スポンサーリンク

2017年1月16日(月)放送、日本テレビ系「しゃべくり007」
22時00分~23時00分

しゃべくり



2017年最初のしゃべくりゲストは吉高由里子、榮倉奈々、大島優子を迎え「こだわり3人娘の私はどっち派!?007」。3人に同じ質問をぶつけ、それぞれどんな派閥に分かれるのかを紹介される。




さらに3人が事前に挙げた「いま、一番会いたい人」榮倉が会いたい謎の豊乳アイドルを紹介、吉高由里子には催眠術にかかるのか挑戦される。



そんな中、榮倉奈々が会いたかったIカップアイドルは天木じゅんの胸を鷲掴みにして興奮する榮倉奈々が放送事故と話題になっている。



■目次

「しゃべくり」吉高由里子、榮倉奈々、大島優子の3人のゲスト

3人の中で私生活で結婚している榮倉奈々

吉高由里子の催眠術

榮倉奈々が会いたかったIカップアイドルは天木じゅん



「しゃべくり」吉高由里子、榮倉奈々、大島優子の3人のゲスト





吉高由里子、榮倉奈々、大島優子がしゃべくりゲストになったのは、累計発行部数290万部を突破した東村アキコ原作のドラマ「東京タラレバ娘」に出演する3人。


吉高由里子、榮倉奈々、大島優子
「東京タラレバ娘」に登場する人物は、2020年の東京オリンピックまでに結婚したい仲良し30代3人組。独身で一人で「オリンピックみるなんてイヤ!」と 愚痴りながら女子会していると金髪の若いイケメンに「タラレバ女」と罵倒される所から物語が始まる。


幸せを求めて頑張るけれど、仕事も恋もなかなか上手くいかない女3人。
30過ぎたら女子会じゃなくて、井戸端会議と揶揄され、仕事も「ピンチはチャンス」は若い時だけ。30過ぎたら「結果を出せて当たり前」なので「チャンスはピンチ」こんな現代の30代女性の実体験をリアリティ満載のドラマとなっている。




目次にもどる

3人の中で私生活で結婚している榮倉奈々

吉高由里子、榮倉奈々、大島優子


2016年、俳優の賀来賢人と榮倉奈々が結婚したことを双方の所属事務所を通じて発表し、榮倉奈々は妊娠しておらず、今後も女優の仕事を続けることを宣言している。

 
賀来賢人と榮倉奈々の交際は始まったきっかけは2014年に放送されたTBSドラマ「Nのために」での共演で、一気に親密な関係になっていったという。時期的にリオオリンピックと小林麻央の加熱マスコミ報道で話題にならなかったが、静かに結婚が出来たと思われる。「Nのために」では、二人は離れ離れになってしまったので、ファンの間では結婚はうれしい報告になった。



目次にもどる

吉高由里子の催眠術





「催眠術」というと胡散臭く感じるが、実際は科学的に証明され、心理学を主とした立派な技術になる。


テレビでやっているものは、放送されていないところで被暗示性をテストして、「催眠術にかかりやすく」している。被暗示性というのは「どれだけ思いこみが激しいか」と言ったものなので、女優など役に入り込む職業などは催眠術にかかりやすいといわれている。



テレビでは、後はあらかじめ予備催眠をかけておいて、催眠術にかかりやすくして、催眠状態にしている。勘違いされやすいのは催眠術は「自分のいうとおりに行動させる」訳ではない。


実は、「催眠状態」にある人でも意識があるので、吉高由里子が「やりたくない「と思ったことは行動を起こすことはない。例えば、犯罪行為や人前で服を脱ぐなどの行為は、だれでもやりたくないのでかかることはない。


それに、成功するかはどうかは、被暗示性が重要になるので、被暗示性が低い人には絶対にかかることはない。さらに、催眠術の成功の条件として、お互いの心理的信頼関係が必要になる。

「この人なら信用できる」というように、催眠術師を基本的に信頼し「この人にはかかってしまう」といった「催眠術師らしい格好」した人には、心理的信頼関係が生まれる。



催眠術は全く万能ではないが、催眠術は精神病などの療法として医療にも取り入れられ、社会に貢献している実態がある。なので、「催眠術を楽しめる」人がかかりやすいといったものといえよう。

過去には催眠に簡単にかかってしまう菜々緒も放送されているし、女優は入り込みやすいことがわかる。






目次にもどる

榮倉奈々が会いたかったIカップグラビアアイドル



榮倉奈々が会いたかったIカップアイドルは天木じゅん
天木じゅん1



天木じゅん
天木じゅん

生年月日 1995年10月16日21歳
出身兵庫県伊丹市
所属事務所「ワタナベエンターテインメント」



元アリスプロジェクト所属で、アイドルグループ「仮面女子」元アーマーガールズメンバー、実姉は仮面ライダーGIRLSの黒田絢子。



元仮面女子のグラビアアイドル天木じゅんは、グループ時代に2014年に週刊文春に「接待疑惑」が報じられている。


しかし、文春の記事に天木じゅん本人は激怒し「本当にしてる子が言われるならわかるけどどうして私が言われるの迷惑」と全否定した。結果、天木じゅんの周りにはグラビアアイドル業界には枕営業のドロドロした世界は存在するものの、天木じゅん自身はシロだと思われる。

でなければ、天木じゅんが仮面女子を卒業後にamazonランキング1位を獲得したファーストDVD&ブルーレイの同時リリースやヤングアニマル企画のU19ネクストグラビアクイーンバトルサードシーズンのグランプリ受賞などあり得ないはず。

それに天木じゅんの大手芸能事務所ワタナベエンターテインメントへの移籍しているので、天木じゅんの枕営業に関してはシロであったと物語っている。



しゃべくりでは、榮倉奈々が天木じゅんの胸をわしづかみにして興奮するという暴走気味の放送事故となってしまった。





スポンサーサイト