2016年10月11日(火)放送、日本テレビ系「今夜くらべてみました」
23時59分~24時54分




今回の「今夜くらべてみました」は「本厄な女」


元フィギュアスケーターで現在37歳の村主章枝が出演し、結婚について占いで「婚期は8月」と出ていたのに女性と交際してしまったことで、婚期を逃していることを反省。さらに週刊ポストでは袋とじのありのままの姿を公開したり、迷走気味の村主章枝の隠していた私生活を赤裸々に暴露する。





村主章枝は1980年12月31日千葉県生まれの現在35歳。
父親がパイロット、母は客室乗務員をもち、3歳からアメリカアラスカ州でスケートを体験したことがきっかけで、フィギュアスケートを目指すことになる。妹は元プロスケーターの村主千香。



村主章枝の戦績は、ソルトレイクシティオリンピック5位、トリノオリンピック4位。2003年GPファイナル優勝。2002年・2003年世界選手権連続3位、2006年世界選手権2位。四大陸選手権優勝3回、全日本選手権優勝5回という女性日本最年長のフィギュアスケートとして活躍していた。


c86b6243

長野五輪後~トリノ五輪頃まで村主章枝は、常に国内トップレベルの選手。

当時、スケート連で絶大な力を持っていた強化部長・城田憲子のバックアップもあり、村主章枝は特別待遇で練習を行い、ライバルであった荒川静香のコートをしていた佐藤コーチ夫妻(浅田真央を育てた)を村主章枝に担当させている。




しかし、荒川静香は2006年2月23日、トリノ五輪フィギュアスケート女子シングルで荒川静香が1位となり、大逆転で総合優勝。荒川静香は引退したが、天才・浅田真央が頭角を現し、村主章枝はこれ以降、不遇の時代を過ごす。



浅田・安藤・鈴木・村上が世界選手権の出場をかけて争うの時代に突入。
年齢的に村主章枝がこれ以上、体力も技術も伸びることはないのはわかっていても、現役続行し挑戦してきた。若手に追い越されて、ランキングも大会での順位も落ちても現役選手でいることにこだわり、村主章枝の独特の美学を貫き、自分が納得するまでは辞めなかった



そして2014年11月13日、33歳というフィギュアスケートでは珍しい30代という高齢で引退。
03


代表という重圧から解放された村主章枝は、2016年4月に週刊ポストで発売された袋とじに、自身の一糸纏わぬ姿の写真画像を披露し、大きな話題となった。なぜ、このような写真をOKしたのかいまだ心境は語られていない。
bandicam 2016-10-11 22-07-22-621

アウトデラックスの公開お見合いでは「15年彼氏がいない」ことを告白し、「女性経験はないが、興味はある」とレズビアンをカミングアウトして話題になった。


・アウトデラックスでは3人の男女とお見合い

01

●真弓瞬(オナベ)

カブトムシうゆかりの高校の先輩である真弓瞬さん(29歳)は、女性で恋愛対象は女性の「オナベ」堀越高校に通っていたそうで、鈴木杏や長澤まさみと同級生だったという。番組内で初恋相手は「長澤まさみ」と告白し、スタジオが騒然となった。
現在はカフェでアルバイトしながら、舞台出演する芸能活動を行っているという。


●JURI

JURIさん(39歳)は、ミラクルひかりとイベントを通じて親交があったレズビアン。マツコ・デラックスの古くからの知り合いで、現在はイベントのDJをしながら新宿二丁目でバーを経営しているという。


結果はJURIさんと交際をスタート。
02

しかし、レズビアンではない村主章枝は、やはり結婚をしたいようで、破局してしまったようだ。番組内では、結婚に向けて婚活しながらも、アニメとコスプレにハマっているという私生活を公開。週刊ポストの袋とじの件や村主章枝の危ないアウトすぎる私生活を赤裸々に暴露する。



1:

1: