運命の日「11月23日」がいよいよ明日に迫った。


11月23日は「東日本大震災を当てた」と有名な松原照子先生が「日本崩壊の日」と予言した南海トラフ地震が起ると噂になっている日。


南海トラフ地震は、先日の11月19日11時に発生した和歌山県南部を震源とする地震が強く関係しているので、11月23日に南海トラフ地震が起るという噂になった地震の根拠、予測などを検証してしてみた。






■目次

南海トラフ地震が11月23日の噂の根拠
直下型とは
11月14日のスーパームーンが南海トラフ地震に関連している
鳥取地震と南海トラフ地震の関連性
目南海トラフ地震の震源地の予測

南海トラフ地震と未来人

南海トラフ地震が11月23日の噂の根拠


南海トラフ地震02


和歌山県で発生した11月19日の地震の震源地と南海トラフ地震が深く関連していることがわかり、11月23日に起こる地震の可能性が高くなったことで広まった。
実際に震源が和歌山県の広範囲であること、南海トラフ地震の予測は三重、和歌山~高知が震源が予想されている。


和歌山県の震度4という強震度でマグニチュードが大きく観測範囲が大きいこと。広い範囲で震度4での横揺れ型だったことで南海トラフ地震との関連性が強くなった。




そこに有名な予言者・松原照子さんが「魔の水曜日」の11月23日に地震が来ると断言。
mig

その偶然にしても、いろんなことが積み重なった結果、11月23日に南海トラフ地震が来るのではないか?と噂が広まったようだ。




直下型とは



直下型は地震の震源地が近いということ。




縦揺れは、日本の木造建築で柱と柱が合わさっている「ほそ」のつなぎのところが抜けてしまう恐れがある。つなぎが抜ければ柱でなくただの棒、そこに横揺れがやってくるので倒壊するという流れ。


そのほぞが抜けないように金具止めをしたり、横揺れは建物を振り子のように揺らすので、その横揺れで倒壊しないようにさらに柱と柱を斜めに「すじかい」を入れている。(マンションの地下駐車場のばってんの鉄骨の理由はそのため)


地震は縦揺れの後、必ず横揺れが起きる。



南海トラフ地震での被害が甚大ということになる。

南海トラフ地震01


11月14日のスーパームーンが南海トラフ地震に関連している



スーパームーン


地震が起きるそもそもの原因は、プレート断層のずれ。
普段は地球内部からの引力と地球の自転による遠心力が釣り合っているので、地震は起こらない。しかし、地球には昔からスーパームーン現象が起きてからの地震が起きる可能性が高くなっている。



地震が起きる原因の一つに太陽や月による引力のバランスが加わっている。



例えば、海で干満が起きるのは主に月による引力のため、なのでその力は地殻にも影響している。太陽や月による引力によって地盤がゆっくりと上昇した直後に、持ち上がった地盤が落下する過程で大地震が起きることが観察されている。

これが「スーパームーン」満月であることは研究されているし、太陽と地球の引力エネルギーは大きくなり、南海トラフ地震を起こすエネルギーに加算されているのではないか?と推測されている。




鳥取地震と南海トラフ地震の関連性





今年、10月に起こった鳥取県の地震。
鳥取県に発生した過去の地震で直近の南海トラフ(1944年東南・1946年南海)の活動に関係していると思われるのは1943年鳥取地震M7.2。


1983年に起こったM6.3地震・2000年の鳥取西部地震M7.3地震も関連している。
南海トラフはユーラシアプレートにフィリピン海プレートが沈み込んでいる部分が跳ね返る事で大地震なるので、関連していると被害が大きい。


先端部分は東海~近畿~山陰まで及んでいるので、これらの地域(阪神・淡路、長野北部など大地震が30年以内におこった地域以外)はいつM7級がおこるかわからない。南海トラフ大連動が明日11月23日におこるか、数年後になるかはわからないが関連はしている。


「鳥取県の地震で南海トラフ地震へ近づいた」とテレビに出演していた専門家が語っていたことから、ある周期性があり、それは無視できないので専門家としては情報を出すのが、社会的な責務だったと考えられる。

もし11月23日に南海トラフ地震が発生したら「どうして教えてくれなかったのか」と被災地区からは必ず苦情が出るはず。

およそ60年前の連続4大地震の時には、1945年の終戦前後にかけて4年連続で1,000人を超える被害者を出した4大地震(鳥取地震、東南海地震、南海地震、三河地震)が起きている。

南海トラフ地震はそれ以上に被害を出す可能性がたかいという裏付けになるだろう。



参照wiki


このように南海トラフ地震が11月23日に発生するかはわからないがが確率としては高いという事が素人が過去の地震を調べただけでも関連性が高いことが位置付けられている。



どんなに根拠を並べても、実際に起こってしまえばそれまで。



起らなければ、その並べた根拠は全て間違いという事ではなく「南海トラフ地震」が11月23日に発生しなくても「近い」という認識が必要になる。





ただ南海トラフに関してはまだ26年ほど先の事ではないか?と予測している学者がいる。




南海トラフ地震の震源地の予測




(相模湾・駿河湾・四国沖・日向灘)が上がっている。
「南海トラフの地震活動」については「多様なパターンの地震が発生」として、以下の4パターン
M9.1最大クラス(富士川から日向海盆まで)
M8.7(東海地域:遠州海盆・熊野海盆、南海地域:室戸海盆・土佐海盆が中心)
M8.5(南海地域:室戸海盆・土佐海盆が中心)
M8.2(東海地域:遠州海盆・熊野海盆が中心)


地震発生確率、10年以内:20%程度、 30年以内:70%程度、 50年以内:90%程度。


引用

現在の想定で、南海トラフ地震が発生すれば大阪は水没。
実際にはそういった役所の想定被害を遥かに上回った自体が発生する可能性がたかい。





南海トラフ地震と未来人




熊本地震を予言した2chに降臨したという「未来人」が南海トラフ地震を予言している。

未来人が南海トラフ地震は近々くると「5月17日」を指定。
だが、5月17日にはことなかったことで、未来人の予言説はデマであることが確定した。


しかし、南海トラフ地震の前兆と言えるのが熊本地震だった2chでは考えられている。

2chでは、南海トラフの潜り込みに対して陸側のユーラシアプレートが剥離を起こしかけていて、構造的に弱い中央構造線から裂けていると指摘。さらに、熊本地震で南海トラフを誘発するのではなく、陸側の地殻が弾性限界を超える寸前にまでストレスが溜まっていてその直前の現象が熊本~大分に表れていると注意を呼び掛けている。


未来人の5月17日の南海トラフ地震大予言は外れたが、その結果、2chでの検証スレでは以下のように関連性が高いという結論になっている。



南海トラフM9.2の巨大地震が発生すると、太平洋沿岸に30m超の巨大津波が発生し海岸を襲う。大阪市は和歌山県と淡路島の間が狭くなっていているが、5m超の津波が襲うと被害想定されている。もちろん地震の震度も6強であっても、多くの建物が破壊され火災も多数出る可能性が高い。


運命の日「11月23日」に南海トラフ地震が発生するのか、「備えあれば憂いなし」の考えで行動をした方がいいだろう。





1:

1: