イギリスのウィリアム王子の弟、ハリー(ヘンリー)王子に新恋人メーガン・マークルとの交際を認める声明文をケンジントン宮殿が公式に発表した。


2011年に結婚したチャールズ皇太子の長男ウイリアム王子の弟であるハリー(ヘンリー)王子は、今年で31歳。そろそろハリー(ヘンリー)王子も結婚という噂は色々あったが、ようやく?アメリカ人でトップモデルであるメーガン・マークルとは真剣交際とのこと。


しかし、相手がアメリカ人だからなのか、メーガンマークルのTwitterには誹謗中傷する書き込み「SNSでのあからさまな性的差別や人種差別」などの嫌がらせを受けているようだ。





メーガンマークル03



メーガン・マークル(本名・Rachel Meghan Markle)
生年月日1981年8月4日

出身 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス

2002年にソープオペラ「General Hospital」で女優デビュー。多くのドラマや映画に出演し、「新ビバリーヒルズ青春白書」では旧ビバヒルから設定を現代として新たにした高校生のラブコメが人気になり、日本でもシーズン3まで公開され人気にあった。
メーガンマークル01


メーガンマークルとハリー王子の2人が結婚となれば、メーガンマークルが王室入りすることになる。王室に限らず、極少数のトップは誰とでも交際できるわけではないので、付き合いが狭くなりがちで、相手を選べないのは仕方のないが、イギリス国民は不満があるようで、メーガンマークルのSNSには誹謗する書き込みが増えてしまっている。
メーガンマークル02




・ハリー(ヘンリー)王子とは
メーガンマークル05

19世紀には7つの海を支配した超大国イギリスの王・女王。(アメリカも元はイギリスが作った国)王家としては歴史も長いが、地球上最古の王室である日本の皇室より短い。日本の皇室と比べると離婚や恋愛はかなり自由なので、スキャンダルが絶えない。


本来は、王の子だから王子、王の孫なら王孫。なので、ウィリアム王子もヘンリー王子も王孫。

イギリスでは、王族の男子は軍隊に入る事を奨励されており、ヘンリー王子は名門のサンドハースト陸軍士官学校を卒業後、近衛師団に入隊。
アフガニスタン戦線にも従軍。とても国の王子にさせるとは思えない危険な作戦にも参加している。
メーガンマークル04

その後、攻撃型ヘリコプターのアパッチの操縦資格を取る為にアメリカで訓練を受け優秀な成績を修め、ヘリ・パイロットとして「またアフガニスタンに行きたい」と語っていた。


ヘンリー王子にとっては叔父にあたるアンドリュー王子(エリザベス女王の次男)は海軍士官で、現在は退役。英国の国益を広める為の色々な仕事に就いているが、海軍時代はフォークランド戦争に参加、危険な実戦体験を経験している。(エリザベス女王の旦那のフィリップ殿下は海軍元帥、長男のチャールズ皇太子は海軍大将、娘のアン王女は海軍中将など)




ヘンリー(ハリー)王子は生粋の軍人で陸軍中尉。

国民にとってはガラが悪いイメージが強いが、底抜けに快活で、周囲の人には好かれているようだ。兄貴のウイリアム王子は一般大学を卒業(修士号)、サンドハースト陸軍士官学校も卒業。現在は空軍の大尉でヘリコプターのパイロット。危険な救助作業もこなしている。



英国にはNobless Oblige(ノブレス・オブリージ)という伝統があり、Nobless高貴なものたちは Oblige社会に対する義務がある。


普段は広大な敷地のお城で育っているが、国に有事や緩急があれば(戦争の場合など)真っ先に駆けつける「騎士道精神」を兼ね備えた人物といえる。



素行に問題があるといっても一国の王子。
メーガンマークルも女優としては成功を収めているが、果たして結婚までいくのか忠告したい。



1:

1: