徳川埋蔵金

2016年12月21日(水)放送、TBS系列「林修の歴史ミステリー 徳川家260年最大の謎」
隠された財宝3000億円徹底解明
19時00分~21時54分


「今でしょ」でお馴染みの林修が徳川家康が開いた江戸幕府の最大の謎「徳川埋蔵金」謎にせまる。

約25年くらい前にTBS系列で放送されていた「ギミアブレイク」で徳川埋蔵金の発掘調査をおこなっていたが、結局「徳川埋蔵金」は発見されなかった。

ライターでもある糸井重里も「徳川埋蔵金」の謎に魅了され、巨額の私費を投じたと言われているので、バラエティー番組の枠を超えて、適当に掘った訳ではなく、真剣に財宝のありかを探していた。


hugugu

糸井重里が採掘していた場所は、現在は野原になっており、当時の面影は一切なくなっているが、そもそもあの場所は、「黄金の家康像」が出たとされる源次郎の井戸の跡(明治時代に掘ってる)を掘り広げただけで、それ以外の物証(三枚の銅板等)に基づいた場所ではなかった。



徳川家康が遺した3000億円もの「徳川埋蔵金」は存在するのか?



放送されるに先駆け、「徳川埋蔵金」が群馬の伝説の地を歴史・科学・風水の観点から場所を特定された真相を紹介する、







■目次

徳川埋蔵金とは
徳川埋蔵金はどこにあるのか?
徳川埋蔵金の都市伝説
徳川埋蔵金は存在しない?


徳川埋蔵金とは





1868年4月に江戸城が無血開城となった際、当時財政難に喘いでいた明治新政府は幕府御用金を資金源として期待していた。
ところが城内の金蔵は空であったため、幕府が隠匿したと判断した新政府軍による御用金探しが始まった。

埋蔵された額はおよそ360万から400万両と言われ、現在の価値でおよそ4000億円と言われている。埋蔵金の在処は諸説あるが、現在まで見つかっていない。


参照wiki




目次にもどる

徳川埋蔵金はどこにあるのか?



TBSで徳川埋蔵金を林修を案内役として放送はするのは第3弾になる。


1弾目が25年前の「ギミアブレイク」、2弾目が8年前「篤姫と勝海舟」と題し、埋蔵金伝説の首謀者で勝海舟という新説を絡めた内容で場所を特定している。そして、3弾目となる今回の放送では群馬県の群馬県渋川市赤城町長井小川田を掘ると思われる。

bandicam 2016-12-21 16-07-45-454

この長井小川田は、実は25年前の放送の時にも「候補地」として挙がっていた場所。
なので、適当なところを掘るわけではないようだが、「何を根拠に掘る」かは、現時点では不明になっている。勝海舟がなんらかに関係している場所なのか、過去に「徳川埋蔵金」を世間に広めたとされる作家でありながら埋蔵金の行方を追った故人・畠山清行さんが候補地として挙げていた場所でもある。




目次にもどる

徳川埋蔵金の都市伝説





テレビ東京の人気番組「「やりすぎコージー」の企画の都市伝説から一躍有名になった 関暁夫が、「徳川埋蔵金」について語っていた。


徳川埋蔵金は、暗号として童謡「かごめ、かごめ」の歌詞の中に、隠し場所が含まれているとされている。「かごめ、かごめ」は天海大僧正が作ったと言われている。


徳川家康は遺言により、天海大僧正が日光東照宮に家康を祀った。
「かごめかごめ」の歌には、鶴と亀の像と籠があり、それが徳川埋蔵金のありかの場所では?と都市伝説が残っている。

56567

日光東照宮の家康の墓の後の土手に祠が隠されていて、その祠の下に埋蔵金が有るなら、その解読法を皆が検証するはず。しかし、現実は、検証すらしていない。(解読法が正しいなら、既に文化庁等が、調査に入っているはず)



通常、徳川埋蔵金が江戸城内にあることは有り得ないと考えられている。

なぜなら、それは徳川再興の資金として用意されたもののはずなので、本拠地から追われた時用の保険を本拠地に隠しても意味が無い。あるとすれば関東近県か中部あたりと推測されてきた。




目次にもどる

徳川埋蔵金は存在しない?



徳川埋蔵金は、いまだ手がかりすら見つかっていない。
「徳川幕府は破綻寸前」と唱える学者が多く、元から無いと説を唱える人もいる。

当時、幕府は新選組が甲州勝沼の戦いに際し「3千両の軍資金」を供与しており、新選組が会津に転戦する際に東京都北区綾瀬の庄屋宅に宿泊しているが、庄屋宅の座敷に千両箱を積み上げていたそうだ。新選組はわずか数人で結成された一部隊なのに、多くの諸藩は財政難でありながらも数千両の軍資金を提供を受けていたことは不自然。

「徳川埋蔵金」とまではいかないまでも、緊急事態の時のために隠し財宝があったと考える方が普通の感覚になる。



第二次世界大戦の終戦直後の昭和21年4月、東京都江東区越中島の運河で、金塊54トン、プラチナ塊13.5トン、銀塊5トンが見つかった事例もあるし、幕府軍が官軍に軍資金を取られまいとして無作為に遺棄してしまった可能性も高く、徳川埋蔵金の所在をつかむことは困難になってしまったとも考えられる。


「何らかは必ずある」と思って間違いだろう。

今夜の放送では、「徳川埋蔵金」が実際に眠るのか、群馬県渋川市で林修が真相に迫る。



目次にもどる

スポンサーサイト