8月23日、俳優の高畑裕太容疑者(22)が性的暴行をしたという事で、ネットが騒然となっている。


犯行を犯してしまったことは反省をし、法律にのっとって罪を償うべき。


しかし、2chでは「なぜ、40代の女性に性的暴行をしたのか?」と違った観点からこの高畑裕太の逮捕を見ている。実は、この逮捕直前の番組に女優の橋本マナミに告白し、酷いフラれ方をしていたことが発覚し、自暴自棄になってしまったのではないか?と噂になっている。




記事内容





23日、群馬県前橋市内のホテルで女性従業員に性的暴行をはたらき、けがをさせたとして強姦致傷の疑いで群馬県警に逮捕された女優・高畑淳子(61)の長男で俳優の高畑裕太容疑者(22)の“素顔”が垣間見れたのが、21日に放送された日本テレビ系バラエティー番組「行列のできる法律相談所」だった。

 過去の番組共演を機に高畑が「ひと目ぼれした」タレントが橋本マナミ(32)。約半年前に放送された番組で共演した際、橋本がキュンとする男性の行為について「お姫様抱っこでベッドに連れて行かれて、そのまま投げられること」と答えたのを聞き、「俺も昔やったことある。これは運命だ」と一目ぼれしたという。その後、さまざまな番組で「橋本マナミが好き」と公言していた。

 そこで、番組側が橋本を直撃。VTRでの出演となった橋本は「全然興味なくて。男として何も感じない」「お母さん(高畑淳子)しか浮かばない。お母さんが見える」と笑顔でバッサリ。
bandicam 2016-08-23 21-50-12-627


 また、「一度、食事だけでも」と聞かれた橋本は「2人で? お酒がおいしくなさそう」と追い打ちをかける。

 さらに、高畑の電話番号を渡されると「え、私はかけない」と拒否。「メールだけでも」と追いすがるスタッフに「嫌です」と即答。「友達としてもないかな」と高畑を徹底的に拒否し続けた。
bandicam 2016-08-23 21-50-31-189

「テレビ的にキツく言っているだけですよね?」と番組側が確認すると、橋本は「ガチです。本当にないです。タイプじゃないんですよね~」「私は好きな人にしか触らせたくない。(高畑には)あんまり触られたくない」と、とどめを刺した。
bandicam 2016-08-23 21-50-22-274

 この橋本とスタッフのやりとりを見た共演者は「激フラれ」「ほんと心の底から“なし”って感じ」と散々の感想を言い放った。高畑も放心状態で落ち込んでいた。

 それでも、MCでお笑いコンビ「フットボールアワー」の後藤輝基(42)から「じゃあ、2番目に好きな人は?」と問われると、「じゃあ、沢尻エリカさん」と隣に座る沢尻エリカ(30)を懲りずに指名。

 日本テレビ系24時間テレビドラマスペシャル「盲目のヨシノリ先生~光を失って心が見えた~」(27日21時ごろ~)で共演し、この日も番組宣伝のため一緒に出演していた沢尻は、一瞬顔をひきつらせた。後藤の「どうですか?」の問いに、懲りない高畑にあきれながらも笑顔であの伝説のセリフ「別に」で応じスタジオの笑いを誘った。

 番組内では沢尻の大人の対応に救われた高畑だったが、今回の逮捕を受け共演したドラマは“お蔵入り”の可能性もある。そうなると“エリカ様”も笑って許してはくれないだろう。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160823-00000042-tospoweb-ent

e910091a

高畑裕太は1993年9月13日東京生まれの現在22歳。
父親は一般の会社員、母親は女優の高畑淳子。姉に女優・高畑こと美、兄妹で芸能人という一家。2015年の映画「永遠の0」、NHKドラマ「まれ」での演技が高評価で、バラエティー番組にも多く呼ばれるようになる。



犯罪者の肩を持つわけではないが、やはりフラれ方にも問題があるのではないだろうか?



橋本マナミは番組の演出上面白くしようとしたのかもしれないが、真剣な相手に対して、とことん愚弄するような言葉を投げつけている。



通常の人間ではトラウマになるような発言の連発。
そこまで言わなくてもいいと思わせる発言に、更に男として見ていないなど自尊心を傷つける言葉はあまりにもひどい。そういう橋本マナミの発言、行為により高畑裕太が憎みの感情が生まれ、犯罪が生まれた可能性がある。


だから高畑裕太だけが悪いわけではなく、橋本マナミにも落ち度はあるのでは?と物議を呼んでいる。まあ、そんな酷い振り方とかしてくる橋本マナミを好きになった高畑裕太が結局悪いのだが、言い方というものがある。



・高畑裕太は発達障害

高畑裕太は発達障害の疑いがあるので、相手の反応を真剣にとらえてしまい、演出?を理解できず過激になっていった可能性がある。


冷めた瞬間相手を憎み、女性を物のような扱いをしてしまい豹変していったのだろう。



・ 橋本マナミは炎上商法


過去にはノブコブ吉村に口説かれたと暴露しネットを騒がせて炎上商法で売れていった。
2015年日本テレビ「24時間テレビ37 愛は地球を救う」のコーナー「朝まで生しゃべくり007」に登場した橋本マナミは、「平成ノブシコブシ」の吉村崇に口説かれたことを暴露した。

Cp2wC0PVMAEOFPn


 橋本は吉村と過去にあったやりとりを詳細に告白し「私、重いですよ」と答えたところ「じゃあ、1回でいいから」と口説いてきたという。案の定、ネットは炎上。


吉村はバッシングされ、橋本マナミは一気に名前が売れていった。こうゆう商法は、相手を傷つけることを理解していないのだろう。吉村は「破天荒キャラ」なので、イメージダウンにはつながらなかったが、高畑裕太は俳優。イメージもあり、まだ20代の精神的に未熟な青年。いくらバラエティー番組だからといって、断り方に問題があるだろう。





高畑裕太には「ハッキリ言ってあげないと勘違させてしまう」発言だと思われるが、それならもっと説明してあげないといけないだろう。

曖昧な答えにすると勘違いしてしつこく言い寄ったりしてしまう経験があるのかもしれないが、いずれにしても高畑裕太のような子には酷なもの。きちんと説明してあげないと、納得できずに傷つくだけ。



これから社会がどうやって受け入れていくかが課題だろう。
所属事務所のホームページからプロフィールが消え、ブログ、ツイッターも消えたことで、事務所解雇もあり得る。お酒の過ちだからといって犯罪はいけないこと。しかし、社会的制裁は不幸を呼ぶし、被害者は増える一方だろう。


1:

1: