スポンサーリンク

2017年1月16日(月)放送、日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話」
21時00分~21時54分



今夜の深イイ話は東大に現役合格した頭良すぎる「6児のシングルマザー」田中絵里緒に密着。

「東大ママ」として塾が開講し、現在は時給800円のパートで生計を立てている田中絵里緒さんだが、高校時代に日テレの人気番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」の企画「勉強して東大に入ろうね会」に参加し、見事現役合格したのが田中絵里緒さんだった。



東大卒業と同時に結婚したために、卒業してから一度も就職をした事がない田中絵里緒さんは、過去に2度の離婚を経験し現在は6人の子供のシングルマザーとして我が子を東大へむけ勉強させている。


いったい田中絵里緒さんとはどんな人物なのか?



放送されるに先駆け、田中絵里緒さんの人物像を紹介する。


■目次

田中絵里緒プロフィール

田中絵里緒は東京大学法学部

東大卒業後に結婚

「東大ママ」田中絵里緒

田中絵里緒さんの旦那は天才韓国人



田中絵里緒プロフィール




田中絵里緒4
田中絵里緒(たなかえりを)

生年月日1974年
出身東京都
東京大学法学部卒業

「城南ママサポート」を2012年12月25日福岡県福岡市に設立し代表取締役に就任。主な業務としては、家事のヘルパー(家事、掃除、ベビーシッター、介護補助など)をする家庭内の業務なら何でも請け負う。





目次にもどる

田中絵里緒は東京大学法学部



東京大学法学部の定員数は400人程度、偏差値は74。

全国の法学部における偏差値のランキングでは堂々の第一位と日本の文系での最高学歴は、東京大学法学部となっている。

東進ハイスクールで名物講師となり「今でしょ」でブレイクした林修は、自身の東大受験対策を中学から進めてきて、高3の7月29日に受験勉強完了宣言を出したと語っているが、要は中学から将来を見つめて努力していくことが大切。



現在の外務公務員採用 I 種試験(外務省独自のキャリア採用試験であり「外交官試験」)は、これが「外務キャリアの不当な特権意識を助長している」等の批判を受けて廃止され、2001年度からは、国家公務員Ⅰ種(行政、法律、経済)、国家公務員Ⅰ種(理工、農学)の国家公務員試験の合格者から基本的にキャリア外交官となる外務省職員を採用している。

2012年度からは国家公務員Ⅰ種試験が国家公務員総合職試験(大卒、院卒程度)に再編された。

なので現行制度の中では、東京大学に進学することが、他のどの大学より官僚になる可能性が一番高いことは間違いない。





目次にもどる

東大卒業後に結婚




東大法学部の就職先は官僚、法曹この二つが多いが、最初から民間会社に就職を希望する人もいるので他学部と遜色ない。あとは、国内外の一流(二流)企業、起業、地方公務員となっている。


東大法学部というだけで公務員試験も通りやすいし(最高裁判官に東大が多い)旧司法試験で出身は東大が多い(暗記か家族も家系もまた家族が東大や医学部ばかり)


田中絵里緒さんは。そんな就職に有利な東京大学法学部卒業という高学歴なのに、「出来ちゃった婚」で東大卒業後に結婚。2度の離婚を経て、現在は6人の子供に対し「東大ママ」として勉強を教えながら、この子供たちを育てるために過去には時給800円のパートをしていた時期もあり、かなり一心不乱に働かれている。

田中絵里緒1




目次にもどる

「東大ママ」田中絵里緒






世の中、勉強が全てではない。
良い人間性や趣味を持つことが生きてく上で最も重要だし、子供が本当にやりたいことがたくさん出てくるかもしれない。それなのに小さい頃から勉強ばかりさせて趣味を持つ機会を減らしてしまう機会を与えてしまうことは賛否両論があるだろう。


しかし、日本は学歴社会。

「受験生に娯楽や恋愛は必要ない」でお馴染みの東大ママこと佐藤ママも語っているが、東大に入ってからやりたいことを探せばいい。「私の教育はすべて間違ってはいない」「勉強以外のことはやらせなくていい」という一方的な論破で世間からの批判も多いが、結果としては息子3人を東大に行かせた実績を持つ。




東大に息子が3人とも東大「理科3類」はいかに凄いことか簡単に説明すると、東大全体には毎年3千人以上入るなか、理科3類というのは定員100人の最難関。もちろん3年生になるまでに、医学に進む気持ちがなくなれば他の学部に進むことができるが、基本的に医学部前提の類なので、他の類より俄然難関になる。


その難しさというのは、毎年東大に50人入れている高校だって、理3となると毎年は送り込めず、何年かに1人の割合。それくらい、東大理3というのはトップ中のトップの特別なこと。



そこに兄弟3人というのが尋常じゃないことが理解できる。


一般とは違う教育方針で当たり前であって、オリンピックでメダル穫るような人が幼い時から競技に明け暮れ、生活も全てそれに合わせたものになるように、東大に入ろうと思ったら、生まれ持った頭の良さと、それを伸ばさないと意味がない。



「東大ママ」田中絵里緒さんのようにそんなに頭のいい人に小さいころから教わることは東大に入れなかったとしても必ずプラスになるだろう。


田中絵里緒


目次にもどる

田中絵里緒さんの旦那は天才韓国人




2004年に結婚した韓国人の洪種敏さん。

洪種敏

現在「株式会社クララオンライン」執行役員 グローバルソリューション事業部長の洪種敏を務めている超エリート社員。


洪種敏(Jongmin HONG)

出身地 韓国
卒業大学 慶熙大学
2010年 株式会社クララオンライン入社。2016年4月 執行役員グローバルソリューション事業部長に就任。

クララオンラインは、Linux,Windows専用サーバを中心に法人向けホスティング サービスを中国、台湾、ASEAN、韓国など日本を含むアジアでのクラウド構築とビジネス コンサルティングを提供し急成長を成し遂げている。

1997年、代表の家本賢太郎さんが15歳の時にクララオンラインを起業した。大病の手術後に体が麻痺し、車いす生活を余儀なくされた家本賢太郎さんが、紆余曲折を経ながら、日本を飛び出してアジアのかけ橋を目指すネット企業へと成長を遂げてきた。



現在、クララオンラインで事業部長に就任している韓国人の旦那・洪種敏さんとは、大学生時代に知り合い 「 出来ちゃった婚」で結婚。旦那は、「何千人に1人という天才」と当時、 東大の田中絵里緒さんが「レベルが違いすぎる」と認めた男性だった。

クララオンラインが急成長を成し遂げているのは洪種敏さんのおかげといっても過言ではない。



そんな天才の遺伝子と東大卒の田中絵里緒さんの遺伝子をもつ6人の子供に密着。

深イイ話では田中絵里緒さんと旦那・洪種敏さんとの離婚してしまった経緯や現在の私生活も赤裸々に明かされる。




目次にもどる




スポンサーサイト


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1717706581271755"
data-ad-slot="4445788823">




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1717706581271755"
data-ad-slot="1377664825"
data-ad-format="autorelaxed">