2016年10月4日(火)放送、日本テレビ系「さんま御殿」3時間SP
19時00分~21時54分



元モーニング娘。でリーダーを務めた新垣里沙が旦那の小谷嘉一とテレビ初登場。

今年の2016年6月、モー娘。卒業後、女優として活動する新垣里沙がブログに「7月に俳優の小谷嘉一と結婚する」ことを発表。。小谷嘉一とは、モー娘。卒業後の舞台「絶対彼氏。」に2013年に共演。この共演がきっかけで交際に発展し、2年間の交際、結婚報告という形になった。

03

しかし、結婚ほやほやの二人が早くも離婚寸前?をさんまに暴露。いったいに新垣里沙になにかあったのだろうか?




新垣里沙は1988年10月20日神奈川県生まれの現在27歳。
女性アイドルグループ「モーニング娘。」の5期メンバーで2001年8月26日に加入。7代目リーダーを務めた。
05

・他の5期メンバー

高橋愛 (2011年9月30日卒業)
紺野あさ美 (2006年7月23日卒業)
小川麻琴 (2006年8月27日卒業)
新垣里沙 (2012年5月18日卒業)




新垣里沙は、12歳という最年少でモー娘。に加入。
モーニング娘。の大ファンだった新垣里沙は、憧れの先輩メンバーに囲まわて活動することに誇りを持っており、モーニング娘。への思い入れは誰よりも強かった。

しかし、それと同時にメンバー史上最悪な状況に置かれたのも新垣里沙だった。当時、モー娘。はメンバーファン同士の対立が酷く、新しいメンバーには必ずと言っていいほど「アンチ」が沸いた。

新垣里沙は、モー娘。加入前にモデル経験が有ったというだけで、「コネ疑惑」が2chで浮上。
それを知ったファンが落ちたメンバーや他のメンバーと「扱いが違う」と思い込み、誹謗中傷や風評被害を流した。


アンチはライブ会場で誹謗中傷を書いたプラカードを掲げていた。視力の良い新垣里沙の目には、とても正視できるような内容ではない酷いプラカードの内容も入っていただろう。


その酷い仕打ちは12歳の新垣里沙にはとてつもなくつらい出来事。
新垣里沙が派生ユニット「タンポポ」加入して頑張ってもすべてをファンが否定。幼い時の誹謗中傷はとても耐えがたいものなのに、それでも笑顔で頑張り、乗り切れたのは他のメンバーには無い「モーニング娘。への熱い思い」があったからなのだろう。仕事に関する事での主張、意思を伝えるが、新垣里沙自身の事についてはあまり表面に出さず、内に秘めるタイプだったので、ストイックに自分を追い詰めていた。
06


新垣里沙はいつでも笑顔を絶やさず、常に前向きに明るく頑張り、いつの時代もどんなポジションにいても、先輩メンバーから学んだこと、しっかり未来を見つめ続け、7代目リーダーに選ばれた。


高橋愛、新垣里沙のリーダー期を「プラチナ期」とファンの中では呼ばれており、メディアへの露出は減ったものの、ライブは精力的に続けパフォーマンスを鍛え続けた。その結果、ハイクオリティのダンスを見せるアイドルへと進化。



新垣里沙伝説(モーニングドリーム)を築き上げたメンバーでモーニング娘。最大の貢献者といえる。

02

そんな新垣里沙も7歳年上の小谷嘉一と結婚。
小谷嘉一は1999年、第12回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでベスト6入りしたモデル。ミュージカル「テニミュ」で2代目河村役を演じたイケメン俳優。敬愛する先輩・安倍なつみは、同じ舞台で知り合った山崎育三郎と結婚。奇しくも新垣里沙も小谷嘉一とは舞台で知り合い、結婚した。
01

幸せいっぱいな夫婦生活と思いきや、小谷嘉一の言動や行動に不満が爆発。スピード離婚する寸前まで爆発寸前な新婚生活を送っているそうだ。今夜のさんま御殿ではたまりにたまった不満を爆発。それに小谷嘉一が反論するも「聞き捨てならない発言」にさんまも思わず「もうそれ以上喋るな!ボロが出る!」と止めに入る場面も。離婚は回避できるのか?今夜の放送で新垣里沙と小谷嘉一との赤裸々な新婚生活が明かされる。





1:

1: