2016年12月4日(日)放送、テレビ朝日系列「M-1グランプリ2016」
18時30分~21時00分


第12代王者決定戦「M-1グランプリ2016」に、司会としてEXILEのHIROと結婚した上戸彩が登場。売れている芸能人同士の結婚の場合、数年後に「お互い多忙で擦れ違いの生活により」という理由で離婚に至るケースが多い。絶大な人気だった上戸彩なので「いつまで持つのかな?」と、離婚が心配されていた。上戸彩が子供が欲しくて子作りのために仕事をセーブ、子供を授かり、育児より芸能界に復帰、さらに激やせが酷いので、ネットでは「結婚生活はうまくいっていないのではないか?」と噂になっている。



今夜の「M-1グランプリ2016」より先駆け、上戸彩が離婚するのではないか?とネットに浮上した真相を紹介する。







■目次

上戸彩プロフィール
上戸彩とHIROの出会い
上戸彩とHIROの離婚速報
上戸彩の離婚で激やせ?
上戸彩の今後

上戸彩プロフィール


上戸彩とHIRO03


上戸 彩
生年月日 1985年9月14日31歳
出生地 東京都
身長 162cm
血液型 O型
所属事務所「オスカープロモーション」


夫はEXILEのHIRO。
2015年6月以降第1子妊娠のため休養したが、2015年12月に芸能活動を再開している。

上戸彩とHIRO



上戸彩は父親がいなく母子家庭で育ち、12歳の時に「全日本美少女コンテスト」に優勝して芸能界入り。


それ以来、テレビドラマや映画、バラエティー番組と多く出演し、スター街道をひた走ってきました。芸能活動が多忙になり、高校も中退しているので、「普通の女の子の青春を味わえなかった」という思いは強いようだ。

家族のため、ファンのため、事務所のためにいろんなことを犠牲に我慢して一生懸命働いてきた上戸彩。そんな上戸彩を陰から支えていたのが、HIROだった。



目次にもどる

上戸彩とHIROの出会い



上戸彩は14歳の時の1999年7月、4人組アイドルユニット「Z-1」のメンバーになっているのだが、この時にダンス指導の先生として上戸彩とHIROが出会った。この頃から恋愛感情があったかは不明だが、ダンスの指導をうけたことで信頼関係はあったのだろう。


上戸彩は、V6森田剛と7年交際。別れた時に、HIROが「癒しに」なったことで、急接近し結婚に至った。


上戸彩とHIROの結婚は交際期間がほとんどなく「電撃結婚」だった。
上戸彩27歳の誕生日に入籍し、披露宴を行ってもいないし、出来婚でもなかった。なので、森田との破局が結婚を焦らさせたのではないか?と噂になっている。




目次にもどる

上戸彩とHIROの離婚速報

上戸彩とHIRO02



2016年に女性自身11月24日号が「上戸彩 夫HIROは知らない『離婚相談』」というタイトルで上戸彩とHIROの離婚するのではないか?と速報で報じた。

女性自身の記事内容では、HIROが経営者として超多忙なこともあり2人が「家庭内別居」状態であることを報じている。その速報があったことのに女性自身11月10日号には「上戸とHIRO、そして長女という初のスリーショット写真」をスクープ。

目次にもどる

上戸彩の離婚で激やせ?



露出の多いタレント妻は、家事・育児の実質放棄になってしまう。

上戸彩は超売れっ子だったため、高給妻。それに対し、夫のプライドや夫婦間のパワーバランス、子供をどう捉えてどう向き合うのか?がポイントになる。上戸彩は子育てと芸能活動の両立、旦那は家に寄りつかず別居状態、仲間と連日酒盛りの日々で、おまけに浮気癖。

お互いに「離婚」は、子供のことやマイナスイメージを恐れて、出来るだけ避けたいだろう。思い悩んで上戸彩が最近、激やせしてしまっていることが、女性自身の記事に信用性を増している。


上戸彩 激やせ

もうカウントダウンの段階に入っているのかもしれない。上戸彩レベルの女性タレントは、性格が「男みたいにばっさりしてる」ので「この旦那は必要ない」って見限って結果出すの早いかもしれない。


目次にもどる

上戸彩の今後




上戸彩が仕事復帰しただけで、「子供が可哀想」やら「復帰が早い」やら言われていて、離婚説に尾ひれがついて、ネットで噂になってしまっている。

実際には夫が子育てしているかもしれないし、上戸彩はシングルマザーではないので、母親が育児できないときはHIROがしているかもしれない。「専業主婦は贅沢」など言われ、悪く言われることもあるのに、こういう時は子育ての時期に「女は仕事として働くべきではない」と、また悪く言われるのが日本の現状にある。



上戸彩は、幼いころに両親が離婚したから「早く家庭を作りたい」という願望が膨らみ、理想の家庭を求めていた。現実と理想が多少違って、激やせしたのかもしれないが、乗り切る構えで頑張ってほしいものだ。


目次にもどる

スポンサーサイト