2016年は週間文春の記事が「文春砲」と世間を騒がせた。


ベッキーとゲス川谷で有名になった「ゲス不倫」。不倫は道義上は問題あるが、プライベートな問題なので、その人の人生をメチャクチャにする権利が週刊誌にあるのか、と文春に批判的な声も多い。しかも、事実だが「記事の内容は正確ではない」場合が多いようだ。

しかし、他の週刊誌と圧倒的に違う情報網に根強い読者を獲得しているのも事実。


そんな週刊文春が年末最後に安田美沙子の夫でファッションデザイナーの下鳥直之「ゲス不倫」を報じた。



■目次

週刊文春の下鳥直之「ゲス不倫」
安田美沙子プロフィール
安田美沙子の旦那・下鳥直之
安田美沙子の旦那・下鳥直之の社会的制裁


週刊文春の下鳥直之「ゲス不倫」

4



週刊文春の記事によると、現在妊娠5か月の安田美沙子の旦那ファッションデザイナーの下鳥直之が「ゲス不倫」と題し、不倫相手の都内病院に勤務する北川景子似のスレンダー美女・A子さん27歳との密会写真をスクープ。


下鳥直之とA子さんは2016年の夏に合コンで知り合い既婚者でありながら交際に発展。下鳥直之は結婚している既婚者であることを隠し、A子さんは下鳥直之が結婚していることを知らずに交際していたようだ。


週刊文春の記者が12月18日、密会中の下鳥直之とA子さんの姿の発見し、丸の内でのイルミネーション鑑賞した後に食事を楽しみ、その後2人が向かった先は、新宿・歌舞伎町のシティホテルへ入る二人を写真に捉えた。


下鳥直之は文春の取材に対し、事実関係を認め、「妻に直接話しますので、時間を下さい」と不倫を認める発言をしているようだ。
下鳥直之3


目次にもどる

安田美沙子プロフィール



下鳥直之2

生年月日1982年4月21日34歳。

所属事務所「アーティストハウス・ピラミッド」


摂南大学国際言語文化学部に在学中にスカウトされて芸能界デビュー。 2002年、「ミスマガジン2002」において「ミスヤングマガジン」でグラビアアイドルとして活動開始。CM「アイフル」に起用、さらには女優デビューも果たしグラビアアイドルの雛形あきこ、小池栄子などが活躍したグラビアアイドル黄金期の一人として注目を集める。


2014年3月14日、2012年春より交際していたデザイナーの下鳥直之と結婚し、現在妊娠5か月に旦那がゲス不倫を報じられた。
下鳥直之1



目次にもどる

安田美沙子の旦那・下鳥直之

下鳥直之

ファッションデザイナーの下鳥直之はブランド「VICTIM」は年商4億円。

男性向けのファッションブランド「VICTIM」は若者を中心に人気があり、浮き沈みが激しい業界で、10年以上も続いているVICTIMは人気を維持したいまや注目のブランドといえる。2008年には原宿に直営店をオープンさせ、その人気が一気に拡大された。


立ち上げ当初は、若者向けの雑誌に掲載されていたり広報に力を入れていたが、今ではメンズファッジやメンズノンノ等の大人向けの雑誌に掲載している。洋服の趣向も若干変わってきて、高額にもなっているが、シンプルで着心地が良いブランドとして親しまれている。


「VICTIM」は流行を取り入れながら、それを過去のいい部分を取り入れるモディファイ(一部を修正)が固定客を生み出す秘訣になっているようだ。デザインに独創性があるわけじゃないないので、大人になっても買い続けるブランドではないのが伸び悩んでいる部分になる。

それでも、時代を担う若きファッションデザイナーであることには変わりはなく、そんな中「ゲス不倫」を報じられる結果になった。




目次にもどる

安田美沙子の旦那・下鳥直之の社会的制裁





下鳥直之は不倫(不貞行為)を認めているので対する慰謝料請求出来るし、安田美沙子は離婚も出来る。支払ってもらった時点で、示談成立となる。安田美沙子は、不倫相手女性を訴えることも可能。相手の女性は「知らなかった」では済まされない行為。

離婚しないで慰謝料も取れるし、安田美沙子が「離婚しない」と意思表示すれば離婚できない。

しかし、夫婦間を再構築するつもりなら、その後は夫婦の問題になるので、このまま夫婦間を続けるのか、離婚するのかは二人の問題。



下鳥直之は芸能人ではないので公の場での謝罪はしないだろう。

そもそも、芸能界とはイメージで売ってるもの、イメージ低下は命取りの仕事。不倫が暴かれて人生メチャクチャになるのは、その仕事の性質からくるものなので、ある意味仕方ない。一般社会なら離婚にはなるが、仕事を失ったりする形にはほとんどならないし、下鳥直之の仕事に影響はしないと考えられる。

芸能人と結婚したのだから、これぐらいの「監視の目がある」と普段から自らの行いを改めないと下鳥直之も今後にも影響出かねないので、反省して安田美沙子に誠心誠意謝罪して許してもらい、幸せな家庭を築いてもらいたいものだ。





目次にもどる

スポンサーサイト