成宮寛貴


フライデーや文春、あスポーツ紙など、スキャンダル報道は何処まで許されるのか?




12月9日にフライデーのコカインの吸引場面の疑惑写真が掲載された成宮寛貴は、芸能界引退を決めたのにも拘わらず、いまだ憶測記事が絶えない。成宮寛貴はフライデーのコカイン場面と思われる写真を全面否定し、薬物検査も行い陰性だったのにもかかわらず、世間は「成宮寛貴はクロ」という憶測で決めつけてしまっている。


過去の薬物の裁判上、「やった」証明は簡単だが、「やってない」証明はほぼ無理。


コメンテーターも「身の潔白を証明してから引退」と語っているが、検査すればするほど疑惑が浮上し、完全に疑惑が晴れることは無理なのを分かっているのに無責任な発言ばかり。




もしも、成宮寛貴がこのまま自○に追い込まれたりしたら、だれが責任を取るか?

そんな成宮寛貴に追い打ちをかけるような、グレートサスケの息子が10年前に「何か」されたとして報じられているので、その真相を紹介する。



■目次

成宮寛貴フライデーコカイン場面
成宮寛貴のフライデーコカイン場面後の対応
成宮寛貴とグレートサスケの息子
成宮寛貴のセクシャリティ
成宮寛貴の引退後

成宮寛貴フライデーコカイン場面





12月9日、フライデーが報じた記事内容では、成宮寛貴と友人A氏が、11月8日に二人は六本木のレストランで食事をした後、「いつものように」友人にコカインを買いに行った。

友人は「都内のクラブのVIPルームで顔見知り」の外国人売人から購入して、そのコカインが入った小さな袋を成宮寛貴に手渡すと、スマホの上に広げたという。


その時のコカイン場面の写真


CyoQXUHXUAAZvrB



提供者になる成宮寛貴の友人を名乗る男性は、この写真を元にフライデーを含め数社にタレこみ、フライデーにしか相手にされなかった。写真を売った理由としては「お金目的」や「コカインを買いに行くのが嫌で縁を切りたかった」などを挙げている。




目次にもどる

成宮寛貴のフライデーコカイン場面後の対応




コカイン場面の写真掲載後、成宮寛貴はフライデーの記事は「事実無根」として「法的処置」をするとコメントを発表。しかし、このフライデー記事が原因で様々な憶測記事が飛び交い、薬物検査も行われ陰性だったが、芸能界を引退を9日に発表した。


フライデーの記事内容からでは、成宮寛貴本人が進んで、コカインに手を出すようなリスクを犯していない。この写真についても疑惑の段階であり、確証がなかったのだが、、隠しておきたかったセクシャリティな部分がマスコミに報じられ、芸能界引退を決意した。



この引退発表後、グレートサスケが自身のブログで、息子が成宮寛貴にうけた過去を批判するコメントを発表し、物議を呼んだ。





目次にもどる

成宮寛貴とグレートサスケの息子




グレートサスケは成宮引退を発表した9日に自身のブログで「愚息がうけた過去のハラスメントが真実だったって認める事になっちゃうじゃないですか?」と成宮寛貴と過去のトラブルを公表した。そして、「いつか全て冗談に決まってるでしょって言ってくれれば許してたのに」と意味ありげな内容を語った。


グレートサスケの息子は、メキシコ人の奥さんとの間に生まれた現在20代後半の長男。
image_002

2003年に14歳でモデルとして芸能界デビューを果たし、2004年には15歳で「2004秋冬パリ・コレクション」に出演後、突然の芸能界引退。「その時の出来事」が原因で、精神的不安定な状態になってしまい、急に泣きだしたり、現在もなお海外で静養しているという。



10年前はたしかに成宮寛貴はすでに芸能界で活躍していたが、パリ・コレクションには出演していない。面識があったかはマスコミ各社が調べたが、ハッキリとして確証が今のところグレートサスケのブログ以外確認できていない。





目次にもどる

成宮寛貴のセクシャリティ



成宮寛貴02


広義には、性的嗜好など性的な全てのを事象、現象を指す。
最近は「性的指向」と呼ばれており、性的対象が男か女、どちらかを指すことが多い。


成宮寛貴は、両親を亡くし、中学生の時に学校を辞め、多くのアルバイトを経験。さらに芸能界入り前は新宿二丁目に勤務していた過去がある。成宮寛貴が引退の時にコメントしたセクシャリティは、恋愛対象が同性であることをさしている。


成宮寛貴が、引退を決めたことでカミングアウトしたこの時点で、10年前のサスケの息子との性的関係を臭わせて、コメントを出したことは間違いない。


サスケの長男は現在、母親の母国メキシコにおり、母親と長女が付きっきりで長男の面倒を見ている状態で、サスケも、メキシコと日本を行ったり来たりする生活をしている。





なんで今更、この時点で発表したのか?

結局、その息子が成宮寛貴と「何かあってもなくても」そんな事は関係なく、14年近くも日本で生まれ育って、スペイン語も分からない息子をメキシコに連れて行ったら、言葉の壁は大きいので閉じ籠り自閉症にもなる可能性がある。



10年前と言えば、サスケは岩手県議会議員で覆面議員と世間を騒がせていた。


政務調査費問題が発覚し、引責問題も浮上した人物の発言をなぜ鵜呑みにするのか?
当時のサスケの行状たるや、世間からバッシングをうけるのは当然で、息子ならその被害にもあっているはず。父親と言えど、本人ではないので、閉じこもった原因は本人にしかわからない。しかも実の父親じゃない。


体格も大きく、パリコレモデルだった青年が、小柄でまだ駆け出しの若手俳優に「なにか強制される」なんて、通常ではあり得ない話。


サスケのブログに「息子さんの名誉のためと成宮さんのためにも、本人に直接伝えてあげてはどうですか?」と管理人がコメントを寄せたが、何日たってもコメントが承認されないので、サスケにとって都合が悪いコメントだったようだ。



普通に考えて、サスケの家庭内のことを他人に責任転嫁して話題にしていると考えられる。




目次にもどる

成宮寛貴の引退後

成宮寛貴



サスケもそうだが、成宮寛貴が引退したことで、コカイン場面の疑惑を「クロ」と決めつけ、悪者にするマスコミ、コメンテーターが多い。


「知る権利、表現の自由、会社での仕事だ!」などの理由をつけ事実と決めつける。


コカイン場面が本物だとしたら「逃げた」と言われても仕方ないのかもしれないが、本当なのかはどうかは現時点ではわかっていない。A氏が誰なのか?どうやって知り合ったのか?


2ch住人たちは面白おかしく、ASKAの時みたいに禁断症状がどうとか、証拠もないのに目撃者のように決めつけてしまっている。


成宮寛貴は警察に捕まったわけじゃない。
本人のコメントにあるように「嵌められた」可能性の方が高いし、否定も肯定も出来ない状態に追い詰められた成宮は、「消えてなくなりたい」と強く思うようになるのは必然。


芸能リポーター井上公造がフライデーに持ち込んだとされる友人は、実はフライデー以外にも情報を数社に渡ってタレこんでいたと暴露しているし、さらに、フライデーに逆取材し、フライデー編集部に「証拠があるなら出してください。証拠次第では本人をつれて警察に行きますので」とフライデーに証拠の提示を求めたが断られ、証拠は見せることもしなかった。



この状態で、コカイン場面の記事の写真を「証拠になるのか」は疑問レベル。
音声データも記事に起こしただけじゃ、真意不明。


成宮寛貴の引退したことで一般人。成宮寛貴の過去を掘り下げるより、フライデーがなぜ井上公造に証拠を見せなかったのか?のほうが重大な問題なので、今後はフライデーが追われる番になるだろう。


目次にもどる

スポンサーサイト