2016年11月10日(木)放送、フジテレビ系「アウト×デラックス」
23時00分~23時30分





伝説のアイドル番組「夕やけニャンニャン」で活躍した。片岡鶴太郎
現在は芸術家として様々な賞を獲得するほど高い評価を受けており、最近では書道家として活躍している片岡鶴太郎がアウトすぎる私生活を公開。

家を出発するまでに6時間もかかる「ルーティン」や激やせしてしまった理由の「一日一食」生活に迫る。



片岡鶴太郎01

片岡鶴太郎(本名・荻野繁雄)1954年12月21日東京生まれの現在61歳。


東京都立竹台高等学校卒業後、昔から憧れであった俳優を目指し、片岡鶴八に弟子入りし、アルバイトの土木作業員などの仕事をしながら、浅草松竹演芸場などの舞台に出演。全く売れていなかった片岡鶴太郎だったが、才能を理解してくれた座長の娘と結婚。

片岡鶴太郎が24歳の時にフジテレビ「お笑い大集合」にモノマネ芸人として出演。当時は、漫才ブームだったこともあり、全く注目されなかったが、伝説の番組「オレたちひょうきん族」で披露した近藤真彦のものまねでブレイク。ほかにも九官鳥の「キューちゃん」や浦辺粂子、たこ八郎等の真似を披露。さらに現在のダチョウ倶楽部のネタ元になる熱いおでんを無理矢理食べさせられて大げさなリアクションを繰り出す片岡鶴太郎がうけ、知名度を広げた。

片岡鶴太郎04

この出演がきっかけで、「オールナイトフジ」「夕やけニャンニャン」などで下ネタを披露したり、寸劇コーナーがうけて、片岡鶴太郎は人気芸人の一人になっていく。


しかし、1988年突然のプロボクサーテストを受験。
当時ボクシングのプロテストの受験資格年齢は29歳までであったため、33歳(当時)の片岡鶴太郎はテストに受かっても出場できないのだが、日本ボクシングコミッション(JBC)に懸命に頼み込み「試合には出れない」ことを条件にテストをうけ、見事合格。この時期から、俳優への仕事にシフトしていった。


1988年、映画「異人たちとの夏」1991年のNHK大河ドラマ「太平記」など、横溝正史原作一連の推理ドラマに、主人公の探偵・金田一耕助役で毎年出演。俳優としても高い評価を受けた。



・芸術家への転身
片岡鶴太郎05

笑っていいともで共演したタモリに影響を受け、絵を描くことを始める。
岡本太郎とバラエティ番組「鶴太郎のテレもんじゃ」で共演したことから知り合い、岡本によってその才能を評価され自信を持ったことで、2003年7月から9月に「鶴太郎流墨彩画塾」、翌2004年4月から5月に続編となる「新鶴太郎流墨彩画塾」で講師を務める。


第24回産経国際書展「産経新聞社賞」受賞。
芸能人にも水墨画など絵画を教えており、2015年3月、書家として第10回手島右卿賞を受賞している。



・激やせした片岡鶴太郎

片岡鶴太郎03

片岡鶴太郎は食生活を一日一食にしていると2009年に出演した番組で公言。

その驚くべき食生活を告白した。内容はヘルシーな食事(グレープフルーツに胡桃に和定食のようなもの)太っていた時の片岡鶴太郎は1日5食を食べてたが、ボクシングを始めてから激やせ。その体形を維持するように、一日一食生活をはじめたという。



一日一食は、平気な人もいるし、三食食べて間食まで入れないと耐えられない人いるので、体質、個人差は大きいとされている。
ただ、三食、とくに朝食を食べないと健康に良くないという根拠はないようだ。(朝食を摂らなくてもかまわないという書籍は多く出版されている)


食事の頻度を変えても、食品のカロリー吸収率に変化はない。

人体は食品が持つ熱量を全て代謝出来ないが、それでも平均して95%程度の熱量は代謝可能。残りは吸収出来ない熱量や体表面からの放熱、常在菌の発酵、窒素排出等で利用出来ない熱量となる。


食事回数を変えると食事誘発性体熱産生(DIT)が増えるかというと、DITは食事回数ではなく総摂取カロリーに比例する。
なので、回数を変えてエネルギー消費量が増えるということはありえない。総摂取が同様であれば消費側にも変動はない。

つまり、総摂取カロリー、栄養摂取比率、生活強度が同様である場合、食事回数によって摂取側も消費側にも有意差という変化は起こらないので、一食と三食どちらでも一緒ということになる。


しかし、同じ量の食事を一日1回の場合と3回に分けた場合「1回の場合が太る」のが医学実験で検証されている。


3回に分け方を、夜を多くした方が太り、朝を多くした方が太りにくいのも検証されている。
人間の体は一日すべて同じ調子で動いているわけではないので、一日一食や二食で栄養摂取基準にのっとった食事をするのは非常に困難。食べたくないのであれば無理に食べる必要はないし、偏見や偏重した食習慣になれれば体型、健康管理には有益だろう。


今夜のアウトデラックスでは、片岡鶴太郎の激やせした一日一食の食事内容を公開。
さらに、芸術家と転身するまえに片岡鶴太郎がテレビで暴れていた頃の名シーンも放送。その頃の片岡鶴太郎の姿や、テレビ番組の強烈さを見てマツコや矢部も驚きのエピソードも公開される。

1:

1: