スポンサーリンク

2017年1月19日(木)放送、フジテレビ系列「アウト×デラックス」
23時00分~23時30分


ネットでかつら疑惑が浮上している細川たかしがアウトデラックスに初登場。

2016年の年末大型音楽番組の紅白になぜ辞退したのか?そしてカツラ疑惑の真相について細川たかしが赤裸々告白。演歌界の重鎮・細川たかしが今まで明かさなかったあまりにも意外な発言に矢部浩之とマツコ・デラックスも驚きの内容が明かされる。

今夜のアウトデラックスでの細川たかしのかつら疑惑、紅白辞退の理由が明かされる前に、噂になっている理由を先行して紹介したいと思う。



■目次

細川たかしプロフィール

細川たかしの言動

細川たかしの紅白辞退

細川たかしのかつら

細川たかしのかつら疑惑を否定



細川たかしプロフィール

細川たかし1




細川たかし(本名・細川貴志)

生年月日1950年6月15日66歳
出身 北海道虻田郡真狩村
血液型A型
身長173cm
所属事務所は2002年頃まで「バーニングプロダクション」→「新栄プロダクション」→「エフエンタープライズ」


1975年4月1日「心のこり」で歌手デビュー。
「心のこり」で第6回日本歌謡大賞で放送音楽新人賞、第17回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞し、80万枚を売り上げ大ヒットして一躍ブレイク。1975年、初出場を果たした「第26回NHK紅白歌合戦」で白組のトップバッターを務め、この紅白出場以降、紅白常連の演歌歌手として活躍する。




目次にもどる

細川たかしの言動




細川たかしは、最近もテレビ出演をするが、2016年5月26日放送された「NHK歌謡コンサート」でも場の空気を読めないトークをして、物議をよんだ。細川たかしは、段取りとは違う場面でかまわず歌を歌いだしたり、真剣な話の時に笑い声を発したり、共演者の出場者に音楽とは関係ない離婚のことに触れたりと番組の進行を妨げ、一言でいうと「うるさい」言動が目立った。



細川たかしはベテランなので、緊張感がないのも要因にあげられるが、明らかに「調子に乗り過ぎている」印象を感じられネットを騒がせた。

生放送での発言は、発言者である細川たかしに責任があるが、収録に関しては発言者ではなくて編集と著作権を有するテレビ局側に責任がある。
過去にもタレントの問題発言が報じら、収録と分かっているとタレントは放送禁止な発言をしてしまうこともある。


それは、カットされるのは分かっているから。

でも放送されないだろうと思っている発言を編集する人が「面白い」と「視聴率が取れるから」と言う理由でたまに流すことがあり、これが問題発言とされる。

なので、細川たかしが悪いにのではなくて、編集と著作権者であるNHKが悪いが、「なんでもはっきりいう」スタイルであることがわかった。





目次にもどる

細川たかしの紅白辞退



細川たかしは2016年の紅白に出場していれば40回目の出場となり、偉業にもなったのだが、紅白自体を発表。細川たかしは「紅白は最大の夢ですが、枠は限られているし世代交代も必要です」と、紅白出場メンバー発表直前に、辞退の理由を説明し「のど自慢」「うたコン」など、「NHKの番組に今後もぜひ協力させていただきたい」とNHKとの不仲も否定している。



実際は、紅白の選考漏れではないか?と噂になっているが、39回も出場して紅白に貢献していた細川たかしが記者会見を開いて、「卒業約束をするから、40回目の今年は出場させてほしい」と、直訴すれば出場できたはず。


たった1回の出場で有終の美を飾ることができなのに、なぜ紅白引退を決意したのだろうか?

アウトデラックスでは、この紅白辞退の真相が語られる。



目次にもどる

細川たかしのかつら



2016年9月にネット上で細川のカツラ疑惑が浮上しネットを騒然とさせた。

きっかけは9月15日に放送されたテレビ朝日「徹子の部屋」にゲスト出演した細川たかしの髪型が「明らかにかつら」のようなひどい髪型で登場したことでなどで。ネット上で「細川たかしのかつら疑惑」が浮上。2ch実況スレでも「明らかにかつら」「放送事故レベル」と酷すぎるかつらに騒然となり、さらにネットニュースでも取り上げられたことで、細川たかしのかつらが広まった。


細川たかし3






芸能人でもかつらをカミングアウトしていない人も多い。

確実なのは、小倉智昭、キダ・タロー、ささきいさお、小林稔侍、三善英史、ムッシュかまやつ、綾小路きみまろ、美川憲一、堺すすむ、渡辺いっけい、京唄子。


かつら疑惑では、神田正輝、草なぎ剛、中居正広、船越英一郎、神田川俊郎、細川たかし、松村雄基、田村正和、草刈正雄、ISSA、橋幸夫などは疑惑が浮上している。


なかでも、板東英二は事務所の経費でカツラ購入を指摘されている。
個人事務所が名古屋国税局の調査を受け、約7500万円の申告漏れを指摘されて以後、芸能活動を休業していたタレントの板東英二は、「タレント生活を約20年、ずっと植毛をやってまいりました。カツラが経費で落ちるとは聞いていたが、経費にならないと初めて知った」と釈明会見で語っている。



女性だって、化粧もウィッグもしているし、ハゲ散らかした頭をさらして不潔なイメージを与えるよりはカツラは問題ないし、似合った髪型をだれでもしていたい。

トレンディーエンジェル斎藤さんや俳優の温水洋一のように、キャラで似合う人もいるが、日本にはカツラ=恥ずかしいという印象が根強いのでかつらを隠す風潮があるのだろう。




目次にもどる

細川たかしのかつら疑惑を否定



細川たかし

ネットでかつらがひどいと噂になった細川たかし本人にも「かつら報道」が伝わっていた。増毛町のイベントに呼ばれた細川たかしに、取材リポーターが「増毛町は薄毛の方の聖地ですが」とかつらにふれる話題を切り出すと、自ら「僕は大丈夫です。今日も思い切って短くしてきました」と頭を指差してみせた。


そして、細川たかしは「30年くらい前から、1回のセットでヘアスプレー1本使い切るほどガチガチに固めたことからカツラと言われるようになった」と、地毛であることを主張。テレビ朝日「ぶっちゃけ寺&Qさま!!豪華2本立て3時間スペシャル」に出演したときにもかつらを全面否定した。


しかし、額とモミアゲの辺りがあまりにも不自然なのは誰の目にも明らか。
人間は誰もが平等に老いて行くので、自然に逆らった所で、何もいい事はない。それは自己満足であり、ただの見栄でしかない。本人はかつらを否定しているため断定は出来ないが、「かつら」っぽい髪型であることは間違いない。


今夜のアウトデラックスでは、今まで明かさなかったかつら疑惑と紅白辞退の理由をカミングアウト。アウトすぎる細川たかしのエピソードが明かされる。





目次にもどる




スポンサーサイト


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1717706581271755"
data-ad-slot="4445788823">




style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1717706581271755"
data-ad-slot="1377664825"
data-ad-format="autorelaxed">