スポンサーリンク

2016年7月16日(土)放送、TBS系列「音楽の日×CDTV」朝まで夏フェス!2016
23時45分~29時00分



CDTVと音楽の日のコラボ企画。「朝まで夏フェス」2016
1部、2部とは違った豪華なアーティスト総勢47組が集結し朝まで生放送される。



CDTVは年越しライブや夏フェスと毎年、深夜で生ライブ放送されている。生放送にも関わらず、放送禁止用語ギリギリの発言が飛び出したり、過激な演出や過剰過ぎ?なパフォーマンスがみれることが多いので、好評な番組となっている。


何かと問題が起きているTBSだが、深夜に普通の放送しては面白みがないのは事実。「出演者の皆様すみません」という感じでエンターテイメントを追及するTBSの偉いさんに感謝する声も多い。


特に注目なのがフジテレビ月9で初主演を務めた藤原さくら、ドラマーでヴォーカル、モデルや女優までこなす完璧な女性・シシドカフカも出演し、音楽の日とCDTV2016コラボ企画を大いに盛り上げる。

CnE_mrNUIAEZPpd


・CDTV×音楽の日2016 タイムテーブル



23:45~

湘南乃風
DRUM TAO

0:00~

aiko 
AKB48
A.B.C-Z
EXILE THE SECOND
きゃりーぱみゅぱみゅ
GENERATIONS from EXILE TRIBE
ジャニーズWEST
西野カナ
Perfume
ポルノグラフィティ
ユニコーン

1:00~
ガールズバンド企画
湘南乃風
東京スカパラダイスオーケストラ×さかなクン
Dream
Ami
秦 基博
Flower flumpool
三浦大知
RADIO FISH

2:00~
家入レオ
大原櫻子
欅坂46
chay
西内まりや
藤原さくら
BREAKERZ
miwa

3:00~
[Alexandros]
SKE48
NMB48
クリープハイプ
Crystal Kay
シシド・カフカ
SPYAIR
新山詩織

4:00~
藍井エイル
アルスマグナ feat.九瓏幸子
anderlust
℃-ute
GLIM
SPANKY
瀬川あやか
東京スカパラダイスオーケストラ×片平里菜
AAA
Brian the Sun
ふわふわ
Mrs. GREEN APPLE
モーニング娘。’16





公式サイト
http://www.tbs.co.jp/ongakunohi/



藤原さくらは1995年12月30日福岡県生まれの現在20歳。
福岡で活動していたシンガーだったが、上京し、福山雅治と同じ事務所アミューズに所属している。同じ様な経緯を持つ大原櫻子と比較すると、女優としての月9「ラブソング」はネット評価はあまりよくなかった。
maxresdefault (1)



大原櫻子の場合は女優として先に成功し有名で、後付けでシンガーになったが、それでも決定的に違うのは華の無さ。

ドラマで演じてたキャラクターのイメージが強いからかも知れないが、あまり間隔を空けずに、ドラマ・映画なりの女優としての仕事に恵まれれば、活躍の場は広がるチャンスはあるのかもしれない。

アーティストのシンガーソングライターとしての活躍は評価が高く
、作詞・作曲も本人がしていることなので、どちらかとゆうとシンガーソングライターよりも曲提供する方が向いているかもしれないが、アミューズ期待の新人に今後も注目したい。




そして、もう一人の注目の人物はドラムを叩きながら歌う女性シシドカフカ



シシドカフカ 本名・宍戸佑名(ししどゆうな)
022
1985年6月23日30歳
出身 メキシコ


ドラムの叩ける「ヴォーカリスト」のシシドカフカの名前の由来は、チェコ語でカラスを「カフカ」と呼び、カラス=カフカにしてシシドカフカにしたという。


生まれ育ったアルゼンチン・ブエノスアイレスでは、言葉がまったく理解できず、学校では「言葉の壁」で友人も出来なかったそうだ。「日本に帰りたい」とブエノスアイレスを楽しむことが全くできず、毎日塞ぎ込んでいた時にドラマに出会った。ドラムをたたいているとすべて嫌なことを忘れることが出来たそうで、学生時代の唯一の「親友」だったそうだ。



2chでのドラムテクニック評価は、大味で粗削り、叩ききれていない感じがすると酷評。これはリストや体を効率良く使うための筋力が、やはり男性に比べて劣るので仕方ないのだろう。シシドカフカがあるインタビューで「テクニック的な面で課題があることは自身でもよく理解している」ようなコメントが記事になっていたので、拘りを持ちながらもドラマーとしての実力云々より、叩くことそのものを楽しむことを優先にしているのだろう。

Cl0EJtVUkAET3tV


「自分が楽しむことが周囲を楽しめせる」



女性ドラマーは近年増えてはいるが、まだまだシシドカフカ以上の知名度はない。辛口で当たるのではなく、暖かい目でシシドカフカの活躍を見守りたいものだ。






1:

1: