2016年9月18日(日)放送、日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」
19時58分~20時54分



「イモトアヤコの妹分」森山あすか「世界の果てまでイッタっきり」inカナダ


今年の6月26日に初登場した森山あすかが再びイッテQに再登場。今回のミッションは3mを超える「巨大だこ捕獲」に挑戦する。



イモトは現在、イッテQ登山部で標高3,970mの「死の壁」と称される「アイガー」に挑戦中。2015年7月の放送では、北米大陸最高峰「マッキンリー」に挑戦して見事制覇して、世間を注目させた。

マッキンリーとは違いアイガーは岩壁を登る難しさから 標高以上の技術を求められる、難易度を誇っている。最低でも数ヵ月かけて体を慣らす必要があるので、現実的には登山の仕事に集中しないと待っているのは「死」のみ。

03

イモトはテレビ局の万全のサポートを受けているが、けして簡単に制覇できるものではない。



そんなイモトがいない間、イッテQをサポートするために呼ばれたのが森山あすか。



f38fed86

森山あすか(本名・森山明日香)1996年4月20日広島県生まれの現在20歳。
イモトと同じワタナベエンタープライズ出身の芸人だ。芸人3ヵ月という経歴で、いきなりイッテQに出演でき、前回の放送で強烈な個性を発揮し、視聴者にインパクトを与えた。


森山あすかの父親は、サンフレッチェ広島で活躍した元サッカー選手、現在は16歳以下日本代表の監督を務める森山佳郎。幼少の頃からピアノを習っていたというお嬢様として育てられてのだが、イモトをテレビで見て「イモトみたいになりたい」と芸人の道を選んだという。イモトをリスペクトしているあまり、キャラクターもよく似ている「姉妹」のよう。
Cl39ltDVEAAQwNC

森山あすかが、何かしゃべった後に「嘘で~~~す!」と、叫ぶネタを披露。
石崎Dは「面白くない」としながらも、イモトと似ている雰囲気があるという理由から森山あすかを大抜擢したようだ。


CsXZZ7UUIAAm5O9



前回の森山あすかは、竿や網を使わないで「ナマズ」を生け捕りにするという世界一危険な漁「ヌードリング」に挑戦した。イッテQの名物ディレクター・石崎に「ダメ出し」を受けながらも、奮闘し、見事生け捕りに成功した。

Cl3-pt6VEAAqaCt


今回は、ジョージア海峡には3mを超えるタコを狩猟。
1mを超えるタコが多く生息するカナダのバンクーバー。今の時期にはもっと深いところにいる巨大ダコが繁殖とのこと。なので、メスを求めに上がってくるため、3mを超えるタコが狩猟可能になっているという。

前回同様、「目標を達成するまで帰れない」というルールで行い、果たして森山あすかは巨大タコを捕まえることが出来るのか、今夜の放送で明かされる。



1:

1: