2016年8月27日(土)放送、日本テレビ系「24時間テレビ」
「愛~これが私の生きる道~」




毎年、日本テレビで行われている日テレのボランティア番組「24時間テレビ」2016

今年のテーマは「愛」
 
「家族愛」「夫婦愛」「仲間への愛」「友への愛」「亡き人への愛」それぞれの「愛のカタチ」をテーマに番組構成されている。



進行サポート役の高畑裕太が逮捕されたことで、急きょ予定されていたコーナー、ドラマ内容が変更になったが、無事、放送を終えることが出来た。ある意味、他の出演者同士の結束が強くなっただろうし、ネットでも「どんな仕上がりになっているのかな」と見てみようと思った人が多かったようだ。

CqhdvN7UAAEAF0o


本日の番組タイムテーブルでは、16時ごろに放送予定のオリエンタルラジオとダウン症の少女が一緒に「PERFECT HUMAN」を踊るという企画が予定されている。
CqtO4e0UsAAk63D


オリラジを中心に結成された「RADIO FISH」は2016年2月13日放送されたフジテレビ「ENGEIグランドスラム」で「PERFECT HUMAN(パーフェクト ヒューマン)」を披露したところ、ツイッターやネットが騒然になった。


藤森慎吾がヴォーカルを担当し、中田敦彦の弟でダンサーの「FISHBOY」を含め6人で活動している。YouTubeの公式タイトル「【公式】PERFECT HUMAN 歌詞ありver.【オリラジ】」の再生数は4200万回を突破し、勢いはとどまることを知らない。





この「PERFECT HUMAN」で今年「再ブレイク」を果たしたオリラジだが、24時間テレビの企画でダウン症の少女、倉川朱夏(しゅか)ちゃん7歳に「パーフェクトヒューマン」を躍らせて、批判殺到している。

avi_000467512

倉川朱夏ちゃんの母親は、生後二日目で「朱夏(しゅか)ちゃんはダウン症です」と診断されたという。さらに2cmの心臓に7mmの大きな穴が開いていることを知らされ、生後すぐに危険な手術をすることを伝えられた。
avi_000463393

それを聞かされた母親は、「この子をちゃんと育てなければいけない」という責任が生まれたと同時に、朱夏ちゃんを抱きかかえてあげることが出来なくなってしまったという。小さな体で3時間の大手術を無事乗り越え、今ではダンスが大好きなこともあり、オリラジがダンスで応援するという企画になった。
avi_000497532



しかし、「PERFECT HUMAN」(完璧な人間)を意味する曲のタイトルとダウン症との組み合わせという企画に「障害者をバカにしている」と批判が殺到している。


・24時間テレビの批判


毎年のことだが、「出演者のギャラの問題」「障害者を見世物にしてる」という意見があり、多くの人が疑問を持っている。

2013年の24時間テレビではAKB48とダウン症の少女たちのコラボが放送され、ネット上で物議をよんだ。ダンスが好きで、AKB48が本当に好きならば、子供たちは嬉しかったと思う。しかし、健常者のAKB48と踊ることによって、ダウン症の子の踊りが比較されてしまい、「健常者と違う」という視聴者に印象を与えてしまった。


Cq2-0cBUEAE8aHi


実際に当人達が望んで参加しているのか?

彼女達の意志がダンスを望んだことなのか?が疑問があるし、障害者は見せ物ではない。
同じような境遇のダウン症がいる家庭や障がい者本人たちが、本当に勇気をもらえているのか?健常者にはわからないことかもしれない。



「ダンスをみんなの前で披露したい」「テレビに出たい」と7歳の朱夏ちゃんが本当に望んでいるのであれば、一緒に出演する彼女たちにとってはいい経験なる。なかなかこんな経験はできないし、ダンス練習もしているので、披露した時には達成感も得ることができ、彼女たちの今後の自信に繋がると思われる。




さまざまな意見もあるが、最近の24時間はやりすぎなのは事実。

今回の24時間テレビは、下半身不随になった12歳の奏仁くんに富士登山させたり、片腕の少女に新潟県の佐渡海峡40kmを遠泳リレーさせたりと、無理やり感動させ、募金を強要してるかのような感じさえ受ける。募金はあくまで善意であり、視聴者から募金を募る理由も感じられない。

同じようなダウン症の子たちがパーフェクトヒューマン(何の障害もない完璧な人)を踊る姿をみることに不満を感じている人は多いのは事実。「障害を訴えるやり方」を変える事ができたのに、それでも放送した24時間テレビに批判が集まっているようだ。


1:

1: