2016年9月7日(水)放送、フジテレビ系「モシモノふたり」
22時00分~22時54分



年商1600億の旦那・西村拓郎と結婚した神田うのとアンガールズ田中のお試し同居。


年商100億ブランド会社を自身でも運営し、デザイナー兼経営者として活躍する神田うのがセレブな生活を紹介。世界的デザイナーのコシノジュンコを招いた衝撃レベルのセレブ女子会に潜入する。




神田うの(本名・西村うの)は1975年3月28日神奈川県生まれの41歳。
父親が旧通産省の元技官という官僚の娘として生まれる。幼少の頃からバレエを習い、周囲の人間からいつも「姫」と呼ばれてきたそうだ。


そのせいか、思ったことを口に出してしまうKY「空気が読めない」性格は、幼少の頃から身についてしまう。一緒にバレエを習っていた友人に「なんであの子は踊り方が汚いの?」と悪気もなく傷つけてしまう発言をしたり、クラスで委員長をしていた時には、いじめられている子を見て「イジメられる原因は、すぐ調子に乗るのが原因だと思う」と、相手の気持ちを考えない発言をしてきたという。


0a187d52-s



14歳になると、169cmという長身が芸能事務所の目に留まり、スカウトされ芸能界デビュー。
常に思ったことを口にする「ワガママなキャラクター」がバラエティー番組でうけ、多くの番組に出演するようになっていく。しかし、本音をしゃべり過ぎてしまうため、仲良しの美川憲一とコンビでよくワイドショーを騒がせていた。





そんな神田うのを射止めたのが、パチンコチェーン店オーナーの西村拓郎。

02
02

西村拓郎の家系は会津藩出身で、父親は元国家警察。不動産会社やプロ野球球団(現日本ハム)を所有した後に、パチンコ業界に参入した年商1600億円の超セレブ婚と言われている。日拓グループの御曹司であり、現取締役社長・西村拓郎はパチンコチェーンといっても、首都圏にある20店舗は、すべて自己所有地(駅前の一等地)その凄さは並みではないのがわかる。

03



年商1600億円と言うのは年間の売上高。
グループ会社の儲けは、100億円弱ほどで西村拓郎の年収は、数億円といわれている。実質的にはもっと自由に使える資金はあるだろうが、会社内部のことは外部の人間にはわからない。


パチンコ業界では、マルハンの韓社長が一番で、資産2500億円といわれているから、それだけパチンコ業界は儲かるのだろう。


今夜の放送では、一般庶民感覚に近いアンガールズ田中を、世界的デザイナーのコシノジュンコを招いた「セレブ女子会」に招き入れ、セレブの世界を紹介される。


1:

1: