8月14日に発表されたSMAP解散。

8月18日にはSMAPメンバーである稲垣吾郎が自身のラジオでSMAP解散について初めて本人の口から言及した。しかし、その内容は解散に至った経緯、木村拓哉と香取慎吾の不仲報道についても全く触れず、当たり障りのない内容。




「SMAP解散しても応援してほしい」と、ジャニーズ事務所が用意した定型文を読んで(読まされ?)それ以上触れることなく、番組は終了した。そして、今夜放送されたキムタクのラジオでも、本人の口からSMAP解散について、FAXでのコメント発表以降、初めて本人の口から言及された。


内容はラジオ冒頭に「みなさんこんばんは、木村拓哉です。今回はSMAPの件でみなさんに辛い思いをさせてしまって、ほんっとうに申し訳ない気持ちです。ぼくと同じで今まで生活の一部、人生の一部としてSMAPと関わってきてくれたみんなに、今、ほんとうに言葉が見つかりません」と謝罪。


この冒頭部分以降は、別日に収録されたものが放送されている。聞いた感じでは、今までのキムタクの声ではなく、「解散をメンバー、キムタク自身はけっして望んでない」と感じさせる印象を受けた。メンバーを裏切ったような報道がされているが、キムタクにとっても辛い決断なのがうかがえた。





・SMAP解散の原因

キムタクがSMAP独立が決まっていたのを、突如残留したことで他のメンバー4人と対立する形になってしまったと報じられている。


本日放送されたミヤネ屋では、SMAP解散発表したときに香取、草なぎ、稲垣、中居がジャニー喜多川に会いに行ったという。中居はスケジュールの都合で、年内の活動休止を提案したが、一緒に行った香取が「休むより解散したい」とジャニーさんに伝え、草なぎと稲垣も香取に同調して「解散したい」と伝えたと報じられている。
CqG4bPaVYAAzMzN (2)


キムタクと中居は一時活動休止にして、いつか「SMAPとして活動できたら」と思っていたという。そして、キムタクは「SMAPとして活動したい」と意志を伝え、年内で活動休止と言うことを了承して、夏休みに入り、ハワイへ。その行動に、香取の不満が生じ、「解散したい」気持ちが強くなってしまったようだ。中居は、寝耳に水で反応に困ったようだが、メンバー3人のことを尊重して、解散に同意したという流れ。

キムタクは解散することをハワイで知り、相当ショックを受けているという。

現在は帰国しており、本日のラジオでSMAP解散について報告したという流れになっている・



この報道が本当なら、25年一緒に頑張ってきたのに、一時の怒りで喧嘩解散とは残念すぎる。香取は時が経って、冷静になったら、「取り返しのつかない事をした」と後悔することは間違いない。


・ジャニーズ事務所によるねつ造報道説


Cp2YC-KUkAATpr6

実は、「SMAP5人とジャニー喜多川が会談した」ということ事態がウソの可能性が浮上している。


この会談を報じたのが新潮。
内容は、8月10日午後4時から1時間半、SMAPとジャニー喜多川が会っていたという。しかし、実は、ジャニー喜多川はABC-Zコンサートに17時開演前頃、目撃情報がたくさんツイッターで報告されている。コンサート会場内は撮影禁止な為、写真などの証拠はないが、SMAPファンでないABC-Zファンからの報告なので、信ぴょう性が高いとされている。





要するに新潮は、ジャニーズ事務所による情報操作の報道をしていることになる。





この一件はSMAPファンだけでなくジャニーズファン全体に広まり、2chでも拡散され、報道の矛盾を指摘し炎上している。大体、事務所幹部との会談内容や極秘収録がなぜこんなに詳細に表に出ているのか。この気持ち悪さにファンでない方も気づいて欲しい。





1:

1: