成宮寛貴

12月9日発売のフライデー続報写真を報じられた成宮寛貴のコカイン場面の音声動画により、
成宮寛貴が芸能界引退を報告した。


この成宮寛貴が芸能界引退の報告は、マスコミ各社にFAXで報じられ、コカイン吸引をしている場面は「嵌められた」と主張、さらに友人に「裏切られた」と直筆で思いを語っている。この成宮引退により、今後一般人になるため、コカインの使用についてマスコミ各社は報じることが出来なくなり、2chでは「コカイン場面はほんとうだったのでは?」と囁かれてる。


今回は、 成宮寛貴のフライデーの一連の騒動をまとめてみた。



■目次

成宮寛貴のフライデーコカイン写真
成宮寛貴のフライデーコカイン場面についての回答
成宮寛貴のフライデー写真コカイン場面の検証
成宮寛貴の芸能界引退からフライデーのコカイン場面の行方
成宮寛貴のドラマ降板はフライデー写真の影響

成宮寛貴のフライデーコカイン写真


成宮寛貴


12月2日発売されたフライデーが報じた内容では、成宮寛貴がコカインを吸引する写真という見出しで掲載。その写真は2016年10月月9日、成宮寛貴の自宅マンションで撮影されたもの。このフライデーの写真の提供者は、成宮寛貴の友人だと名乗る男性で、二人でお酒を飲むほどに仲が良い人物。その友人と二人は六本木のレストランで食事をした後、「いつものように」友人にコカインを買いに行かせたという。



友人は路上でコカインを販売する外国人の売人から購入して、そのコカインが入った小さな袋を成宮寛貴に手渡すと、スマホの上に広げた。


そしてその時の会話がこちら

友人「ヒロキ、今日のどうだった?」

成宮寛貴「良かったよ~、おしかったぁ」

友人「どうする?もう1個、欲しい?」

成宮寛貴「チャーリー?」

しばらく悩んだ後に、「もう一つ持ってきて」



「チャーリー」とは、コカインの頭文字「C」から生まれた隠語。

「チャーリー」「コーク」「C」「コカ」「ビッグC」「キャンディー」「チャリ」「アンジー」「ビッグ・ラッシュ」「ココナッツ」「ジン」「ビーム」「コーラ」など、売買の際に直接的な表現を避けるために使われている。



成宮寛貴の友人がフライデーに語った内容によると、コカイン吸引のほかに大麻とケタミンも使用。友人は「都内のクラブのVIPルームで顔見知り」から薬物を入手。


フライデーは友人の証言が事実か、このコカイン場面の写真を本人に見せたところ、「それはないですね」と否定。写真について「わからない」という回答している。



成宮寛貴

目次にもどる

成宮寛貴のフライデーコカイン場面についての回答



これについて成宮寛貴は薬物検査を行い、陽性反応が出たが、芸能界引退を発表した。




成宮の直筆コメント全文は以下の通り。

全ての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。心から信頼していた友人に裏切られ複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました。

この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が拡がり続ける事に言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです。


今後これ以上自分のプライバシーが人の悪意により世間に暴露され続けると思うと、自分にはもう耐えられそうにありません。今すぐこの芸能界から消えてなくなりたい。


今後芸能界の表舞台に立つ仕事を続けていき関係者や身内にこれ以上の迷惑を掛ける訳にはいかない。少しでも早く芸能界から去るしか方法はありません。

元々何もない自分をここまで育ててくださった関係者の皆様、本当にありがとうございました。

応援してくださったファンの皆様、こんな形で去っていく自分を許してください。

本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました。

2016.12.8 成宮寛貴


YAHOOニュース



目次にもどる

成宮寛貴のフライデー写真コカイン場面の検証



ネットでは、コカインを吸引すると思われる場面は「たのしいケーキ屋さん」と「ねるねるねるね」 ではないか指摘されていた。

成宮寛貴01

ツイッターでフライデーの写真を検証すると「たのしいケーキ屋さん」の容器。箱が見当たらないが(作り方は箱に書いている)、作るのに必要な水とバニラ味の袋が確認でき、成宮寛貴の手にはストローではなく「楽しいケーキ屋さん」のスプーンのようなものを持ってる。



しかし、「たのしいケーキ屋さん」を本当につくっていたのなら、やましいことはないので、「わからない」という回答はおかしい。



2chでは成宮寛貴の過去のブログの写真から「お菓子の容器に見えてる」あれは成宮寛貴の部屋の灰皿だと検証されている。

bandicam 2016-12-09 13-42-59-619


結果からいうとクロの可能性が高い。


しかし、フライデーの記事内容からでは成宮寛貴本人が進んで、薬に手を出すリスクを犯していない。つまり、悪い仲間が成宮寛貴が酒に酔って隙を見せた時に、フザケ半分で周囲がやらせたのではないか?そうでないと「嵌められた」という言葉が出てくることはない。



その光景を撮影し「ネタ」として動画撮影した友人が、フライデーに売り込んだという流れ。



しかし酔った隙に「嵌められた」とはいえ、自分の人気や役者としての責任を考えれば成宮寛貴のフライデーコカイン場面は被害者だとはいえない。信じていた仲間だとはいえ、お金と薬物コカインを商売にしたり、狙う人間にとってむしろ友情が金になる。



成宮寛貴は否定しているが、フライデーに掲載された画像、そして警察の捜査の手が及んだこの事実をもって芸能人としては失格。
生い立ちから親の無い弟だけの家庭で生きて来た過去は同情はするが、このコカイン騒動については招く結果はすべて自己責任といえる。



目次にもどる

成宮寛貴の芸能界引退からフライデーのコカイン場面の行方




今回の成宮寛貴側のコメント、ニュースの記事を鵜呑みにするなら、社会的には辞める必要はないし、事務所側もそう判断したうえで引き止めてはしていたようだ。しかし、本人からしたら、これ以上「芸能界にいたくない」と引退を決意したということなので、成宮寛貴にとっては、引退する必要があるほどの出来事だった。


誰にも本当かなんて真相は判らないが、成宮寛貴はあまり芸能界に執着していない印象も感じられる。「事実だったから逃げるように引退」というのも理解できるし、芸「能界に身をおくことでこれ以上傷つきたくはないから」というのもわからなくもない。




目次にもどる

成宮寛貴のドラマ降板はフライデー写真の影響



成宮寛貴は、来年1月スタートの連続ドラマ「就活家族~きっと、うまくいく~」の降板が決定されて、すでにドラマの撮影は始まっていたのに、制作側は大混乱。



コカイン疑惑が「ガセ」なのか「事実」なのか?


現状では、まったくわからない。

成宮寛貴は、フライデー報道後、薬物検査を受けていたようで、結果は「陰性」と伝えられている。
「疑惑」が本当ならば、警察からも任意で事情聴取を受けるはずが、警察も今のところ様子見。

フライデー側も「自信があるから記事した」と編集者は語っている通り、今後も情報が公開されるのを止めたかったはず。(一般人になれば情報公開できない)成宮寛貴も事務所も全面否定であらゆる法的手段をとるって言ってたのになぜか引退。事務所側にしてみれば逮捕された場合「所属タレントが薬物使用」より「元所属タレント」の方がダメージが少ないと考えた可能性もある。



なので、事務所に迷惑かけないよう、黒になる前のグレーな状況で自主退社したとも考えられる。


わかっていることは、フライデーは今後、一般人になった成宮寛貴のコカイン関連の情報を公開できなくなり、成宮寛貴は芸能活動が出来ないという事だけ。



真相は闇のまま。

何年後かに 成宮寛貴がコカインで逮捕されればフライデーが正しかったことになるが、そうならないことを願いたい。


目次にもどる

スポンサーサイト