2017年1月1日(日)放送、テレビ朝日系列「芸能人格付けチェック」2017お正月SP 
18時00分~21時00分


芸能人なら一流の物を見分けることが出來るのか挑戦する「芸能人格付け チェック」2017


現在、7年間無敗で42連勝のGackt(ガクト)がホリエモンこと堀江貴文とコンビを組み、今年も挑戦。

バラエティ番組は、当たり前だが「面白くなければ」意味がない。芸能人格付けチェックの「バラエティ番組」としての面白さ、視聴者の興味は一体何処にあるのか?を考えると、それは番格付けチェックを見ればわかる通り、「Gackt(ガクト)が自身の連勝記録をどこまで伸ばすのか」この1点に尽きる。


多くの視聴者は、Gackt(ガクト)の連勝記録がどこまで伸びるのか?に興味をあり、製作側は「視聴者のニーズに応えるよう」に番組側も多少の演出は用意されていることだろう。




今回は、「格付けチェック」2017に登場するGackt(ガクト)の過去のやらせ疑惑を検証する。



■目次

Gacktプロフィール
Gacktの自宅は超豪邸
Gacktの格付けチェックの正解率
Gacktの格付けチャックでのやらせ
Gacktの格付けチャックはやらせではない?


Gacktプロフィール


Gackt4

Gackt
神威楽斗(かむいがくと)

生年月日 1973年7月4日43歳
出身 沖縄県
身長180cm
血液型A型



父親がオーケストラの奏者であり、子供の頃から多くの楽器に触れていたため大体は演奏できる(レベルは不明)ため、裕福な家庭に育つ。


2013年、全シングルtop10した男性ソロアーティストの日本で最高記録を持つアーティスト。
東京ドームのライブで馬に跨がり駆け巡り、ライブイベントは趣向を凝らせ、毎回即完売。馬の乗馬がきっかけで、2007年NHK大河ドラマ「風林火山」に準主役ともいえる上杉謙信役の出演オファーがきたというエピソードをもつ。

そして大河ドラマがきっかけでハリウッドに進出、バラエティー番組にも出演し、アーティストだけでなく幅広い活動をしている。



目次にもどる

Gacktの自宅は超豪邸

Gackt6



芸能人であるため収入は多いようだが、近年は売れっ子アーティストと比べるとメディア出演やCDの売り上げは少ないガクト。

Gacktの楽曲の多くは「作詞・作曲:GACKT」がほとんどであり、ファンがCDを購入したりカラオケで歌ったりした場合の著作権料は全てGacktに入るため、「歌だけ歌っている人」と比べると印税は多くはいる。


CDの売上げが物凄くわけではないが、「シングルTOP10獲得作品数記録で男性ソロ歴代1位になった」という記録があるので、業界全体で見れば「比較的売れているアーティスト」に入る。しかも、その楽曲の多くが自身の作詞・作曲なので、それなりの収入がみこめるだろう。



他にもライブ活動に精力的でGacktのライブ会場には、グッズ販売されているグッズの売上げも大きな収入源になる。Gacktデザインのグッズには、売れた場合のデザイン料はGacktの収入になるし、動画サイト「ニコニコ動画」に番組を持っている。

「ニコニコ動画」は企業や団体などのコンテンツホルダーが動画・生放送・メルマガを配信できるサービスがあり、Gacktはこのサービスを配信側として利用しているので、1ユーザー月額として864円を支払ってGacktの動画やメルマガ配信されるので、全てではないにしろGacktの収入源になる。



そういった収入があるので、ボディーガードをつけたり、自宅は豪邸にすめるのだろう。



目次にもどる

Gacktの格付けチェックの正解率


Gackt



芸能人格付けチェックは、2択問題で正解を導き出す。


例えば、
3問中、3問正解する確率は8分の1
5問中、5問正解する確率は32分の1
10問中、10問正解する確率は1024分の1
50問中、50門正解する確率は1000000000000000分の1



※一般人が10問中、10問をでたらめに答えた正解率は「約62パーセント」

totoBIGなら1等約478万分の1、Gackt個人の連勝記録42を数字化すると奇跡に近い確率になる。

格付チェックは1回放送で6問あり、そのうち半分が相方となるコンビが問題を答えている。なので、ガクトがどんなに洞察力に優れていても、相方まで優れていることはあり得ない。



目次にもどる

Gacktの格付けチャックでのやらせ




2016年、相方が間違えてチームとしては39連勝でストップ、ジャニーズの若手に連勝を止められたガクトは相当悔しい様子が放送されていた。2015年まではガクトが直々にパートナーを頼んでたようだが、連勝ストップになった時のジャニーズの二人は番組側がキャスティングで決めたそうだ。

Gackt5


理由としては、あまりにガクトチームが連勝して、ネットでやらせの声が多かったことも要因にあげられる。番組としては、ガクト個人の連勝は継続、チームは連勝ストップにするために、あの二人にした「演出」だろう。


ジャニーズの2人が吹奏楽の聞き分けに失敗し、チームの連勝が39でストップ、ガクト個人は連勝という形にしたかった意図が見える。




何でもすぐ「やらせ」だと決めつけは良くないが、この出来過ぎの演出は怪しい。

相方も含めて何十連勝というのはあり得ないし、疑惑が強くなったところで相方が間違えるという展開。しかし、Gacktの反応はとても演技とは思えない喜び方。仮に演技だとしたら、なぜGacktはそうまでして演じなければならないのか?という疑問も出てくる。

Gackt3
Gackt2


簡単に「やらせ」だと言うのは早計だが、あり得ない話ではない。




目次にもどる

Gacktの格付けチャックはやらせではない?




正解率の確率は天文学的数字だが、問題もありえない程高難易度かと問われれば全くそうではないという意見もある。


実際、その道の「スペシャリストでないと答えられないような問題」は出てきていない。


例えば、ワインに関しては全くと言っていいほど味や香りが違う世界。
お茶や米よりも不確定要素が少ないので、数をこなせば、誰にでも見分けることができるようになる。色合い、透明感、グラスを回したさいのグラスに付着するとろみ具合を見るくらいと大抵はわかるようだ。一番は香り、これが大切で、千差万別の香りを毎日のように香っていれば「いつもと違う」ことは簡単に嗅ぎ分けれる。


この時、高いものはより複雑な香りがするようで、すこし、口に含んだ時に舌の上、喉越し、最後に鼻に抜ける香りで大抵はわかるようになるようだ。



演奏問題も「音の鳴りの性質」や「音の厚み」などに注意していれば簡単に見分けがつく。

2ch実況スレでも楽器経験者や知識のある人は、味覚以外全問正解できる人はいる。これは「経験値」が物を言う問題なので、ガクトのように幼少期からピアノや楽器、声楽等を学び、尚且つ食べることが大好きでこだわりを持って毎日食事をしていればやはり違いは分かってくる。(ちなみに書道もやっていたそうなので、字もキレイ)



つまり、経験さえ積めばガクトじゃなくても、この2つの問題は常に正解できる可能性は誰にでもある。


ほかにも、GACKTがワインや高い肉を普段から食してるのはおそらく事実だろうし、音楽もプロの中でもかなり詳しいので、全部当てたとしてもそんなに不思議ではない。パートナーが全員正解しているからやらせとはいえず、相手も感性が研ぎ澄まされていれば可能性はゼロではない。


このように、やらせと言うより「筋書き(シナリオ)」というバラエティ番組には絶対に欠かせない演出になる。格付けチェックの公平公正にこだわったところで、結果がつまらなければそれは「バラエティ番組」にはならない。



毎回、大御所芸能人でこの格付けチェックに出る人は、番組に貢献的な梅宮辰夫を除いては、自分に自信があるので出演しているはずだし、どの芸能人も物の違いを分からない二流のレッテルを貼られたくはないので、本気で取り組んでいるはず。



しょせん「バラエティ番組」なので、割り切って見るしかない。
もしやらせだとしたら、ガクトの喜び方や緊張感が伝わる演技力は、相当なものだという証明にもなるので、結果的にはガクトの出演は誰も損しない形になっている。


真実を知ってるのは番組関係者のみ。

今夜の放送では、ガクトが連勝ストップになるか注目が集まっている。



目次にもどる

スポンサーサイト