20歳。
幼少の頃からダンス教室に通っており、ヒップホップやバレエの経験者。社交ダンスにいたっては、中学生時代に社交ダンスの強化選手に選ばれるほどの実績を持っている。特にラテンダンスが得意で、ロンドンの国際大会「インターナショナル選手権」2008年には「ダンススポーツグランプリin大阪」のスタンダード・ジュニア部門で4位という実力を兼ね備えていた。


その後、2011年に発足されたAKB48グループの公式ライバル「乃木坂46」の1期生オーディションに参加。見事合格し、アイドルとして活動。
g8771656

乃木坂46での市來玲奈は、乃木坂46デビューから4thのシングルまで選抜メンバー。初期の乃木坂46は生駒里奈をセンターとして中心にすえ、その脇を支えるメンバーどして活躍。ダンスを含めて、いろいろな才能があったのかも知れないが、アイドルとしてうまくいかなかった部分はあったようだ。



乃木坂の選抜基準ははっきりしないが、5thから市來玲奈は選抜落ちしている。
6thからメンバー入れ替えが激しくなり、市來の学業が厳しかった点(早稲田大学を目指していた)もあっての選抜落ちと予想されたが、学校と平行しての活動は想像以上に大変で、なかなか選抜への復帰は難しいと本人も判断したのか、そのまま選抜に戻ることなく乃木坂を卒業した。



実は、市來玲奈はスキャンダルを起こし、卒業したのではないかという噂もある。

選抜メンバーに入らないとメディア出演すら出来ない状況が続いている時に、乃木坂メンバーが青山学院の学園祭に私的に参加していたことが発覚する。



2013年11月。
2chで青山学院の学祭に深川麻衣、若月佑美、川後陽菜、元メンバー安藤美雲、齋藤飛鳥、和田まあやが一般学生と撮った写真が出回り、仕事でもないのに、学園祭にいることでネットを騒がせた。
9e67c337



そして齋藤飛鳥、星野みなみ、安藤美雲が青学生の仲良しグループLINE画像が流出。
7e35a0c1-s



さらに齋藤飛鳥、星野みなみ、市来の裏垢Twitterが見つかり、男のツイッターやり取りが発覚した。
0003


その後、2014年7月21日市来玲奈は学業専念を理由に卒業。



現在はミュージカルや舞台での活動を得意としているミライプロダクションに所属して芸能活動を再開している。




山本匠晃は1984年6月13日愛知県生まれの現在32歳。
横浜国立大学卒業後、2008年にTBS入社している。


もともと社交ダンスを経験したことがなかった山本匠晃だが、学生時代からスポーツ万能だったこともあり、2013年から金スマで社交ダンスに初チャレンジ。同郷のキンタロー。(大会出場時の名義は本名の田中志保)。それまで社交ダンス未経験だった山本は、大会に出場するごとにこれまで周囲に見せることのなかった才能を発揮するようになり、2014年8月8日放送分において、ついには「社交ダンス(ラテンアメリカンの部)A級」昇格を果たすまでに至った。

参照wiki

今夜の放送では優勝した市來玲奈・山本匠晃ペアにキンタロー。が新しいペアを組んで二人に挑戦を叩きつけ、再び激戦が繰り広げられる。


1:

1: