2016年8月21日(日)放送、NHK「リオオリンピック◇男子マラソン(中継)」
21時15分~24時00分


カンボジア代表でリオ五輪男子マラソンに出場する猫ひろし。

「自国では出場枠に入れない」という理由で「国籍を変えて他国の出場枠から出る」という荒業にでた猫ひろしが本日、夢だったオリンピックの舞台に出場。出場枠を埋められたカンボジアの国民は複雑な気持ちだと思うが、他の国で国籍を変えて出場している例は多く存在する。けして、ルール違反ではないので、出場することが決定しているという事は、絶賛に値する立派なスポーツ選手の一人といえよう。


02


猫ひろし(本名・瀧﨑邦明)は1977年8月8日千葉県生まれの日系カンボジア人で現在39歳。
WAHAHA本舗所属のお笑い芸人。身長147cm、 体重45kgという小柄の体形だが、昔から足が速く、今でも毎朝ジョギングを行っているという。過去にはTBS「オールスター感謝祭」赤坂5丁目ミニマラソンで4回優勝するという芸人の中ではトップクラスのマラソンの実力者だった。



本格的にマラソンを始めたのが2010年の東京マラソン。
3時間以内での完走を目標にするも、あっさりと3時間を切ったことで、本格的にマラソン選手になることを決意。2010年12月「アンコールワット国際ハーフマラソン」3位という結果を残し、カンボジアのオリンピック代表を目指すために、2011年2月にカンボジアへの国籍変換の手続きを申請した。(国籍変更後も日本在住)


o0335047011305241104


・猫ひろしへの批判

特に一部の国などはオリンピックに命がけで出て、一生国に面倒を見て貰えるような所もあり、そういう方々の夢を奪ってるような感じがすると批判が多い。

猫ひろしがカンボジアを選んだのは「オリンピックに出たいから」という五輪目的だけで、カンボジアに貢献しようとは感じない。発展途上国で競技人口がいない国ならどこでもよかったんじゃないか?という考えがあったから批判を受けた。

02


しかし、国籍とか関係なく素晴らしい選手であれば称賛されるのがスポーツであるべき。



学生時代に陸上経験の無い、いわば普通の人間が、お笑いの仕事をしながらフルマラソンを2時間30分で走ることがどれだけ凄いことか。国籍を変えたことで、ネットではアンチの大バッシングの嵐の中で、凡人には想像もできない努力を重ね、挫折を乗り越え、実際に記録を残し、合法的な手続きを踏んで掴み取ったカンボジア代表。スポーツには勝負云々よりも「大切なこと」が有るということを改めて教えてもらったような行動力だ。



過去にはニュージーランドからラグビー日本代表になったリーチマイケル選手、中国からソフトボール代表になった宇津木麗華選手など他の国籍だった選手が帰化して日本代表になった例も存在する。日本の国技、相撲だって帰化力士は多数いる。


猫ひろしが芸人だからということでふざけているように見えるかもしれないが、国籍を変えてまで「本気」なのであれば周りが否定する理由はない。仮に、五輪出場後すぐに日本国籍に戻すのであっても、スポーツマンシップにのってルール上違反していなければ問題ないのだろう。



・猫ひろしの国籍はすぐ戻せる

猫ひろしは日本国籍を有していたので、簡易帰化の手続きをとることができる。

国籍法の第5条第三号、第五号、第六号の要件を満たせば帰化が可能(第8条第3号に該当するので、第一号、第二号、第四号は不要)。



・国籍法
第5条 法務大臣は、次の条件を備える外国人でなければ、その帰化を許可することができない。

一 引き続き五年以上日本に住所を有すること。

二 二十歳以上で本国法によつて行為能力を有すること。

三 素行が善良であること。

四 自己又は生計を一にする配偶者その他の親族の資産又は技能によつて生計を営むことができること。

五 国籍を有せず、又は日本の国籍の取得によつてその国籍を失うべきこと。

六 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法 又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを企て、若しくは主張し、又はこれを企て、若しくは主張する政党その他の団体を結成し、若しくはこれに加入したことがないこと。


第8条 次の各号の一に該当する外国人については、法務大臣は、その者が第五条第一項第一号、第二号及び第四号の条件を備えないときでも、帰化を許可することができる。

一 日本国民の子(養子を除く。)で日本に住所を有するもの

二 日本国民の養子で引き続き一年以上日本に住所を有し、かつ、縁組の時本国法により未成年であつたもの

三 日本の国籍を失つた者(日本に帰化した後日本の国籍を失つた者を除く。)で日本に住所を有するもの(※猫ひろしはここに該当)

四 日本で生まれ、かつ、出生の時から国籍を有しない者でその時から引き続き三年以上日本に住所を有するもの


参照wiki



普通の外国人に要求される第一号の要件=外国人として日本に5年以上住んでいることがない。(今も日本に住んでいるので、今すぐにでも帰化申請できる)


猫ひろしには胸を張ってオリンピック臨み楽しんでもらいたい。



※オリンピック結果はわかり次第追記します

猫ひろしは2時間45分55秒で139位(ビリから2番目)無事ゴールした模様。
 


1:

1: