2016年7月30日に放送されたフジテレビ「めちゃ2イケてるッ!」で極楽とんぼ・山本圭壱が芸能界に復帰を宣言。加藤浩次と共に「禊」として事務所の吉本非公認でライブ活動を行い、11月20日に正式に極楽とんぼの山本圭壱としてよしもとクリエイティブ・エージェンシーに復帰することが正式に決定した。


復帰にあたって山本圭壱はコメントをマスコミ各社に対し「一人でも 多くの方に笑って頂けるよう頑張っていきたい」と今後の意気込みを語っているが、2chではいまだ否定的な意見が多い。


復帰してもなお、山本圭壱に対して誤解が多いようなので今回は、なぜ山本圭壱が被害女性とされた10代の女性と事件を起こしてしまったのか、その事件の真相を紹介する。
山本圭壱05


■目次

山本圭壱プロフィール
山本圭壱の芸風
山本圭壱の被害女性との事件
山本圭壱は嵌められた?
山本圭壱の被害女性
事件後の山本圭壱
山本圭壱と高畑裕太



山本圭壱プロフィール



山本圭壱04

山本圭壱(本名・山本圭一)は1968年2月23日東京生まれの現在48歳。
お笑い事務所・吉本興業に所属していた「極楽とんぼ」で加藤浩次の相方。1996年10月にスタートししたフジテレビ「めちゃ2イケてるッ!」 の初期レギュラーとして活躍。山本圭壱にしかできない「油谷さん」や「相撲ライダー」など独特のキャラクターを多く生み出した。


山本圭壱の芸風





めちゃイケでの山本圭壱の立場としては元水商売でダンサーだったこともあり、コミカルな動きで笑いを誘い、コンビ芸としては、加藤浩次が突然「キレる」と、山本圭壱が止めに入り、そのまま二人の喧嘩になって、加藤の私物などを破壊するというパターンが好評だった。このパターンがめちゃイケでは「鉄板」になっており、山本がいなくなってからは、加藤とAKB48渡辺麻友の喧嘩バトルなど披露。山本圭壱が不在の10年間でもめちゃイケに貢献している。



山本圭壱の被害女性との事件


山本圭壱01


2006年7月17日、山本圭壱は萩本欽一こと「欽ちゃん」が監督を務める、野球チームの選手として参加しており、その前日の16日、地元の女性をナンパ。


その被害女性とされる女性が未成年の10代女性だったことを知らずにお酒の席に招待した。
山本圭壱は未成年と知らずに飲酒の強要、さらに被害女性との性的関係を持ってしまったことで、事件として扱われる事態になってしまう。


翌日、被害女性は交際していた彼氏に事情を説明。
被害女性の彼氏は激高し、被害女性は「被害を受けた」と北海道警察に被害届を出したことで事件が発覚し、未成年へのわいせつ容疑の条例違反として逮捕されることになった。このニュースが報じられた相方の加藤浩次は、事件の真相を全く知らずに「山本圭壱が逮捕された」という事だけ伝えられ、自身のレギュラー番組「スッキリ」で涙で謝罪する流れとなった。



しかし、山本圭壱は逮捕後、すぐに釈放になっている。

その理由としては弁護士を介し、被害女性との示談が成立していたこと。そして、警察は示談成立したので、「未成年淫行」の条例違反の罰金を支払ったことで釈放という流れになった。



だが、山本圭壱逮捕の事件が報じらた所属事務所の吉本は「専属マネジメント契約の解除した」を正式に発表。事実上の解雇となり、レギュラー番組はすべて降板。当然、めちゃイケも出演することが出来ず、芸能界を引退に追い込まれた。


山本圭壱は嵌められた?




2016年8月、俳優の高畑裕太がゴウカン致傷の疑いで逮捕されたが、多額の示談金を要求されながらも示談成立、ハニートラップに引っかかったという説が出回っている。高畑裕太の場合、文春の記事によると被害女性のバックには反社会勢力組織がついているので、はめられたことになるが、山本圭壱の場合は少し違う。



山本圭壱は被害女性が未成年という事を隠していたこと、さらに未成年の被害女性も、条例によっては深夜徘徊の罰則を受ける対象だった。なので、お互い条例違反をしていたのだが、山本圭壱は芸能人ということでニュースに大きく取り上げられ、さらに「未成年淫行」という容疑があったことで逮捕されることに至った。




しかし、山本圭壱は「未成年と知らなかった」という事はロンブー淳が、謹慎中の期間中に暴露しフォローしている。実際は被害女性の彼氏が関係を持ったことに激怒し、通報。

山本圭壱06

全部が山本圭壱の責任とは言いがたい状況の中、多額の示談金を支払い、条例に定められている罰則(罰金)を支払いながら、10年間も芸能生命を奪われる結果となってしまった。



山本圭壱の被害女性




山本圭壱の被害女性とされる少女は、週刊誌のインタビューに事件の全容を答えている。この行為は、高畑裕太の被害女性と同じ行為で。世間にハニートラップ説を強く印象付ける結果となってしまった。
山本圭壱03


示談は、加害者側に有利にはたらくわけでなく、被害者側のためのもの。
特に、性的被害者は裁判で状況を話さなければならないので、長期化する事で苦痛が続くため示談するケースが多い。


なので、示談は被害者の為のものとされている。


被害女性の心情としては、性的被害の後、インタビューに答え、公になるという行為は避けたいはずなのに、モザイク入りとはいえ容姿全体の写真を掲載。この行為は「無理矢理ではなかったのではないか?」と世間に知らしめる行為になるし、被害女性に有利に働くことは一切ない。考えられるのは、取材費と称し、多額のお金を受け取ったとしか考えられず、雑誌にペラペラ話すのはどうかと疑問視されている。








事件後の山本圭壱



芸能界を事実上引退に追い込まれた山本圭壱は、食品工場の広報担当、寺の修業(3日で逃亡)、さらには2010年、岡村が鬱で入院中に行われためちゃイケの新メンバーオーディションに参加したり、迷走を続けていた。


2015年になると芸人としてソロライブを開催。
HPを開設し、仕事の依頼を受け付けをはじめ、芸人として再始動を始めていた。2016年7月30日にめちゃイケに出演し、本格的に「極楽とんぼ」として始動。そして、11月20日、正式に吉本に籍を置き、吉本芸人として芸人の仕事を受けている。




山本圭壱と高畑裕太




両者の違いは、相手が未成年だったこと。二人とも相手側との示談も成立しているし、山本圭壱は約10年芸能界から遠ざかっていたので、禊は済んだという判断で吉本は許し、復帰が出来た。しかし、高畑裕太は相手は44歳という高齢女性。


しかも、文春の事件の真相では、同意と思われる行動、知人男性の示談金を要求というハニートラップが確定しているが、世間の目は厳しく、高畑裕太は現在も精神病院で療養生活を送り入院している。


両者に関していえることは、芸能人なのに軽率な行動を起こしたという事実。これは反省し亡ければならないが、不起訴「推定無罪」が確定したことにより、社会復帰を与える機会はあって当然といえる。


2009年に薬物事件で、懲役2年6月の実刑判決を受けた元俳優・押尾学ですら現場復帰したので、不起訴の山本圭壱と高畑裕太が復帰できないのは辻褄があわない。


今後、山本圭壱の活動の行方によっては、高畑裕太の芸能界復帰も早まると思われるので、今後の動向に注目していきたい。




スポンサーサイト