2016年11月4日(金)放送、TBS系列「爆報!THE フライデー」
19時00分~19時56分



1984年に放送された戦隊シリーズ「超電子バイオマン」
幼い子供は戦隊ヒーローのアクション戦闘に憧れを抱いて真似事をしたりする。そんな、人気人気を誇ったイケメン戦隊ヒーローS坂元亮介の現在を特集。坂元亮介は、食道がんに侵され、ステージ4の余命1年宣告をうけていた。


坂元亮介05

坂元亮介の嫁は元女優で、現在は収入ゼロに生活に陥っていた。入院費や生活、さらに坂元亮介の看病のほかに、生活費を稼ぐためにバイト生活で1日の睡眠生活が2時間という過酷な生活を送っていた。



いったい、坂元亮介にあったのか?

爆報THEフライデーでは、坂元亮介の余命宣告を受けた闘病生活に密着。その真相にせまる。



坂元亮介04



阪本良介(本名・坂元亮介)は1959年8月20日神奈川県生まれの現在57歳。

幼少の頃から両親の影響で日本舞踊を習っていたことで、14歳で名取・17歳で当時最年少での若柳流の「師範名取」になるという才能をみせた。

一般で上手い人でも、師範名取になるには、最低10年以上はかかる。(花柳流には普通部と専門部があって試験もあり、きっちりと制度が確立されている。)それが噂になり、芸能界にスカウトされ、1978年にTBSドラマ「明日の刑事」で俳優デビューを果たす。


阪本良介が知名度が上がったのが、1984年スーパー戦隊シリーズ「超電子バイオマン」の出演。子供に人気シリーズとなった戦隊ヒーローだが、女性戦士役の女優も男性ファンに注目されていた。
坂元亮介03


前作「科学戦隊ダイナマン」からアニメ的要素が盛り込まれ、異色の作品となった超電子バイオマンだが、ファンには好意的に受け止めている。


大怪人をレギュラー戦隊が毎回倒すという、様々な面で従来のシリーズと変えて来て時期に、悪く言えば超電子バイオマンは「定番通り」のヒーロー。その、翌年の「電撃戦隊チェンジマン」にはインパクトが負けているが、作品としては評価が高い。


阪本良介は、その後も舞台を中心に俳優を続け、幼少のころから続けていた日舞正派若柳流の師範にもなっており、「若柳良介」としても活動していた。


・阪本良介の食道がん

坂元亮介02


食道がんや喉頭がんに共通しているが、初期症状がわかりにくい。
タバコを吸う喫煙者は食道がん、咽頭がん、肺がんに喫煙によりリスクが高まる。初期には大きな塊を飲み込んだときの「なにか引っかかり」に違和感の感じから始まり、だんだんと小さなものでも、水分でも違和感を感じる。気が付いたら、食べ物が「飲み込みにくい」というその症状が出た時には、進行癌であることがほとんど。ステージ3以上の可能性が高い。



・阪本良介のステージ4の余命宣告

今年の8月に「電撃戦隊チェンジマン」共演者の牧野美千子がブログで、阪本良介が食堂がんであることを公表。


牧野美千子と坂元亮介
坂元亮介01



阪本良介の食道がんの症状は、具体的には公開されていないが既にステージ4の末期がん。切除不能な食道がんに対し、化学放射線療法などを実地し効果があったが再び腫瘍増大、化学療法を行ったとしても効果なしだったなどが挙げられる。



食道がんでステージ4は手術不可。

ステージ4は、骨や他の部分にもがんの腫瘍が転移しているという症状。となると積極的治療の手段はないと考えられる。



従って行われる治療はすべて症状緩和を目的とする医療なる。


阪本良介を番組の予告動画で見ると、現在の症状は歩行不能、もしくは困難な状態。なので、胸水貯留による呼吸苦などが考えられる。


胸水については、胸水を抜くことで呼吸苦が改善することが出来る。
肺転移や肺気腫などが呼吸苦の場合には、胸水を抜いても症状が改善しないので、それらの処置を行わなければならない。


ステージ4のがんだと、身体の痛みが出てくるので、モルヒネ(オピオイド)で痛みを取ることで末期の生活の質を大きく向上させることができる。しかし、ステージ4の食道がん場合余命は1年にも満たないのが現状で、余命5年生存率は僅か5~10%。


抗がん剤を投与してがんの痛みを和らげても、手術で治ることが出来ない。かといって入院するにもお金がかかる。


がんの種類や進行具合によって異なるが、通常の入院手術代で約100万円程。
勿論それを全額自費で払う人はいない。健康保険を使えば国が3割負担してくる。収入によっても異なるが、高額療養費を申請すれば更に安くなる。病院にもよって違うが、入院中の食事代、差額ベッド代は含まれないので、1ヶ月約10万円程はかかる。(個室はもっとかかる)



阪本良介は多分、我慢強い人だったので発見が遅れたと考えられる。

あとは、精神的な支えしか残っていないので、主治医の指示に相談しながら余命生活を送るしかない。
緩和ケァ治療を受け、モルヒネの使用するとがんの心配は不要だが、胸水は苦しいので、費用は掛かってしまうが医師に何とかして貰うしかない。



;阪本良介のように食道がんにならないためには


食道がんは胃カメラと同時に見えるので、胃カメラで発見できる。
保険適用だと胞検含めて約1.5万円。 カメラだけなら数千円で検査できる。(肝がんはCTかMRI)

大抵の人は、事前に血液検査で疑問が出てから検査をすすめられるので、保険適用がほとんど。胸部なら単純X線、頭部と腹部はほとんどCTかMRI。 そこで「怪しい」となったら生検(がん細胞の存在を調べる細胞診)もありえる。

がんが心配で自費検査なら、PETだと首から下すべてを検査で費用は10~15万円程度。
皮膚がんは皮膚科で目視検査して、怪しかったら生検は行わず、大きめに全切除することが多いようだ。

なので、健康診断をちゃんと行ってくれる病院ならな、毎年うければがんの前兆を発見してくれる。




今夜の爆報フライデーでは阪本良介の闘病生活に密着。
収入ゼロになってしまった、元女優の嫁との私生活の実態に迫る。



1:

1: