10月27日、昭和天皇の実の弟である三笠宮崇仁親王殿下が薨去(こうきょ、意味は皇族、三位以上の方が亡くなられたときに使用される)された。心配されるのはご高齢になられる天皇陛下。生前退位の意向を示した時期だけに、崩御することで退位、承継者が即位することになる。


現在の制度の変更がなければ、佳子さまの弟にあたる悠仁親王の皇位継承権は現在3位。
一位は皇太子・徳仁親王、二位は秋篠宮文仁親王になる。


皇族男子は誰でも順位に違いはあっても皇位継承権があり、それが無くなるのは死去した時か、皇族の身分を離れた時(皇籍離脱)だけ。



皇室典範11条1項では、王については本人の意思で、また2項では親王については「やむを得ない事情」の場合に皇籍離脱となる規定がある。(ただし、皇太子はこの規定に当てはまらばう)



現天皇が生前退位、皇太子・徳仁親王が存命なら徳仁親王が天皇になる。

また徳仁親王が死去していた場合は文仁親王が天皇になるが、2人とも死去または皇籍離脱していた場合に悠仁親王が天皇になる。



現時点で将来、天皇を約束された悠仁親王の姉に当たる佳子さま、眞子さま。

眞子さま佳子さまは、悠仁親王が誕生したことで、女性天皇になる可能性が極めて低い。そのため、いずれ民間に嫁いでいき、皇室を離れることになる。

眞子さま内親王殿下の彼氏や結婚相手は、ご本人が選ばれた男性には庶民である我々が文句をとやかくいう問題ではないが、どうしても家柄・財産・本人の職業地位などを勘案される。


眞子さまは、女性自身に彼氏をスクープされており、佳子さまも現在交際している彼氏が「相当チャラく、破局した場合、リベンジポルノされないか心配されている。


2bd533e4


記事内容

「高校時代には他校の男子生徒とおつきあいされていたことがあると聞いております。佳子さまの女友達の紹介で知り合った男の子で、デートはおふたりというわけにはいかないため、お互い友人数人を連れて、カラオケ店などでデートしていたそうです。その際、隣の部屋に警護のかたが待機していたみたいで、“皇族は恋をするのも大変なんだなぁ”という印象でした」


http://www.news-postseven.com/archives/20150401_312459.html


佳子さま02


佳子内親王
生年月日1994年12月29日現在21歳


経歴・略歴

1994年(平成6年) 12月29日 - 誕生。身長50.5センチ、体重2766グラム。同日賜剣の儀。
1995年(平成7年) 1月4日 - 命名の儀。父の秋篠宮文仁親王により、「健康であるとともに素直で思いやりがあり、心身とも佳(よ)い子に育って欲しい」との願いから佳子と命名される。
2001年(平成13年) 4月 - 学習院初等科に入学。
2007年(平成19年) 3月 - 学習院初等科を卒業。
4月6日 - 学習院女子中等科へ入学。
11月 - 紀子妃の公務に初めて同伴した。

2010年(平成22年) 3月 - 学習院女子中等科を卒業。
4月6日 - 学習院女子高等科へ入学。
2013年(平成25年) 3月22日 - 学習院女子高等科を卒業。
4月 - 学習院大学文学部教育学科へ入学。
8月 - アメリカマサチューセッツ州ボストンへ短期留学(同年9月に帰国)。
2014年(平成26年) 8月 - 31日付で学習院大学を中途退学。
10月 - AO入試で国際基督教大学(ICU)に合格。
12月 - 成年皇族となる20歳の誕生日である29日に今上天皇より宝冠大綬章を授与され、宮中三殿に参拝するなどして成年皇族としての一連の儀式を行った。
2015年(平成27年) 4月 - 国際基督教大学教養学部アーツ・サイエンス学科へ入学。


参照wiki


佳子さまが交際していた彼氏。

佳子さま05

「佳子さまは笑顔を浮かべながら、長身のイケメン男子学生2人と仲良さそうに話されていました。しばらくすると、佳子さまは、そのイケメンたちと一緒に学食へ向かわれ、しょうが焼きなどが入った500円の日替わり弁当を買って戻ってこられました」(居合わせた学生)


「佳子さまは“両親にサークル活動をさせてもらえない…”とお友達に漏らされているようです」(学習院関係者)
週刊ポスト


佳子さまが入学したICUでは水泳必修科目になっているようで、水着姿の佳子さま「ビキニ姿見れる」とツイッターで話題になっていた。学習院で交際していた彼氏とは、どうなった現在はわかっていないが、変な別れ方をしているとリベンジポルノされないか?心配されている。


佳子さまをよく知る関係者の話によると、現在の彼氏候補は「佳子さまの女友達の紹介で知り合った男の子で、デートは二人というわけにはいかない」ので、カラオケ店などでデートしたり、LINEでやりとりしているようだ。


女性自身の記事では、佳子さまはご学友とのイベントに積極的に参加。男性も交じって居酒屋にも参加しているので、男性と二人きりにならないように警備の人が目を光らせているという。


佳子さまの同級生だった人物のツイートでは、彼氏はチャライ印象を受ける。





佳子さまは、いつか民間に嫁ぐことを前提に、教育を受けている。


結婚による皇籍離脱をせず、皇族の公務をする可能性もあるが、2014年10月20日産経新聞の報道によると、「結婚で皇籍離脱した元女性皇族にも、閣議決定で皇室の公務ができるようにする」とのことなので、現在は「結婚して皇族でなくなっても、皇族の公務ができる」というようになっている。


だからこそ、佳子さま眞子さまには、相当ハードル高い相手でないと国民が納得しない。
内親王がご成婚されるお相手は、何をおいてもまず家柄、血筋が第一条件。

眞子さまも気を付けなければいけないが、佳子さまは高校時代に交際していた彼氏にリベンジポルノされないかだけが心配だ。



1:

1: