2017年1月15日に放送されたキムタク木村拓哉の主演のTBSドラマ「A LIFE~愛しき人~」の初回視聴率が14.2%を超え、今季ドラマの中でも上位に位置する結果となり、注目のドラマとされている。



そのキムタク主演のドラマ「A LIFE~愛しき人~」の番宣のために出演したバラエティー番組「ぴったんこかんかん」でキムタクの木村拓哉の足首に嫁の工藤静香とお揃いの「二匹の蛇が絡み合ったタトゥー」を足首に入れていることが判明し、ネットでは物議を読んでいる。




いったいキムタクのタトゥーは、SMAP解散後のソロにどう影響するのか?


「ぴったんこかんかん」での木村拓哉の足首のタトゥーの経緯と、日本社会におけるタトゥーの現状を説明する。



■目次

「ぴったんこかんかん」でキムタクのタトゥー
2014年にキムタクは一時期タトゥーを消した?
日本におけるタトゥー
仕方なくタトゥーを入れる人
キムタク木村拓哉のタトゥーでの芸能活動への影響


「ぴったんこかんかん」でキムタクのタトゥー



1月13日に放送された番組「ぴったんこカンカン」で司会の安住紳一郎アナと、ドラマ共演者の及川光博、菜々緒とキムタク4人でヨガ教室に参加するロケを行い、4人がヨガ体験するというシーンが放送された。

木村拓哉1


ヨガに参加するキムタクは動きやすいように、半そでシャツにジャージ姿に着替え、木村拓哉ふくめ4人が並んでマットの上でヨガのポーズを練習。体を伸ばしたり屈伸運動を行った際、ズボンのすそがめくりあがり、キムタクの左足首に「二匹の蛇が絡み合ったタトゥー」のようなものが数秒間にわたって放送された。



実はキムタクは過去にも「足首にタトゥーを入れている」とウワサになっている。


2009年に放送された日テレ「さんま&SMAPクリスマススペシャル」でキムタクが罰ゲームの熱湯風呂に入る際に左足に「タトゥーを隠すように巻いた」謎のテーピングがあらわになった。
木村拓哉

その後のフジテレビ「スマスマ」では、SMAP5人でUSJに旅行に行った回では足首にテーピングという形でごまかしていたことで確信に変わっている。


このタトゥーの位置は、嫁の工藤静香と同じ場所にあるものなので、簡単にタトゥーと特定できることになった。そして今回の「ぴったんこかんかん」でのはっきりとしたタトゥーが映る放送事故に、ファンからは様々な物議をよんでいる。



目次にもどる

2014年にキムタクは一時期タトゥーを消した?





2014年、フジテレビ27時間テレビのめちゃイケ枠で、スマップとめちゃイケメンバーがプールで対決。同じように動き回る木村拓哉が生放送で放送され続けていたが、足首のタトゥーが確認できていない。
木村拓哉4
木村拓哉3

テーピングかと思いきや足首はきれいな肌色で、除去したような雰囲気もなく特に普通だった。肌色のタイツを履いている様子もなく、キムタクが「足首にタトゥーを入れている」となると、どういう風に隠すのか謎になる。

おそらくだが、パウダーのようなもので隠していた可能性がある。
(以前、浜崎あゆみが肩のタトゥーを隠すときにも使っていた)プールに落ちて上がってくるときは映されていないので、この手法なら可能だろう。



目次にもどる

日本におけるタトゥー



日本では、古来より犯罪者や反社会勢力がタトゥーを入れてきた歴史がある。
暴力団が「自分たちは犯罪者」だと他人を威圧するためにタトゥーを入れている。なので、日本と海外とは「タトゥーの意味」が違う。海外に合わせる必要もないし、日本の方が歴史も遥かに長いので、「日本はこのままタトゥーを否定する文化」が継続すると思われる。



心の中に愛国心があれば、タトゥーなんて犯罪者発祥の文化は必要ない。そもそも親にもらった大事な体に自ら一生消えない彫り物を入れるなんて反社会的行為。




海外でもタトゥー入れている人は「危険人物」なマフィアとかギャングから始まった風習からなのは一目瞭然。タトゥーを入れる人は「見た目ばかりを重視する」うすっぺらな人というイメージを一般の日本の人々は抱いている。




どういった経緯でタトゥーをいれてしまったか、キムタクの理由は不明だが、このような明確な歴史があるにも関わらず「タトゥーをファッションと認めろ」というのは無理がある。




目次にもどる

仕方なくタトゥーを入れる人




実はこうした強制的なケースばかりではなく、出漁中に事故に遭う可能性のある漁師が、身元判定のために入れ墨するケースや、首を取られてしまえば身元不明の野晒しになるおそれのあった日本の戦国時代の雑兵が、自らの氏名などを指に入れ墨したケースなども知られている。

その歴史があるため、地域によって漁師になる人は、いまだに入れ墨入れている場所も残っているという。


だが、線引きとしてはタトゥーの歴史は、「渡世人の人が自分の自己紹介で入れた」とか、自己アピールで入れる人と、悪事をして前科何犯を証明する意味での、手に筋(線)を入れる江戸時代の前科者の識別のためだけ。


なので、日本のように文化の中でタトゥーは犯罪者のするものという認識が強い。




目次にもどる

キムタク木村拓哉のタトゥーでの芸能活動への影響





自由の国・アメリカでもタトゥー入ってると「二流国民」とされている。

入れる自由もあるけど拒否する自由もあるタトゥーやピアスやストリートファッションやアメ車(ハーレー)などは、オカルト同様に「興味の無い」人にはに押し付けても不快になるだけ。


キムタク木村拓哉のタトゥーには、偏見を持たれるのをある程度理解して、今後の芸能活動をするしかない。


海外でもタトゥーを入れた人間は色々不便が生じている。
欧米の国々では、警察官など公的な職業については、「隠さなければダメ」と言う規定がある国が多いし、通常のホワイトカラーの仕事にはつけていない印象がある。アメリカの囚人の90%以上にタトゥーがあるという統計にも表れている様に、タトゥーを入れてしまう人は犯罪の道に行ってしまう事が海外でも多い。


しかし、芸能界はタトゥーを容認する傾向にある。

安室奈美恵、浜崎あゆみ、倖田來未、PUFFYの二人、土屋アンナ、Bz、EXILEのメンバー、中島美嘉、吉井和哉、東方神起、BOA、V6の森田剛、TOKIO長瀬智也、関ジャニの渋谷すばる、飯島直子、酒井法子、叶恭子、つるの剛、道端ジェシカ、オセロの松嶋尚美、森泉など知っているだけで、これだけタトゥーを入れている芸能人はいる。


現在の芸能人はイメージが大事な商売。


スポンサーに嫌われるようなタトゥーをいれて、芸能界で成功するとは到底思えない。SMAP解散した今、木村拓哉はソロで活動しなければいけない中、今回のタトゥー騒動がどう収まるのか、今後に注目したい。



目次にもどる

スポンサーサイト