9月9日、世間を騒然とさせた高畑裕太が不起訴・釈放された。

この事件は、各局のニュース、ワイドショーでも高畑裕太の事件の行く末、容疑の段階で裁判も始まってもいないのに「判決はこうなるだろう」「実刑は免れない」とあれほど連日、専門家と言われる人達も含め、騒いでいたのは何だったのか。


既に「罪人扱い」で放送されて、今まで聞いたこともないコメンテーター、松本人志や上沼恵美子などの大物芸能人が公の場での批判。非常に影響力を持っている人物からのコメント、一度ついてしまった悪いイメージを払拭することなんて到底出来ない。

bandicam 2016-09-09 14-47-21-413


確かに不起訴・示談したからといって無実ではない。



しかし、高畑裕太側の弁護士が発表した高畑裕太のコメントから、起訴されても無罪を主張する意思が発表されている。


内容

「ゴウカン致傷は被害女性が告訴がなくても起訴できる重大犯罪であり、「悪質性が低い」「犯罪の成立が疑わしい」との事情がない限り、起訴は免れません。(起訴に至らなかったのは)悪質な事件ではなかった、仮に起訴されて裁判になっても「無実」を主張したと思われます。以上のことから不起訴といたった可能性があると思います。」


bandicam 2016-09-09 14-47-22-144


この事件が「悪質な事件」ではなかったことを意味する。



高畑裕太は被害女性に今までの人生、これからの俳優生命を絶たれ、多額の示談金を支払った。ここで、もし、本当に高畑裕太容疑者が潔白なら逆に女性を訴えるのではないのか?という疑問が生じる。





・高畑裕太の現在


9月9日、前橋警察署から勾留から釈放された高畑裕太はマスコミの前で謝罪。30秒頭下げてその後、車に戻る最中、記者のなげかけた言葉「被害者の方に一言」の言葉に、険しい表情を見せた。それはまるで、誰かを睨みつけるような「恨み」をもった表情。2chでは「反省してない」「記者を睨んでる」という反応が多かった。
Cr5ZA7wUMAAWmr5



しかし、この事件が弁護士が言うように合意が真実なら、「高畑裕太は仕組まれた犯罪」計画的に嵌められたことになる。本当に「合意」だったので、記者からの「被害女性に何かひとこと」の投げ掛けの「被害女性」というワードに、なにかひっかったと考えられる。「否定したいが出来ない」葛藤を考えれば、あの表情は納得いく。だから、高畑裕太は堂々として現れたのだろう。
Cr5qopuVUAAW6Qv



大手弁護士事務所の東大卒の女性弁護士は、被害女性とされる側に「ケンカを売るような補足説明」をしたのは、むしろ裁判をして、無罪を証明したくてしょうがないとしか思えない。


2chでは、高畑裕太側からの損害賠償請求か?という噂まで出てきている。

しかし、調べてみると、示談後の訴訟は難しいようだ。



・示談成立すると事件について詳細を語ることが出来ない

「示談」が成立するという事は、相手の被害女性が示談金で納得していること。これ以上、この件について「一切喋らない」との文言が入る。示談が成立した以上、今回の弁護士のコメントが全てになってしまい、結局事実は闇へと葬り去られた。示談内容は明かされることが出来ないので、被害女性とどんな「契約」を結んだのか、真相は判らない。



それは、高畑裕太も同じで、この件を一切触れることが出来ないし、被害女性と示談(この事件はお金で解決)したので、蒸し返して「騙された」と訴えを起こすことも出来ない(示談する際に、誓約書がある。)


被害女性が弁護人の「合意という認識」という公言に対して訴えを起こすことも出来ない。示談とは双方の和解になるので「これでこの事件は水に流す」という意味。


起訴勾留20日以内に必ず示談で決着すると思っていたが、案の定の結果。



これは、世間で悩んでいる多くの性的被害女性に対する冒とく。

真相は明かされることがなくなったが、高畑裕太の人生は戻すことはできない。世間にいる被害女性が、今回の被害女性のような人物ばかりだと思わないでもらいたいものだ。




1:

1: