2014年に行方不明になった埼玉県朝霞市の女子中学生を誘拐監禁した、寺内樺風(かぶ)が3月28日に逮捕されてから、9月27日初公判が行われた。


寺内樺風(かぶ)容疑者は、女子中学生を監禁する際、部屋を外から施錠して監禁。父親の経営する「e防犯.com」の商品を使っていたと考えられる。(現在、父親の会社のホームページは閉鎖・倒産したと思われる)


監禁・誘拐して逮捕された寺内樺風(かぶ)の実家は、大阪府池田市にあり、寺内樺風は防犯グッズを使用し、監禁に利用していたとワイドショーなどでは報じられてきた。
実際にどうだったのかは、寺内樺風本人が供述していなかったで、真相は判らなかったが、本日の初公判で、2年間の監禁を一部否認するという「監禁の事実」ないことを主張した。



4a9185bd-s


記事内容

埼玉県朝霞市で少女(15)を誘拐し、2年余り監禁したなどとして、未成年者誘拐や監禁致傷などの罪に問われた大学生、寺内樺風(かぶ)被告(24)=東京都中野区東中野=の初公判が27日、さいたま地裁であり、被告は起訴内容の一部を否認した。検察側は、少女が一度逃げ出したが、助けを得られず「絶望した」とする少女の供述調書を朗読した。

寺内被告は、誘拐などについては認めたが、監禁致傷については「2年間にわたって監視していた意識はない」と述べた。

検察側が読み上げた少女の供述調書などによると、少女は2014年3月に連れ去られて約1カ月後、寺内被告の外出中に無施錠の玄関から逃げ出した。公園で女性ら2人に助けを求めたが「忙しいから無理」などと取り合ってもらえず、「絶望した。他人が怖いと感じるようになった」という。翌日からは外鍵をかけられて外に出られなくなった。

一方で、15年1月ごろ、閲覧制限がかかっていないパソコンの使用を許され、自分の名を検索して両親が捜していることを知り、「絶対逃げよう」と思うようになった。今年3月27日に逃げ出した際は、日曜日で自宅に家族がいると思い、勇気を振り絞ったという。被告に対しては「一生(刑務所から)出てこないでほしい」と求めている。

 検察側は冒頭陳述で、寺内被告が誘拐の2年余り前から女子中高生を監禁したいと考え、下校中の中学生らを尾行していたと指摘した。被害少女宅の植木鉢に書かれた名前から少女の名を把握するなどし、14年3月10日に「(少女の)両親が離婚する」とうそを言って車に乗せて誘拐。約2年間にわたって、千葉市や東京都中野区の自宅アパートで監禁し、少女に重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせたとされる。監禁中、「私は捨てられた」と繰り返し書かせたり言わせたりし、玄関の外側にかんぬき錠を取り付けるなどしていたという。

弁護側は起訴内容は争わないとした上で被告の精神鑑定を求め、認められた。(小笠原一樹)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160927-00000088-asahi-soci




・寺内樺風の経歴


2011年に千葉大学に入学。
2013年7月にワイドショーでも取り上げられたFacebookに飛行機との写真を公開。9月にアメリカ・カリフォルニア航空学校で飛行機ライセンスを取得。その頃に監禁していたと思われる大学付近のアパートに引っ越している。

e9bb0316-s

2014年3月、埼玉県朝霞市で、女子中学生を拉致監禁。
2016年2月25日、就職のため中野区アパートに引っ越し。
2016年3月27日、寺内樺風が秋葉原に出かけている時に女子中学生が脱出。
3月28日、逃亡の末、寺内樺風逮捕。


寺内樺風は大学在学中はとてもまじめで、飛行機の勉強をよくしていたという。
ライセンス取得には最低200万円かかるので、アルバイトをしていない寺内樺風では出せない金額、親に出してもらった可能性があり、とても裕福な家庭なのがうかがえる。


3effc87f-s


・寺内樺風のこれまでの流れ

失踪する2日前の3月26日、寺内樺風と女中学生が、近所で話しているところが目撃されている。監禁中、少女に外傷はなく、食事もまともにとっており、失踪したときと比べて痩せてはいないことが判っている。


寺内樺風が住んでいたアパートは、壁の薄いアパートで、近隣住人は「まさか女子中学生がいたとは思わなかった」と語っていたことから、暴力・虐待などの行為は一切なかったことが考えられる。


寺内樺風は授業の多い大学の工学部に通い、就職活動もしていた(これまでにも、女子中学生がしばらく帰ってこれないという事が何度かあった)


本日放送されたフジテレビ「グッディ」では、被害女性の女子中学生は洗脳されていたのではないか?と報道されていたが、洗脳されていたかどうかは証明することが出来ない。寺内樺風が「監禁した」ことを否認するという事は、最初は誘拐だったがその後、女子中学生の意志で「居座った」可能性もあることになるだろう。


寺内樺風には精神鑑定を求められているので、事実なのかはっきりしないが、一部否認したことが「事実になる」と、謎が残る事件となるだろう。




1:

1: