2016年11月14日(月)放送、日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」
21時00分~21時54分


今回のテーマは「強い母は本当に幸せなのか?SP」

オリジナルよりもカバーソングで世間に認知された「カバーソングの女王」May J.。
抜群の歌唱力をもっていたことで2014年ディズニーアニメ「アナと雪の女王」の日本語版のエンドソング「Let It Go~ありのままで~」をカバー。その実力をいかんなく発揮して、一躍注目の歌手の一人になった。



カバーアルバムやディズニーアニメでの躍進もさることながら、これまでに発表されているMay J.のオリジナル曲をいくつか販売しているが、どうしても、カバーソングのイメージが強く、カバーソングを歌っていないと「消えた」や「干された」とネットで噂になっていた。


そんなMay J.の母・橋本ホマさんに密着し、抜群の歌唱力を持つ歌姫を育てた秘訣を探る。


01

May J.(本名・橋本芽生)は1988年6月20日神奈川県生まれの現在29歳。
父親は日本人、母親はイラン人の橋本ホマさんとのハーフとして生まれる。幼少の頃からマルチリンガル(多言語)の家庭環境と橋本ホマさんの教育から英語、日本語、ペルシア語を話すようになっていたという。

3歳からバレエ、声楽、ピアノ、作詞作曲のみならず西洋音楽からアジア、中東民族音楽に至るまで幅広い音楽教育を受け、将来の夢は歌手になること。高校は日本の東京都調布市にあるアメリカ人向けに運営されている学校のアメリカンスクール・イン・ジャパンハイスクールに入学。すべての授業が英語で行われているので、May J.の語学力がどれだけ凄いかが伺える。ちなみに1つ上の先輩に青山テルマ。5年先輩に宇多田ヒカルがいる。



2006年12月20日に「HERE WE GO feat. VERBAL (m-flo)」で歌手デビュー。
しかし、オリコン最高順位が70位と振るわず、セカンド、サードと売り上げを落としMay J.はデビュー以来ずっと売れずに泣かず飛ばずだった。


転機となったのが、テレ朝「関ジャニの仕分け」でカラオケ採点の対決に出演。
May J.は26連勝という「不敗の女王」と番組が持ち上げられ、一気に注目を集める歌手に。視聴者から「カバーアルバムを出してほしい」というリクエストに応えて、カバーアルバムが発売される。だが、視聴者からのリクエストでカバーアルバムを2枚出したのに、世間では「カバーばかり出している」と言われ、「カバー歌手」、「他人のふんどし」などとネットで叩かれてしまった。
03



その後、ディズニー映画「アナと雪の女王」の日本語版の主題歌に抜擢。
アナと雪の女王では、松たか子が作品の中で歌っている曲なので、May J.が主題歌を公式に担当したことに、May J.を叩きたい人たちが必要以上に松たか子を持ち上げ、May J.がバッシングされた。


それでも、May J.はアナと雪の女王の「Let It Go~ありのままで~」のヒットにより、テレビやイベントに多数出演。過去に出演した「深イイ話」の密着ドキュメンタリーでは、リハーサルも含め、1週間に131回もLet It Goを歌っていたという。




このような過密スケジュールが続き、2014年の年末に体調を壊し、予定されていた東京・丸ビルのクリスマスツリー点灯式に出席し、喉の調子が悪いまま生歌を披露。しかし、予定されていた仕事なのでキャンセルもできず、「口パクはせずに生歌を歌った」ということで称賛されるべきことなのに、2chでは「プロ意識が足りない」と批判されてしまった。

02

そんな批判を受けながらも、May J.いつも明るく、笑顔を絶やさなかった。




現在では「消えた」や「干された」と囁かれているMay J.だが、そんなMay J.を陰ながら支えてくれているのが母親である橋本ホマさんだった。

04

橋本ホマさんは5秒に1回は笑うといういつも笑顔。自宅で英会話教室を開いており、その教え子の数は30年間でなんと5000人以上にもなるという。橋本ホマさんはイランの大学に在籍していたのだが、大学内で学力が1位になった事で、奨学金を受けることが出來た。


そのため、昔から行ってみたかったという日本に留学を決め、東京大学へ。大学院の建築の博士号を取得している。


大学院で勉強するようなことは、ほんとに専門の中の専門。

東大大学院博士の指導教授ですら博士号持ってるのは約半分(つまり博士号持ってない奴が博士論文を審査する。東大だからという理由で)理科系はちゃんと3年在籍したら研究成果にたいして論文出すが、文系の授与率は論文博士含めて約25%。博士後期課程授与だと10%と言われている。なので、橋本ホマさんの建築の博士号がどれだけ難しいかが理解できる。


05

そんな橋本ホマさんのこだわりは「誰にも相談しない」こと。
自分で決めた道は自分で切り開いてきたことで、May J.にもいつも笑顔で応援してくれたという。そこには、強い母である橋本ホマが口癖のように言っている魔法の言葉があった。


今夜の放送では、橋本ホマさんの教育の方法。
アンチに叩かれても負けないMay J.のような自信に充ち溢れたパフォーマンスができる女性にどうすれば育つのか、その裏側に密着する。

1:

1: