大阪で絶大の人気を誇る上沼恵美子


歯に衣着せぬ物言いで、多くの番組に出演し、おばさまへのその影響力は計り知れない。

決して品で売っているわけではなく、「下品」というよりはむしろ明け透けな芸風なのか、いずれにせよ品を求めている視聴者はいないようだ。言いたいことをズバッとまくし立てながら発言するので、下品というのは若干違い、押しと引きとヨイショと自画自賛を使い分ける。

それを支持する関西人は多く、アンチが多いのも理解できる人物になる。


そんな上沼恵美子の息子が逮捕され、もみ消したという噂が2chで広まったので、今回は上沼恵美子の息子について検証したいと思う。



■目次

上沼恵美子プロフィール
上沼恵美子の息子
上沼恵美子は息子を溺愛
上沼恵美子の息子の逮捕をもみ消した?


上沼恵美子プロフィール



上沼 恵美子
上沼恵美子01

生年月日 1955年4月13日61歳
出身地 兵庫県三原郡福良町
事務所「上沼事務所」

夫は常務取締役・制作局長、元「メディアプルポ」代表取締役会長の上沼真平。
二人の息子がいて、その中の1人はハワイに留学。大阪を中心に活動する「関西の和田アキ子」として、1990年代から人気タレントになり、多くの番組に出演。常に高視聴率なので、大阪ではご意見番として活躍している。



目次にもどる

上沼恵美子の息子


上沼恵美子


関西で絶大の影響力を持つ上沼恵美子の息子で、長男は1979年生まれの上沼清太郎37歳。
上沼恵美子個人事務所で働く長男は、20回以上のお見合いをして2015年に結婚、ハワイで挙式を挙げ、帰国後すぐに離婚してしまったそうだ。

女性セブン2016年3月31・4月7日号が報じた内容では、結婚した息子の嫁が上沼恵美子と「合わない」ので、この家に嫁ぐのは無理と判断し、離婚を申し入れ。


上沼恵美子は、結婚に反対していたわけでもなく、息子の結婚を大喜びしていたのだが、女性セブンによると「嫁姑問題」が酷く、嫁の行動や気配り、礼儀作法にいちいち口うるさく挟み、ハワイで大揉め。結納金から結婚式費用、新居の支度金までかなりのお金を上沼恵美子が全部出していたこともあり、なにかと口うるさくなってしまったそうだが、その離婚を聞いて「 あの嫁は金目当てだったんか!」と怒鳴り散らしたそうだ。


要するに上沼恵美子が息子に甘く、何でもしてあげるようだが、嫁には厳しかったのが原因だった。



女性セブンが息子の離婚について取材すると「(プライベートなことなので)ごめんなさいね」とそそくさと事務所に入っていったという。



目次にもどる

上沼恵美子は息子を溺愛


上沼恵美子02

上沼恵美子は、たまに家族のエピソードをローカル番組で話すことがあるのだが、過去の番組で「自分の息子は、高校進学もやっとの状態で何とか高校に入れて、母親の自分が芸能人で多忙にしているから、勉強もよく見てやれなくて出来が悪かった」と語っていた。


上沼恵美子の芸能活動は忙しく、自主性の教育方針だったため「ホンマに(自分の息子は)アホだった」って自虐コメント。長男の離婚には本当に落ち込んでいるのか、テレビでは一切話さず、離婚した男性ゲストが来ていた時に、番組の最後で、「(離婚なんてして)親不孝やな、今日は最悪のゲストでした」って毒ネタで会場笑わせていた。


次男は海外に留学し独立(一部では自衛隊勤務と言われているが定かではない)。長男は親にべったりで、仕事は親の事務所、週末には毎回実家に戻ってくるので、長男をいまだに溺愛しているようだ。


目次にもどる

上沼恵美子の息子の逮捕をもみ消した?





上沼恵美子は、テレビで「息子が学校でいじめられた時、息子をいじめた相手に、母親である上沼恵美子が、仕返しをした」とテレビで自慢げに話していた。
これはまだ長男が小学生の時のはなしのようだが、上沼恵美子は息子のためには、芸能人であるにもかかわらず何でもする行動力を持っていた。



そんな2013年、みのもんたの次男が窃盗未遂 で逮捕される。

155

日本テレビ社員であったみのもんたの次男は、他人のキャッシュカードで、現金を引き出そうとした事件が大きく報じられた。逮捕直後は「話すことはありません。弁護士が来てから話します」と容疑について否認を続け、みのもんたに優秀な弁護士を手配してもらい、不起訴釈放なった事件。

この不起訴処分になった時に、ツイッターで「上沼恵美子の息子も逮捕をもみ消したことがある」という情報が出回ったのがきっかけだった。


現在、そのツイッターは非公開になっていて、実際に上沼恵美子の息子が逮捕されていたかニュースになっていない。もみ消したのでニュースになっていないのか、ただのデマだったのか真相は判っていないが、大阪人は「上沼恵美子ならやりかねない」とその噂が広まったことで、嘘か本当かわからない状態で、情報がかくさんされてしまったようだ。



上沼恵美子は高畑裕太の件では、厳しい意見を投げかけていたが、「もし自分の息子だったら」となった場合、高畑淳子のように毅然と謝罪会見を開くのだろうか?

上沼恵美子の息子も逮捕をもみ消し事件の真相は判っていないが、噂が広まってしまうほどの息子を溺愛しすぎも問題だろう。


目次にもどる

スポンサーサイト