2016年9月5日(月)放送、フジテレビ系「バイキング」
11時55分~13時45分


阪上忍がMCを務めるバイキングで世間を騒然とさせてる高畑裕太の事件について外国人軍団と討論バトル。


フジテレビのバイキングは、討論形式にしてから視聴率が上がってきているようで、ワイドショーな番組になっている。坂上忍は、どんなつもりで高畑裕太の事件を取り上げているのか知らないが、被害女性がいるのにも関わらず、高畑裕太の事件を連日取り上げ、「テレビ関係者に迷惑をかけた」「業界は損失は甚大」「この大事な時に何をしてる」と批判を繰り広げ、被害女性より業界の心配ばかり。


CqwiI7-WEAAkKit



そして今回の放送では高畑裕太の母親の謝罪会見について討論された。


bandicam 2016-09-05 12-42-48-925

外国人軍団のフィフィは「必要ない」という意見に対し、坂上忍は必要と反論した。



・高畑淳子の謝罪会見が必要ない派



成人している高畑裕太が何をしようが、高畑淳子があそこまで長時間の会見をする「意味」がないと指摘。高畑淳子自身が芸能人だから会見しただけで、本来ならメディアの前に出てくることすらする必要ない。


まだ、容疑の段階で、被害女性という存在がいるのだから、会見をしても批判を浴び、マスコミのネタにされるだけ。実際に被害女性の方に対する謝罪よりも、「仕事関係の人に謝罪している」と批判されている。(被害女性に謝罪すべきは本人)
CqwiI79WAAAO9MT


責任はすべて本人であり、親はすでに「他人」であり、責任も何もない。





・高畑淳子の謝罪会見必要派


芸能人だからこそ、謝罪会見が必要。
能人だからことサンドバッグになり、公の場でマスコミから叩かれる必要がある。高畑裕太の事件で、親である高畑淳子が、まるで「何事もなかったかのように」バラエティ番組に出演したら、それを見た視聴者はどう思うのか?



息子が逮捕されているのに、「既に成人しているので私には関係ありません」という理由で会見をしない方が、どれだけ激しい批判に晒されることだろうか想像を絶する。高畑淳子がそのまま女優を続け、ドラマに出続けたりすれば、テレビ局にクレームが殺到、テレビ局や他出演者にも迷惑がかかる。


芸能人はイメージで商売している。
そのイメージに対し、スポンサーである企業が多額のCM料を支払い、そのおかげで芸能人は高収入を得ている。息子のための謝罪会見ではなく、高畑淳子自身が今後も芸能活動を続けていくために、謝罪会見の場を用意して「ボコボコに叩かれるところを敢えて見せる」必要がある。





・被害女性への配慮


フィフィは高畑淳子の会見を「必要ない派」であり、母親なのでどうしても息子本位な思いが出過ぎてて、被害女性への配慮がないという意見。何より「仕事関係者に謝らなければ」、ばかりになってしまっているので必要ないという意見。
bandicam 2016-09-05 12-52-05-612

「自分」と「仕事関係者」のことが第一優先で、質問されるがままに答える高畑淳子。
「被害女性やその家族が見たらどんな気持ちになるか」と配慮を求めて、「再犯しないように」反省しなければならないと指摘した。


高畑淳子の謝罪会見について、外国人軍団はほとんど「謝罪会見は必要ない」という意見で、日本人(バイキング出演陣)が会見が必要という意見になった事に、フィフィは被害女性に対し、配慮がない日本人の根底が2次的被害を広めていると指摘した。
bandicam 2016-09-05 12-51-55-876


視聴者の結果は55%が必要と答え、日本人は被害女性の配慮より、公の場で謝罪するという意見が多い結果となった。

bandicam 2016-09-05 12-53-56-465



1:

1: