12月9日、フライデーのコカイン疑惑の写真を友人a氏に裏切られ、嵌められ引退することになった成宮寛貴。

何も語らず、引退した成宮寛貴をかばうつもりは全くない。
堂々と記者会見するのが妥当で、芸能人としての不祥事を解明出来ないのは、後出しでいろいろ言われてしまうのはしょうがないだろう。



しかし、この成宮寛貴の友人a氏関しては胡散臭さが満載。


友人a氏はフジテレビ「とくダネ!」でインタビューに応じ、成宮氏を告発した経緯について「罠に掛けるつもりはなかった」「彼に薬物をやめて欲しいというのが僕の気持ち」と説明。


さらに友人a氏はブログを開設。

そのブログの中で、自分の無実を訴え、いまだ成宮寛貴を犯罪者に仕立てている。そして、ブログの中で、「警察に情報を提供すべきだったのでは?」という質問に対し、「僕の身の危険もあったので、自分の身に危険が無いと保証できたときに協力を考えています」と、他の何者かによって脅されているため、警察には行けなかったと説明している。



一体真相はどこにあるのか?



成宮寛貴の友人a氏の事件概要を振り返る。

■目次

成宮寛貴のフライデー記事
成宮寛貴の友人a氏のフライデー後
成宮寛貴の友人a氏の裏にいる黒幕
成宮寛貴の今後
成宮寛貴の友人a氏の逮捕


成宮寛貴のフライデー記事




12月2日発売されたフライデーが報じた内容では、成宮寛貴がコカインを吸引する写真という見出しで掲載。その写真は2016年10月月9日、成宮寛貴の自宅マンションで撮影されたもの。このフライデーの写真の提供者は、成宮寛貴の友人だと名乗る男性で、二人でお酒を飲むほどに仲が良い人物。その友人と二人は六本木のレストランで食事をした後、「いつものように」友人Aにコカインを買いに行かせたという。

友人は路上でコカインを販売する外国人の売人から購入して、そのコカインが入った小さな袋を成宮寛貴に手渡すと、スマホの上に広げた。


そしてその時の肉声データーでの会話は

友人「ヒロキ、今日のどうだった?」
成宮寛貴「良かったよ~、おしかったぁ」
友人「どうする?もう1個、欲しい?」
成宮寛貴「チャーリー?」
しばらく悩んだ後に、「もう一つ持ってきて」


※「チャーリー」とは、コカインの頭文字「C」から生まれた隠語。
「チャーリー」「コーク」「C」「コカ」「ビッグC」「キャンディー」「チャリ」「アンジー」「ビッグ・ラッシュ」「ココナッツ」「ジン」「ビーム」「コーラ」など、売買の際に直接的な表現を避けるために使われている。


成宮寛貴の友人がフライデーに語った内容によると、コカイン吸引のほかに大麻とケタミンも使用。友人は「都内のクラブのVIPルームで顔見知り」から薬物を入手。フライデーは友人の証言が事実か、このコカイン場面の写真を本人に見せたところ、「それはないですね」と否定。写真について「わからない」という回答している。

とくダネ!
成宮寛貴1




目次にもどる

成宮寛貴の友人a氏のフライデー後





成宮寛貴はフライデーの記事をうけ、12月8日付けで直筆の引退コメントを発表。

成宮寛貴のコメントに「複数の人間に嵌められた」とあるので、友人a氏が語るように「自分の身に危険が無い」と語るように、他にも数人の人間がいることは間違いないだろう。



ただ、友人a氏の記事に関しては真実は半分、嘘半分。

友人a氏が語るようにコカインが本物と仮定した場合、もし仮に友人a氏が提出した肉声データが真実だとしても「罠にハメるつもりはなかった」っていう証言が矛盾している。

会話の中で「何が欲しいの?」「なんで皆チャーリーって言うんだろうね?」という流れは「罠にハメてる」も同然。


もし、友人a氏の語るように数ヵ月前に出会った知人だとしたら、それこそ罠にハメるために近づいたとしか考えられない。出会ってすぐに動画撮って、FRIDAYに売ってるという証拠が「自分で嘘をついている」という証明になる。


いずれにしてもこの友人a氏は「嘘をついてる」ので次々に矛盾が生まれてくる。



成宮寛貴のコメントが「全ての原因を作ったのは自分自身だと自覚している」と最初の一文で述べてることから薬物に関しては否定も肯定をしていないが、その場にいた「事実」はあった。
そして複数の友人に裏切られ、暴露され続けることは、成宮寛貴がコメントで書いてある通り今現在起こっている。


成宮寛貴は。恐らく記事が出てすぐに友人a氏、もしくは友人a氏の知人と連絡を取った上で実際に行った事柄に不安を抱き絶望し、恐怖を感じ成宮寛貴の性格上、仕事関係、身内関係に迷惑をかけたくない一心での引退。(3億の半分はキャッシュで払って引退しているのがその覚悟ととれる)




きっちりケジメをつけた成宮寛貴。

一方、友人a氏はなぜこんなことをするのか?



要するに、お金である。


ブログの立ち上げも、結局広告収入を見込んでだと思われるし、一度「味」を締めると辞められないのだろう。


友人a氏が何を言っても友人をお金で売った事は真実。



目次にもどる

成宮寛貴の友人a氏の裏にいる黒幕




成宮寛貴の友人a氏が語るように「身の危険」が本当なら、必ず黒幕がいることになる。




どんな理由があろうとも成宮寛貴の友人a氏は、Twitterで十分なのに自らブログ開設言い出しといて、ブログは延ばしまくり、その割にとくだねスタッフがコメント入れたのは19日で即決。現金をすぐもらえるなら行動が早い。



「(警察へは)彼が一緒に行くなら僕は構わない」などと語ったが、週刊誌に売った金目当てを否定しながら、ブログよりTV出演を優先。


やはり金目当てとしか思えない行動だ。





しかも自分は「薬を買いに行っていない」とクロ容疑も否認。


やり方が卑怯で卑劣な行為で完全な「いじめ」




目次にもどる

成宮寛貴の今後




記事の真実はどうあれ、成宮寛貴は海外で活動する方が向いているだろう。



海外ではゲイに関して寛容的で、あの有名なスティーブ・ジョブズでさえ「自分はドラッグなしでは成功できなかっただろう。仕事の重要な部分はLSDなどの違法薬物のおかげだ」と語っているのは有名な話。

薬物を肯定する気はないが、コカインは通称「セレブドラッグ」と言われてるくらい海外セレブが使用されている。そう言った意味でも彼は海外の方が合ってる。




目次にもどる

成宮寛貴の友人a氏の逮捕



成宮寛貴は海外、友人a氏の証言だけの状況証拠だけで「任意同行」は求めないはずで、もし検査をしても「任意」になる。

ただ、フライデーがコカインとハッキリと決めつけているのは、「何かの確証を得ている」しか考えられないが、成宮寛貴がコカインを吸引している写真も疑わしく、アッパー系ドラッグに付きモノの瞳孔散大しておらず、非常に曖昧。(合法な薬をスニッフィングしていた可能性もある)



フライデーもかなり場数を踏んで来た会社なので、何かの「カード」を持っているんじゃないか?と、思っていたが、肉声データーを文字に起こしただけ。こんな友人a氏が自分の私利私欲丸出しの行動をされては、今後マスメディアも慎重にならざる負えない。

いずれにしても、成宮寛貴の友人a氏はすべてではないが「嘘」をついていること。そして黒幕にいる人物が、今回の計画を立案したことがわかったため、成宮寛貴の「嵌められた」のは間違いないだろう。




目次にもどる

スポンサーサイト