田中萌アナと加藤泰平アナの不倫を週刊文春に報じられ、12月8日放送のテレ朝「グッド!モーニング」を急きょ、出演しなかった。

独身ならともかく、加藤泰平アナは既婚者でしかも相手は局内の同僚というゆるされざる不倫関係。



二人は「グッド!モーニング」という芸能情報を扱っている番組に出演しているため、2016年に不倫が報じられてきた芸能人がどんな末路になっているかよく知っているはず。 アナウンサーの不倫報道は今までにも多々あったし、社内でも注意喚起されてるはずなのに「自分たちは違う」という慢心があったのだろう。



週刊文春の記事内容全文によると加藤泰平アナの嫁は、大手通販会社のバイヤーでかなりの「やり手」なので、この不倫報道で離婚するのではないか?と2chではささやかれている。




今回は、2chでスレが乱立している田中萌アナと加藤泰平アナの不倫報道を振り返り、加藤泰平アナと3年前に結婚した嫁画像が2chで流出したので事件の詳細を説明する。



■目次

加藤泰平プロフィール
加藤泰平の嫁・大手通販会社のバイヤーとは
加藤泰平アナと田中萌アナの週刊文春
加藤泰平アナの嫁
田中萌アナと加藤泰平アナ不倫で嫁が出来る慰謝料請求


加藤泰平プロフィール




加藤泰平


加藤泰平

出身地 東京都
身長172cm
早稲田大学第一文学部を卒業後、2006年4月テレビ朝日に入社。
大学時代は、早稲田大学のサークル「稲穂キッカーズ」(後のサッカー日本代表監督・岡田武史も入学当初所属したことがある)に所属し、FWとしてプレー。この時のマネージャーと2013年に加藤泰平が結婚。嫁でありながら大手通販会社のバイヤーとして日本全国を飛び回っているという。



目次にもどる

加藤泰平の嫁・大手通販会社のバイヤーとは




バイヤーとは、仕入れ担当者、あるいは価格交渉人。

2chでの検証スレでは、化粧品会社ではないか?と推測されている。



化粧品通販大手会社は最近、店舗の拡大戦略中で、ファンケルは国内に170店舗、オルビスは同112店舗を展開。店舗売上高はオルビスが約25%、ファンケルが約30%に達しており、その勢いはとどまることを知らない。オルビスは、まだまだ多く店舗展開しているので、バイヤーは全国各地にとびまわっているそうだ。



日本の大手の化粧品メーカーは、それなりに技術もあり、研究も重ねている。この何年かは宣伝にものすごく力を入れていて、次々に商品を開発。いろんなものを作ってどれが売れるのか、全国各地で試供品を試しているので、顧客側としてはいっぱいありすぎて、どれを使えばいいのか迷ってしまうほど。


誰も知らない物は誰も買わないが、宣伝をせずに、販売できるのが通販の強み。以前はCMを打たず、地道にやっていたが、最近では派手なCMを打ち、デパートにカウンターを作ったり、「宣伝をする余力」があるメーカーにはバイヤーが必要になる。





目次にもどる

加藤泰平アナと田中萌アナの週刊文春



「グッド!モーニング」


加藤泰平アナの嫁は、2013年に結婚しても家を空けることが多く、加藤泰平は寂しい思いをしていたそうだ。そんな心の隙間を埋めてくれたのが、田中萌アナ。

田中萌アナとの出会いは、2016年に担当した「グッド!モーニング」。一緒に出演する加藤泰平アナと田中萌アナは急激に親しくなり、放送中にアイコンタクトをとる仕草をしたり、カメラに映っていたいところでいちゃついていたと番組関係者が証言している。


今年の10月にフィギアスケートの取材でカナダに行った際も、田中萌アナとLINEやり取りをしており、田中萌アナは「たいさん」と呼び「死ぬほど好きなの」と、のろけている内容を入手しているようだ。


週刊文春が掲載した画像には、田中萌アナと加藤泰平アナがお互いを見つめ合い、二人の距離がとても近い写真も掲載されている。




目次にもどる

加藤泰平アナの嫁



・加藤泰平アナは過去にブログで嫁の「稲穂キッカーズ」元マネージャーとして、一緒に映っているこの顔写真を公開していた。



加藤泰平アナ


現在でもブログで確認できるが、2chでは加藤泰平アナの嫁として2chで画像が出回っている。


ここからは2chでの推測だが、バイヤーのような職業は、気が強くないと出来ない。
自分の実力ではどうにもならない事が多々あり、バイヤーは担当営業を選ぶ事も出来ない。
ライバル社の店頭に並ぶ売れ筋を引き上げさせ、納入させるぐらいの気の強い女性じゃないと務まらない職業なので、今回の不倫報道で離婚もあり得るだろう。




目次にもどる

田中萌アナと加藤泰平アナ不倫で嫁が出来る慰謝料請求


田中萌アナ01


今回の場合、田中萌アナと加藤泰平アナは週刊文春に決定的な「不貞行為の証拠がある」ので、嫁は田中萌アナと加藤泰平アナ双方に慰謝料請求が可能になる。

不倫は「共同不法行為」となるので、不倫相手の田中萌アナ一方だけに慰謝料請求し、支払ってもらった場合、嫁は加藤泰平アナに対し、その半分の金額を請求をすることが可能になる。


この場合、不貞行為が原因で「離婚するか、しないか」でも金額は変わっていくので、一概にいくらとは言えない。離婚しない場合、夫婦の家計は一つなので、夫に請求することはほとんどないようだが、不倫相手の田中萌アナには請求できる。


判例を覗いてみると、不倫相手が独身の働く女性の場合は、思ったより金額を請求できるようだ。


不倫年数も長くなれば、慰謝料が高額になるようだが、田中萌アナも加藤泰平アナに求償することが出来てしまい、その場合は慰謝料の8割ほど請求されてしまうようだ。なので、嫁は泣き寝入りするか、訴訟をする場合は、離婚を覚悟でするしかない。



どちらにしても、田中萌アナと加藤泰平アナはこれだけの騒動になった以上、テレビ朝日のアナウンサーとしての活動は難しく、異動、もしくは窓際に追いやられてしまう可能性が高いだろう。テレ朝の続報を待ちたいところだ。


目次にもどる

スポンサーサイト