2016年9月16日(金)放送、フジテレビ系・金曜プレミアム・芸能界特技王決定戦TEPPEN 2016秋の陣【ピアノ新展開】
21時00分~22時52分



芸能界のピアノ自慢が集結し、ピアノの腕前を披露する「TEPPEN2016秋」

過去の優勝者のさゆり、元AKB48松井咲子、前回優勝の「こまつ」のほかに、新しい挑戦メンバーが参加しその頂点を目指す。


芸人さゆりは初代の優勝者であり、大阪音楽大学短期大学部ピアノ科に通っていただけあり、その実力は本物。優勝経験があるの元AKB48松井咲子は、決勝常連のピアノ熟練者。現役音大生でピアノを専攻しており、絶対音感の持ち主だ。

28099b88-s

前回優勝した「こまつ」は、楽譜が読めないのにもかかわらず、「聞いた音」をそのまま奏でることが出来るという「音コピー」でピアノを弾けるという特技を持っている。前回は、こまつが決勝で「ルパン三世」を弾き、僅差で松井咲子を破り、見事TEPPEN優勝に輝いた。


今回、この三人に太刀打ちできそうなメンバーは自称メロンアイドル・山口めろん、あたりが優勝するのではないかと注目されている。


山口めろんは年齢非公開のメロンアイドル。
_zSgnivP

大学時代にすかいらーくのアイドルユニット「SKL39」で芸能界デビューを果たし、事務所シャイニングウィルが手掛けるアイドルユニット「AeLL.SUBっ娘」のメンバーに抜擢される。解散後は、アイドルグループ「怪傑!トロピカル丸」メンバーになり、地下アイドル活動を続けていたが、2015年1月30日に「怪傑!トロピカル丸」が活動を休止。それ以降、メロンアイドルとしてソロ活動を続けている。

Cg0dUlBVEAAo8Bs

山口めろんは大学で上京した時に、授業で必要なピアノを中古で購入(未だにローンが払い終わっていない)その腕前は、ファンの間では一目を置かれる存在だという。(しかし歌は音痴)TEPPENのような大きな番組に呼ばれることが初めての山口めろんにとって、結果を出そうと必死なはず、今回の注目すべき人物になるだろう。


前回からルール改正があり、予選は課題曲6曲の中から1曲をミスをせず弾けるか競う。

なので、「エリーゼのために」のような一番難易度低いのに、それをゆっくり弾くとミスせず決勝にあがれるという問題点があったが、平等に審査できる方法として今年から改正された。



決勝では、審査員の前で、自身の弾きたい曲を披露。

ここではこまつは「ルパン三世」というインパクトの強い曲を選曲。決勝を争った松井咲子のピアノは、音大で学んだプロのテクニックなのに対し、こまつのピアノはアレンジの入ったポップテンポな曲で、圧倒的な存在感を示した。独学で耳コピという普通に習っている人達より、足りない部分があるのにも拘わらず、曲を忠実に再現できる才能を持っている。


最初のきっかけは、ドラクエの曲をテープに録音し、鍵盤を一音ずつ叩きながら確認して1ヵ月かけて「耳コピ」したという逸話を持っている。なので、最初から聞いただけで曲を覚えられる「サヴァン症候群」とは違い、努力で手に入れた音感といえる。

01

そんな天才に立ち向かう山口めろんの貧乏アイドル魂がTEPPENとることが出来るか注目したい。

1:

1: