2016年9月5日(月)放送、TBS系列「好きか嫌いか言う時間」
働け!ニートSP
19時56分~20時57分




今回は、テーマはニートはなぜ働かないのか?

改善方法が見つからない56万人いるというニート問題。野宿ニート女子、ギャンブル歴30年ニート、山奥集団生活ニートとさまざまな理由でニート生活を謳歌するニートが終結し、ブラマヨ吉田、山里亮太らが大説得する。




・ニート問題


ニートとは、身体的に働ける状態にあるにも関わらず「働かない人」のことをさす。働く意思があり、求職中は厚生労働省の提議によれば「完全失業者」と呼ばれている。、「パート」「フリーター」「非正規」「アルバイター」などは無職ではないので,ちゃんとした社会人。


多くのニートは、精神に問題を抱えている人も多く、精神が未熟で身体だけ大きくなってしまった人や人間関係で精神的にダメージを背負ってしまい、「何も」やる気が起きなくなった人などが多い。

ニートをしている人は、親のスネをかじりながら生活しているにも関わらず、社会経験が乏しく、親に対しては強気な発言をする。そんなニートに育てた親に責任がある場合もあるが、学校を含め、ブラック業界の多さ、ニートを産み出しやすい社会になっているのも事実。社会で居場所を失い、居場所を失った人物に「冷たい視線を向ける」人にも、大きな問題があるとされている。



ニートといっても色々なケースがあり、ひとくくりには出来ない問題。


「自分の子供だったら追い出す」という考えで、無責任に追い出す親は、犯罪者を生み出す可能性があるため現実的ではない。親は子供の心を理解し、ニートから抜け出すよう寄り添い努力をすることが「親の役割」でもある。




・ニートと引きこもりは違う


「収入がないのに働く意志がない人」が「ニート」の定義になるが、けして家に引きこもっているわけではない。「引きこもり」は、働いていないのはもちろん,家の外に出てこない(1日中ネットをして過ごすなど)。

ニートの中でも一番危険なのが「引きこもり」ニートとなる。(改善の見込みが厳しい)


ニートは日本国憲法の3大義務である「勤労」と「納税」の義務に反し、ニート生活に満足してしまっているのが問題。中年ニートが増えているのは、失業手当も支給され、実家暮らしなんで家賃不要なものだから、貯金が尽きることもなく、遊びまわることが出来る。

最初は「少し休んだら、また就職するか」と思っていても、ついダラダラとニートを続けてしまう。ようやく、前の会社での重圧から解放されたと遊び回り、そろそろ就職しようと焦りに変わったときには、なかなか職に就けずそのままニートを続けてしまうもの。



今回はニート生活を楽しんでいる「野宿ニート女子」ギャンブル歴30年ニート」「山奥集団生活ニート」が登場した。
CrLcadeVYAAntCI

CnS2QTXVUAA7j_i

自称アイドルというIWAMIさんは、家なしでホームレスの状態でアイドル活動をしている。年齢非公開のIWAMIは、アイドル活動と称し、ビラを配って「募金」というなの資金援助を求め、その資金で生活しているという。多い時には1日10万は稼ぐことが出来るので、現在の生活に満足しているようだ。

しかし、ホームレスということで野宿で生活することは行政による違法行為。
その違法行為を続けてることをIKKOを指摘すると、IWAMIさんは「IKKOはどんだけ~パクったんですよね?」といきなり喧嘩を噛みつきだした。
bandicam 2016-09-05 20-14-52-892

パクリは否定したが、あまりにも失礼なIWAMIの態度にネットが炎上している。





1:

1: