2016年9月15日(木)放送、テレビ朝日系列「アメトーーク!」
23時15分~24時15分


ダチョウ倶楽部・上島竜兵の竜兵会が解散の危機に陥っているため、アメトーークで解散阻止できるか、緊急招集され、解散派と存続派の討論が行われる。



有吉をはじめ、劇団ひとりや土田晃之と人気芸人を輩出してきた「竜兵会」

CsR_Dp7UEAA2h_a
CsR_DW0UkAE3D_9

結成は土田晃之が発案で、太田プロダクションの芸人は、先輩後輩の繋がりがなく付き合いが一切なかったことに、吉本興業の芸人達のように「先輩後輩の繋がり」を持ち、同じ事務所同士で集まり、団結して頑張ろうと「竜兵会」を結成された。


結成当時は、太田プロで「偉い」基準が、芸歴ではなく収入順だったため、当時一番収入があった竜ちゃんがリーダーになったという。上島の事を土田が番組でボロカスに言うのは、お決まりのネタになっており、上島の芸風を後輩がイジられる構図は、一つのパターンになっている。


竜兵会の飲み会の様子を何度か番組放送され、有吉は猿岩石で売れた後、しばらく芸能界から消えていた時、竜兵会にお世話になっていた。この竜兵会で「毒舌キャラ」が確立されたといわれている。


mig

有吉はウッチャン、さまぁ~ず、土田、劇団ひとり、おぎやはぎ、バナナマンと実力者の援護もあって再び浮上。立場が逆転してしまった有吉、土田晃之は「竜兵会」の「解散を考えている」解散派、存続派の劇団ひとりとそれぞれの思いを打ち明ける。



有吉は笑いコンビ「猿岩石」、劇団ひとりは「スープレックス」というコンビ名で太田プロの社長のところに一緒に挨拶にいったので、二人は同じ日に太田プロに所属になった同期。有吉は太田プロに所属する前、吉本のオール巨人師匠の弟子、劇団ひとりは学生時代から芸能活動をしていたので、本来の芸歴は若干違うのだが、事務所に一緒に入ったので同期として公表している。


仲がいい二人が、竜兵会の存続で対立。


売れない時代の一番苦しい時を支えてくれた竜ちゃんをはじめ、竜兵会はホームグランドである事は変わりはない。恩を仇で返すような反旗を翻す有吉達。有吉は番組で「最終的な目標はダチョウ倶楽部のリーダーになりたい(ジモンは辞めてもらう)」と言っていたので、有吉を筆頭に新しい軍団を立ち上げたいのだろう。

gnf0904200504000-p2

はたして、解散は回避できるのか、放送内で明かされる、


・メンバー

上島竜兵【社長】《豚の死骸》
肥後克広【副社長】《しぼりカス》
土田晃之【広報部長】《理屈しゃくれ》
有吉弘行【チンピラ社員】
デンジャラス ノッチ【リストラ候補】《取り柄なし人間》
デンジャラス 安田【総務部長】《万引き》
ヤマザキモータース【庶務担当課長】《羽の取れた蛾》
インスタントジョンソン すぎ【新入社員】
劇団ひとり【独立成功のヤリ手社員】《おしゃれパジャマ1980円》
竹山隆範(カンニング、サンミュージック企画所属)
藤井宏和(飛石連休、サンミュージック企画所属)
乾き亭げそ太郎
島崎和歌子(ゴールデンミュージックプロモーション所属)

参照wiki



1:

1: